自動売買・EA

自動売買におすすめの海外FX業者とEAの選び方

2020年4月23日

自動売買におすすめの海外FX業者は、GemForex(ゲムフォレックス)です。理由はEAが使い放題(200種類以上)で、VPSも無料(条件あり)だからです。

比較する海外FX業者

  • GemForex(ゲムフォレックス)
  • XM(エックスエム)
  • AXIORY(アキシオリー)
  • TitanFX(タイタンFX)
  • Tradeview(トレードビュー)
  • 比較内容はこちら

海外FXの主流ツールはMT4なので、自動売買プログラムもEA(エキスパートアドバイザー)で話を進めます。

EAは、無料版でも20%以上の利回りが期待できます。私は開発者や仲介会社の知人から紹介されたものや、販売サービスをチェックしています。

販売サービスで有名なのは、ゴゴジャン(GogoJungle)です。2007年の運営から会員は10万人を超え、日経でラジオ番組も持っています。

(公式)ゴゴジャン

EAは取引に応じて、手数料を支払うモデルの方が好きです(トレーダーを勝たせるために、アップデートに本気なので)。

海外FX業者の自動売買を比較

海外FX業者の自動売買対応を、以下の項目で比較します。

業者の比較項目

  • VPSの月額料金と無料条件
  • スプレッドが狭い口座の取引手数料
  • 自動売買の取引制限(禁止行為)
  • 1回の可能取引量

VPS(仮想専用サーバー)を使えば、パソコンをずっと起動させておく必要がなくなります。

(参考)VPSの業者対応を比較

そして自動売買は取引回数が増えやすいため、スプレッドの狭さと取引手数料の安さも重要です。

(詳細)スプレッドの比較結果

また業者や口座によって、取引制限があるかもチェックします。

合わせて業者の特徴(スペック)もまとめました。業者名のリンクをタップすると、詳細説明へ移動します。

業者のスペック

GemForex(ゲムフォレックス)

GemForex(ゲムフォレックス)は、EAが無料で使い放題(200種類以上)です。運営会社が2010年からEA販売を行なっている、実績と信頼があります。

ゲムフォレックスの対応

  • VPSの月額料金:28ドル
  • VPSの無料条件:口座残高が50万円以上
  • 取引手数料:無料
  • 取引制限:ノースプレッド口座は自動売買不可
  • 取引量:0.01〜30ロット

ノースプレッド口座はスプレッド最小(手数料無料)ですが、EAが使えません。自動売買はオールインワン口座(スタンダード)を使い、ノースプレッド口座はスキャルピングなどで重宝します。

買いと売りの両ポジションでプラススワップの通貨ペアもあるので、毎日安定してスワップポイントも稼げます!

今なら口座開設で1万円もらえて、無料トレードもできます。

(公式)口座開設フォーム

EAの最新ランキングや成績などは、こちらの記事を参考ください。

gemforexのeaダウンロードランキング
無料使い放題!GemForex自動売買(EA)の使い方と設定方法

GemForex(ゲムフォレックス)は、200種類以上の自動売買ソフト(EA)が無料で使い放題です!EA無料提供サービス・GEM-Trade(ゲムトレード)が使えるからです。 GEM-Tradeは、G ...

続きを見る

XM(エックスエム)

XM(エックスエム)は、最高50万円の追加資金がもらえます。さらにポイント還元で実質スプレッドも狭くなります。

XMの対応

  • VPSの月額料金:28ドル
  • VPSの無料条件:口座残高が5,000ドル+月間取引量5ロット以上
  • 取引手数料:10ドル(往復)
  • 取引制限:なし
  • 取引量:0.01〜100ロット

MT4の使い方動画(YouTube)や、無料のウェブセミナーがとても勉強になりました。

口座開設で3,000円のボーナス付きです。

(公式)口座登録フォーム

VPSの無料条件や、レバレッジ制限などはこちらの記事にまとめました。

xmのea稼働によるレバレッジ規制
XMで自動売買(EA)をするポイントと設定方法

XM(エックスエム)は、EAによる自動売買を禁止していません。MT4とMT5で稼働でき、ポイントが3つあります。 自動売買のポイント スタンダード口座がおすすめ(通常稼働) VPS(仮想専用サーバー) ...

続きを見る

AXIORY(アキシオリー)

AXIORY(アキシオリー)は禁止行為なしです。自動売買、スキャルピング、両建てなど自由にできます。

アキシオリーの対応

  • VPS:なし
  • 取引手数料:6ドル(往復)
  • 取引制限:なし
  • 取引量:0.01〜1,000ロット

ストップレベルが0なので、指値・逆指値の価格が思い通りです。

そして約定スピードとスリッページの統計データを公開している業者は、アキシオリーしか知らないので信用できます(30社ほど見てきた中で)。

(公式)口座開設フォーム

MT4とcTraderの自動売買の比較などは、こちらの記事を確認ください。

アキシオリーの自動売買に制限なし
AXIORY(アキシオリー)のEA・自動売買への対応

AXIORY(アキシオリー)は、自由に自動売買ができます。もし他トレーダーに影響が出るほどポジションを持った時は、連絡が来る可能性がありますがペナルティーはないです。 自動売買への対応 取引制限とペナ ...

