自動売買・EA

自動売買におすすめの海外FX業者とEAの選び方

2020年4月23日

自動売買におすすめの海外FX業者は、GemForex(ゲムフォレックス)です。

GemForexがおすすめの理由

  • 200種類以上のEAが無料で使い放題
  • VPSも無料(口座残高30万円以上)
  • 参考:詳細記事はこちら

GemForexは、運営会社がEAも提供しています。そのため無料で使い放題という、オンリーワンな価値があります。

VPS(仮想専用サーバー)の無料条件もやさしいです(取引量の制限がない)。

EAは手数料支払いモデル(無料利用)を選んでいます。取引量が開発者の売上に直結するため、有料の売り切りモデルよりもトレーダーの稼ぎに本気な関係だからです。

海外FX業者の自動売買を比較

自動売買の対応やスペックを、FX会社ごとにまとめました。業者名のリンクをタップすると、詳細説明へ移動します。

海外FX業者の特徴

  • GemForex
    EAが無料で使い放題&VPSも無料
  • XM
    追加資金50万円+ポイント還元中
  • AXIORY
    cTraderも使える(板情報が見れる)
  • Titan FX
    公式推しVPSを教えてもらいました

GemForex(ゲムフォレックス)

GemForex(ゲムフォレックス)は、EAが無料で使い放題です。運営会社が2010年からEA販売を行なっている、実績と信頼があります。

現在も世界中にあるEAの中から、GemForexが厳選な審査と管理を行なっています。

口座残高を満たせば、ダウンロード数は無制限でVPSも無料になります!

(公式)口座開設フォーム

EAの最新ランキングや成績などは、こちらの記事を参考ください。

gemforexのeaダウンロードランキング
無料使い放題!GemForex自動売買(EA)の使い方と設定方法

GemForex(ゲムフォレックス)は、200種類以上の自動売買ソフト(EA)が無料で使い放題です!EA無料提供サービス・GEM-Trade(ゲムトレード)が使えるからです。 GEM-Tradeは、G ...

続きを見る

XM(エックスエム)

XM(エックスエム)は、最高50万円の追加資金がもらえます。さらにポイント還元で実質スプレッドも狭くなります。

手数料無料で使える通常口座のコストパフォーマンスを、自動売買にもそのまま活かせます。

口座開設でボーナスがもらえるので、まずは無料トレードができます!

(公式)口座登録フォーム

VPSの無料条件や、レバレッジ制限などはこちらの記事にまとめました。

xmのea稼働によるレバレッジ規制
XMで自動売買(EA)をするポイントと設定方法

XM(エックスエム)は、EAによる自動売買を禁止していません。MT4とMT5で稼働でき、ポイントが3つあります。 自動売買のポイント スタンダード口座がおすすめ(通常稼働) VPS(仮想専用サーバー) ...

続きを見る

AXIORY(アキシオリー)

AXIORY(アキシオリー)は取引に制限がなく自由です。株のように板情報が見れるcTraderも使えるので、MT4以外で自動売買をしたい人にもおすすめです。

VPSの提供はありませんが、その代わりスペックが業界トップレベルです。

  • ストップレベルが0(指値・逆指値の価格が思い通り)
  • 約定力が高い(スピードも速い)
  • スリッページが起こりにくい

約定スピードとスリッページの統計データを公開している業者は、アキシオリーしか知りません(30社ほど見てきた中で)。

(公式)口座開設フォーム

MT4とcTraderの自動売買の比較などは、こちらの記事を確認ください。

アキシオリーの自動売買に制限なし
AXIORY(アキシオリー)のEA・自動売買への対応

AXIORY(アキシオリー)は、自由に自動売買ができます。もし他トレーダーに影響が出るほどポジションを持った時は、連絡が来る可能性がありますがペナルティーはないです。 自動売買への対応 取引制限とペナ ...

続きを見る

Titan FX(タイタンFX)

Titan FX(タイタンFX)も自動売買に制限はありません。アキシオリー同様VPSはないですが、代わりに公式認定のおすすめを教えてもらいました。

こちらの関連記事にまとめました。

タイタンfxはea自動売買に制限なし
Titan FX(タイタンFX)のEA自動売買と推しVPS

Titan FX(タイタンFX)は、EAの自動売買が自由です。取引制限やペナルティーはありません。 (カスタマーの回答内容) 取引ツールはMT4とMT5が使えます。 手数料無料の「スタンダード口座」よ ...

