国内と海外のFX会社は、金融免許の取得国が違います。国内業者は日本で金融商品取引業の登録を行い、海外業者は外国で金融ライセンスを取得しています。

そのため税制や規制に違いがあり、海外FXは税金・不足金・資金効率にメリットがあります。詳細はリンク先の関連記事にまとめました。

海外FXのメリット

海外と国内業者のスペック比較です。

海外FX 国内FX
レバレッジ 平均500倍 25倍に制限
スプレッド 基本変動 原則固定
ボーナス 50万円〜 基本なし

国内業者は、トレーダーの損失補填が禁止されています(金融商品取引法38条の2)。そのためレバレッジを制限して、口座資金の保全に努めています。

対して海外業者は、もし口座残高がマイナスになってもゼロに戻せます。そのためハイレバレッジで、高いコストパフォーマンスを出せます!

買値と売値の差「スプレッド」は、固定であれば相場の影響を受けないので安心です。ですが住宅ローンの金利と同じく、固定の方が変動よりコストが増えます。

海外業者は基本変動スプレッドですが、0pips〜の特別なゼロスプレッド口座も開設できます!こちらの記事を参考ください。

海外FX業者のスプレッド
海外FX業者のスプレッドを比較。最狭の口座も紹介

続きを見る

さらに海外FXには「ボーナス」という独自のトレーダー特典があります。ボーナスは証拠金として取引に使えるので、追加資金になります。

FX会社はトレーダーの取引手数料が主な利益なので、ボーナスは入金に付くことが一般的です。相場は50万円〜で、半数近い業者が提供しています。

そんな中、口座開設だけでくれる業者もいます!未入金のボーナスは、会社の赤字なので貴重です。こちらの記事にまとめたので、まずは無料トレードを楽しんでください!

海外FX業者の口座開設(未入金)ボーナス
2020年最新!海外FX業者の口座開設(未入金)ボーナス

続きを見る

海外FXの切り口一覧

© 2020 ソトFX