続きを見る

Titan FX(タイタンFX)

Titan FX(タイタンFX)も自動売買に制限はありません。

タイタンFXの対応

  • VPS:なし
  • 取引手数料:7ドル(往復)
  • 取引制限:なし
  • 取引量:0.01〜100ロット

取引するほど、VIP待遇を受けられます(専属サポート)。そのため大きな金額で、メインブローカーに使う知人も少なくないです。

(公式)口座開設フォーム

VPSの提供はないですが、代わりに公式認定のおすすめVPSを教えてもらいました。

タイタンfxはea自動売買に制限なし
Titan FX(タイタンFX)のEA自動売買と推しVPS

Titan FX(タイタンFX)は、EAの自動売買が自由です。取引制限やペナルティーはありません。 (カスタマーの回答内容) 取引ツールはMT4とMT5が使えます。 手数料無料の「スタンダード口座」よ ...

続きを見る

Tradeview(トレードビュー)

Tradeview(トレードビュー)も、禁止行為なしです。

トレードビューの対応

  • VPS:なし
  • 取引手数料:5ドル(往復)
  • 取引制限:なし
  • 取引量:0.01〜75ロット

スプレッドの狭さと、スワップポイントの高さはトップクラスです。取引プラットフォームも多いので、ツールの経験値も上がります。

(公式)口座開設ページ

トレードビューのMT4(MT5)は、MacOSに非対応です。Macのパソコンで使いたい人は、他の対応業者をおすすめします。

Tradeviewはvpsの提供なし
Tradeview(トレードビュー)の自動売買対応とEAの利用手順

Tradeview(トレードビュー)は、自由に自動売買ができます。自動売買ソフトのEA(エキスパートアドバイザー)を含めて、取引制限や禁止事項は特になしです。 (口座開設完了のメール案内文) ただしM ...

続きを見る

優秀なEAを選ぶポイント

EAは「継続的な関わり」があるものを選んでいます。理由はトレーダーの稼ぎが、開発者の利益に繋がるからです。

優秀なEAを選ぶポイント

  1. 取引量に応じた手数料(無料利用)
  2. 定期的なアップデート(メンテナンス)
  3. 取引量と必要資金の根拠が明確

有料で売り切りですと、トレーダーの勝敗に関係なく買った時点で開発者の利益になります。手数料モデルなら、多く取引してもらうためにまずはトレーダーを勝たせないといけません。

そのため有料版よりは、トレーダーの稼ぎに本気の関係だと思っています。

実際に無料版でも、利回り20%以上が出ています(1ヶ月で+31,530円の利益。資金は15.5万円で利回りは20.3%)

ドル円のeaで月3万円の利益(MT4)

(MT4アプリのEA取引履歴)

また相場は常に変わるので状況に応じたロジックの入れ替えや、定期的なバージョンアップをするEAの方が信用できます。

無料で手数料をもらう方が信用できる

EAは世界中のトレーダーやプログラマが開発し、仲介会社やサービスを通じて販売されています。無料と有料版があり、有料の理由は開発コストの回収や無料との差別化などです。

私は、取引に応じて手数料が開発者や仲介会社に入る無料のEAを使うようにしています。理由は我々トレーダーに勝ってもらうことに本気の関係だからです。

完全無料または有料の売り切りですと、入手がゴールです。その後こちらが勝とうと負けようと、開発者と販売者は関係ありません。

ですが手数料という成果報酬が発生することで、投資家が取引するほど提供者も儲かります。取引を増やすには勝たせる必要があるので、ロジックの追及やアップデートに真剣です。

手数料モデルは希少で、一部の販売者や海外のFX業者(ゲムフォレックス)になります。

バージョンアップとロジックの入れ替え

相場は日々変動するので、今稼げることが大切です。そのためロジックの見直しや、パラメーターの変更を定期的に行うEAは信用できます。

通常バージョンアップが完了すると、サイトやメールなどで案内があります。そして最新版をダウンロードして、MT4に再設定すればアップデート完了です。

システム以外の変更(ロジックの入れ替えなど)は、管理サーバーからデータを配信して自動アップデートできるものもあります。

自動更新は再設定の手間が省けるので、ありがたいです。

GemForexはバージョン情報の項目がないので、更新欄の案内か直接確認ができます。

質問はレビュー欄への書き込みや、メールサポートが使えます(連絡先はEAのマニュアルに記載されています)。

明確な資金管理でロスカットを防ぐ

自動売買で一番怖いのは、ロスカットです。裁量トレードは毎回自分で調整できますが、EAは自動でドンドン取引します。

EAには基本的に、推奨資金とロット数が提示されています。例えば15万円で0.1ロットスタートなら、30万円で0.2ロット、150万円で1ロットと増えていきます。

推奨値は過去データなどから検証され、精度が高いほど稼ぎやすいです(ロスカットもしにくい)。

そのため推奨値の調査方法や根拠を聞いたときに、明確な回答が返ってきたら信用アップととらえています(非公開だと不安)。

ナンピンやマーチンゲール(逆方向の買い増し)をロジックに取り入れている場合、必要証拠金が一気に増えることがあります。

口座残高に余裕を持たせることで、急な相場変動時も安心してEAに任せられます。

まとめ

自動売買をするなら、GemForex(ゲムフォレックス)がおすすめです。EA提供の歴史と実績があるため、無料でも安心して利用できます。

自分の好きなEAを動かすなら、他の業者も使ってみてください。

海外FX業者の主な利益はスプレッドなので、取引が増えるほど売上が上がります。そのため自動売買も基本自由で、トレーダーを本気でサポートしてくれます。

もし業者のサーバーに負荷がかかるような取引をしても、まずは確認や相談連絡が入ります。そこでキチンと対応すれば、いきなりペナルティをもらうことも原則ありません。

業者ごとに口座は複数作れるので、自動売買専用の口座で運用することもできます。

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-自動売買・EA

© 2021 ソトFX