Bitterz:ビッターズ

Bitterzの自動売買(EA)対応と使いやすさの考察

Bitterz(ビッターズ)は、問題なく自動売買ができます。仮想通貨ペア(ビットコインやアルトコイン)も対象です。

自動売買の対応

  • MT5対応(MT4は使えない)
  • VPSは提供なし(仮想専用サーバー)
  • 口座間の両建ては禁止
  • 取引量制限あり(連絡なしの50万ドル以上)
  • 取引手数料は無料(スプレッドは標準的)

MT5対応の自動売買ソフト(EA)も増えていますが、MT4対応のソフトが使えないのはデメリットです。

VPSは国内サービスを使って、トラブルもなく満足しているので問題ないです。

MT5対応の自動売買システム(EA)

ビッターズはMT5で取引をします(MT4は使えません)。

EAの互換性はまだMT4の方が高いと思いますが、MT5対応のソフトも増えてきています。

(参考)MT4とMT5の違い

例えばゴゴジャン(GogoJungle)は、2007年の運営から会員は10万人を超え、日経でラジオ番組も持っている老舗EA販売サービスです。

こちらの公式サイトから「MT5 自動売買」などで検索すると一覧で見れます。

(公式)ゴゴジャン

VPSは提供なし

ビッターズは、VPSを提供していません。

ビッターズはVPSとEAなし

(カスタマーに確認しました)

私は国内のVPSサービスを使っていますが、不具合もなく快適です。

(詳細)国内のVPSサービス

最新のWindowsOSを、良心的なコストで利用できます。

両建てと取引量制限

ビッターズは両建てと取引量に制限があり、内容は一般的です。

主な禁止行為

複数口座で取引と自動売買をしている場合、意図せず両建てになる場合もあるので注意しています。

(例)口座AでBTCUSDの買い、口座Bで自動売買によるBTCUSDの売り

1回の取引量と最大保有数は、通貨ペアで設定されています(BTCUSDは0.01〜50、150ロットなど)。

こちらのスキャルピング記事でまとめました。

(詳細)スキャルピング向きか判断

取引手数料とスプレッド

取引手数料は無料なので、取引回数が増えやすい自動売買には有利です。

スプレッドは標準レベルで、他の海外業者と比べて大きく差がついた銘柄は今のところ見当たりません。

平均値を公開していないので、実測して他業者と比べました。

(参考)スプレッド一覧と業者比較

まとめ

自動売買向きの海外業者は、他にもいます。

ビッターズは通貨ごとに口座を持てるので、自動売買用の口座を作ることもできます。

最大888倍のハイレバを、まずは無料トレード(口座開設ボーナス)で体感してみてください!

(公式)アカウント登録フォーム

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-Bitterz:ビッターズ

© 2021 ソトFX