FXで稼ぐための学び

FXで勝つための資金管理術!リスク定率の計算方法

FXの資金管理は「定率」にしています。許容できるリスク割合を決めて、必要資金・取引量(ロット数)・損切り幅を計算しています。

fxの資金管理(定率のロット数と計算方法)

定率にしている理由は、数字(金額)を自由に変えられるからです。同じ管理条件で、相場やトレンドに柔軟対応できます。

リスク許容率は、資金の2%が定石とされています。歴代No1の運用実績(11,376%)を出したラリー・ウィリアムズなど、多くのプロトレーダーが採用している値だからです。

定率の計算式

  • ロット数=(リスク許容率×口座残高)÷損切り幅

リスク許容率=2%、資金=10万円、損切り幅=5,000円とすると、取引量(ロット数)は0.4となります。海外FXは1ロット=10万通貨が相場なので、4万通貨の取引です。

このように資金に対して、耐えられるリスクの範囲で安心して取引できます。

確率の発祥は数学ではなくギャンブル

歴史上初の確率本は、賭博の解説書と言われています。16世紀イタリアのジェロラモ・カルダーノ(医師・数学者・賭博者)が書き上げました。

その後ガリレオ、フェルマー、パスカルなどの天才数学者によって、確率論に発展していきます。

実際にFXの資金管理には、ギャンブルの賭け方に精通している方法もあります。今回は有名な「マーチンゲール法」と「逆マーチンゲール法」を紹介します。

マーチンゲール法はEA(自動売買)で稼ぐ

マーチンゲール法は、理論上負けない方法です。負けたら次のトレードポジション(ロット数)を2倍にします。

一度の勝ちですべての負けを取り返せるので、資金があるうちは負けません。ただし負け越すと、必要資金がドンドン増えていきます。

また人間は、得(利益)よりも損(損失)に敏感に反応する傾向があります(プロスペクト理論)。そのため負けが続くと、感情的なトレードになるリスクもあります。

ですのでマーチンゲールは、裁量トレードには基本使いません。その代わり、EA(自動売買ソフト)で稼働させています。

ナンピン(価格が下がったら買い増す)のマーチンゲールを手法にして、実際に利益が出ているEAもあります。勝てるEAの選び方は、こちらの記事を参考ください。

ドル円のeaで月3万円の利益(MT4)
勝てる無料EAの選び方とおすすめの海外FX業者

直近1ヶ月のEA成績は、+31,530円の利益です。資金は15.5万円で利回りは20.3%です。 EAは無料で、開発者や販売者に成果報酬が入る契約を選んでいます。こちらの取引に応じて手数料が入るなら、 ...

続きを見る

逆マーチンゲール法(パーレー法)はメンタルが安定

逆マーチンゲール法(パーレー法)は、勝ったら次の取引量を2倍にします。

利益を出して資金量を増やすので、トレードに勢いが出て精神的にも余裕が生まれます

私の周りの専業トレーダーや、株やFXで利益を出している経営者は逆マーチンゲール法の方が主流です。

私も裁量をやるなら、パーレー法の方がメンタルが安定します。

定率の計算方法と2%の理由

資金管理は大きく分けて、定量と定率があります。定量は資金や損切り額などの「金額」を、定率はリスク許容率などの「割合」を固定します。

私は「リスク許容率の定率」を採用しています。理由は同じ管理下で、資金・ロット数・損切り額を自由に変えられるからです。

リスク許容率は、1回の取引で資金の何%をリスクに取るか?の割合です。例えば資金10万円で1トレード5,000円まで損切りに耐えられるなら、リスク許容率は5%に設定します。

定率の計算方法

  • ロット数=(リスク許容率×口座残高)÷損切り幅

定率は「2%」が定石とされています。

1987年のロビンスカップで歴代No1のリターン(11,376%)を出したラリー・ウィリアムズ(アメリカの投資家)を始め、多くのプロトレーダーが採用している値だからです。

リスク許容率=2%、資金=10万円、1トレードの損切り幅=5,000円とすると、取引量(ロット数)は0.4となります。

  • 0.4=(2%×10万円)÷5,000円

海外FXでは1ロット=10万通貨が基本なので、4万通貨の取引になります。私は相場とトレンドによって、定率を2%〜5%で変えて対応しています。

まとめ

海外FXは国内FXよりも、少ない資金で大きな利益を狙えます。

1ロットの基本は国内業者で1万通貨、海外業者は10万通貨です。そしてレバレッジは国内業者は25倍に制限され、海外業者は最大500倍が相場だからです。

逆にハイレバレッジを狙いすぎると、一気に資金を失うリスクもあります。実際になんとなく資金とロット数を決めていた時は、すぐに口座残高がなくなってしまうこともありました。

そこで今回紹介した定率で、資金管理をするようになりました。資金と損切りに対して適切なロット数を決めることで、無茶なトレードがなくなりました。

そして1トレードの最大損失が最初から分かっているので、恐れが減って冷静にエントリーできるようにもなりました

FXで生き残るために大切なのは、毎回ではなくトータルで勝つことです。つまり「いかにうまく負けるか?」も重要になります。

そのために適切な資金管理は必須なので、引き続きおこたらないようにしていきます!

-FXで稼ぐための学び

© 2020 ソトFX