続きを見る

タイタンFXは手数料無料の「スタンダード口座」と、スプレッドが狭い「ブレード口座」が選べます。ブレード口座は手数料を加味してもスプレッドが狭いので、使いやすいです。

スプレッドが狭い口座の自動売買を禁止(制限)しているFX会社もいるので、ブレード口座を使う価値を感じています。

(公式)口座開設フォーム

優秀なEAを選ぶポイント

EAは「継続的な関わり」があるものを選んでいます。理由はトレーダーの稼ぎが、開発者の利益に繋がるからです。

優秀なEAを選ぶポイント

  1. 取引量に応じた手数料(無料利用)
  2. 定期的なアップデート(メンテナンス)
  3. 取引量と必要資金の根拠が明確

有料で売り切りですと、トレーダーの勝敗に関係なく買った時点で開発者の利益になります。手数料モデルなら、多く取引してもらうためにまずはトレーダーを勝たせないといけません。

そのため有料版よりは、トレーダーの稼ぎに本気の関係だと思っています。

実際に無料版でも、利回り20%以上が出ています(1ヶ月で+31,530円の利益。資金は15.5万円で利回りは20.3%)

ドル円のeaで月3万円の利益(MT4)

(MT4アプリのEA取引履歴)

また相場は常に変わるので状況に応じたロジックの入れ替えや、定期的なバージョンアップをするEAの方が信用できます。

無料で手数料をもらう方が信用できる

EAは世界中のトレーダーやプログラマが開発し、仲介会社やサービスを通じて販売されています。無料と有料版があり、有料の理由は開発コストの回収や無料との差別化などです。

私は、取引に応じて手数料が開発者や仲介会社に入る無料のEAを使うようにしています。理由は我々トレーダーに勝ってもらうことに本気の関係だからです。

完全無料または有料の売り切りですと、入手がゴールです。その後こちらが勝とうと負けようと、開発者と販売者は関係ありません。

ですが手数料という成果報酬が発生することで、投資家が取引するほど提供者も儲かります。取引を増やすには勝たせる必要があるので、ロジックの追及やアップデートに真剣です。

手数料モデルは希少で、一部の販売者や海外のFX業者になります。私は知り合いの販売者と、GemForexを使っています。

バージョンアップとロジックの入れ替え

相場は日々変動するので、今稼げることが大切です。そのためロジックの見直しや、パラメーターの変更を定期的に行うEAは信用できます。

通常バージョンアップが完了すると、サイトやメールなどで案内があります。そして最新版をダウンロードして、MT4に再設定すればアップデート完了です。

システム以外の変更(ロジックの入れ替えなど)は、管理サーバーからデータを配信して自動アップデートできるものもあります。

自動更新は再設定の手間が省けるので、ありがたいです。

GemForexはバージョン情報の項目がないので、更新欄の案内か直接確認ができます。

質問はレビュー欄への書き込みや、メールサポートが使えます(連絡先はEAのマニュアルに記載されています)。

明確な資金管理でロスカットを防ぐ

自動売買で一番怖いのは、ロスカットです。裁量トレードは毎回自分で調整できますが、EAは自動でドンドン取引します。

EAには基本的に、推奨資金とロット数が提示されています。例えば15万円で0.1ロットスタートなら、30万円で0.2ロット、150万円で1ロットと増えていきます。

推奨値は過去データなどから検証され、精度が高いほど稼ぎやすいです(ロスカットもしにくい)。

そのため推奨値の調査方法や根拠を聞いたときに、明確な回答が返ってきたら信用アップととらえています(非公開だと不安)。

ナンピンやマーチンゲール(逆方向の買い増し)をロジックに取り入れている場合、必要証拠金が一気に増えることがあります。

口座残高に余裕を持たせることで、急な相場変動時も安心してEAに任せられます。

まとめ

自動売買をするなら、GemForex(ゲムフォレックス)一択だと思います。EA提供の歴史と実績があるため、無料でも安心して利用できます。

海外FX業者では、自動売買は基本自由です(口座やレバレッジの制限はあります)。そのため取引自体に不安を感じる必要はなく、もしカスタマーや担当部署から連絡が来たら対応すれば問題ないです。

無料EAは安かろう悪かろうで、有料の方が優れている可能性はあると思います。有料の分、開発にコストをかけているからです。

私は海外FX業者とトレーダーのように、運命共同体の関係が好きです(取引するほど売上が上がる)。そのためEAも手数料モデルや、無料の仕組みを持つGemForexを選んでいます。

-自動売買・EA

© 2021 ソトFX