スプレッド最小&スワップフリーの新口座!

自動売買・EA

MT4でFX自動売買ができるVPS(Windows)を比較

MT4でFX自動売買をするVPSは、「お名前.comデスクトップクラウド」がおすすめです。

お名前.comがオススメの理由

  • MT4専用のVPS
  • 月額料金が最安値(ライセンス込み)
  • Windowsの最新OS
  • 返金保証付き(月額費用の最大30%)
  • 詳細:公式サイトはこちら

GMO、使えるねっと、KAGOYA、ConoHa、さくら、Amazonのスペックもまとめました。

VPSで選べるOS(テンプレート)

VPSのOS(オペレーティングシステム)は、テンプレートとも呼ばれます。OSは基本的にWindowsとその他に分かれ、VPSの中に「Windows Server」プランが用意されています。

VPSで選べる主なOS

  • Windows
  • CentOS
  • Ubuntu
  • Debian
  • FreeBSD
  • Fedora
  • openSUSE
  • Arch Linux
  • CloudLinux
  • NetBSD
  • OpenBSD

Windowsは世界基準で利用者も多いため、他のOSプランよりも割高になります。逆に格安で使うなら、マイナーOSの利用も手です。

私はWindowsとMacを使っていますが、なじみがあってストレスがかからないという理由でWindowプランを使っています。

Windowsサーバーのライセンス料金

FXの自動売買などサーバー管理以外でVPSを利用する時は、月額料金に加えてライセンス使用料がかかります。

Windowsのライセンス料金

  • リモートデスクトップ(RDS) SAL
    遠隔操作サービス。基本はこれを契約します
  • Microsoft Office SAL
    Office(Word、Excel、PowerPointなど)を搭載
  • SQL Server
    マイクロソフトのデーターベース

SAL(Subscriber Access License)は、サービスを使うためにユーザー単位で契約するライセンスモデルです。

VPSのリモートデスクトップ(RDS) SAL

リモートデスクトップは、マイクロソフトがWindows Serverで提供する遠隔操作サービスです。通常はこれだけ追加契約すればOKです。

構成スペックの用語集

VPSで比較するスペックの簡単な説明です。

VPSのスペック

  • CPU:頭脳
    VPSでは仮想コア(vCPU)が使われます
  • メモリ:机の面積
    大きいほど同時に処理ができます
  • ディスク容量:机の引き出し
    多いほどたくさん保存できます
    昔ながらのHDDと現在主流のSSDがあります
  • OS:オペレーティングシステム
    対応OS(アップデートされます)

VPSの国内サービスを比較

国内で人気のVPSサービスを比べます。サービス名のリンクをタップすると、詳細説明へ移動できます。

月額料金 ライセンス vCPU メモリ SSD
お名前.com 990円 料金込み 2コア 1.5GB 60GB
GMOクラウド 858円 7,480円 2コア 1.0GB 50GB
使えるねっと 2,728円 料金込み 2コア 2.0GB 50GB
KAGOYA 550円 1,155円 1コア 1.0GB 25GB
ConoHa 979円 770円 1コア 1.0GB 100GB
さくら 1,100円 924円 2コア 1.0GB 50GB
Amazon 8ドル 料金込み 1コア 0.52GB 30GB

*料金やスペックは最小プランです(上位プランがあります)
*月額料金とライセンス料がかかります

お名前.comデスクトップクラウド for MT4

お名前.com デスクトップクラウド

お名前.comデスクトップクラウドは、FX(MT4)専用のVPSです。

お名前.comのスペック

  • 月額料金:990円〜
  • ライセンス:料金に込み
  • vCPU:2コア
  • メモリ:1.5GB〜
  • SSD:60GB〜
  • OS:Windows2019

月間サーバー稼働率に応じて、最大30%の返金保証付きです。

(公式)お名前.comデスクトップクラウド

GMOクラウド VPS

GMOはライセンスにOfficeなども含まれています。自動売買に加えて、Windowsをフル活用したい人におすすめです。

またサーバー稼働率が99.99%未満の場合、当月分の月額料金10%を返金してくれます。

GMOのスペック

  • 月額料金:858円〜
  • ライセンス:7,480円(5ユーザー単位)
  • vCPU:2コア
  • メモリ:1GB〜
  • SSD:50GB〜
  • OS:Windows2019 など

今なら15日間無料お試しができます。

(公式)GMOクラウド

使えるねっとFX専用VPS

使えるねっと

使えるねっとは、運用実績国内No1のFX専用VPSです。

使えるねっとのスペック

  • 月額料金:2,728円〜
  • ライセンス:料金に込み
  • vCPU:2コア〜
  • メモリ:2GB〜
  • SSD:50GB〜
  • OS:Windows2016 など

30日間全額返金保証付きなので、安心して試せます。

(公式)使えるねっとFX専用VPS

KAGOYA CLOUD(カゴヤ)

KAGOYAは日割りで使えるので、短期間の利用に便利です。

KAGOYAのスペック

  • 月額料金:550円〜
  • ライセンス:1,155円
  • vCPU:1コア
  • メモリ:1GB〜
  • SSD:25GB〜
  • OS:Windows2022

(公式)KAGOYA CLOUD

ConoHa for Windows Server

ConoHaは、GMOのVPSブランドです。EAを1つ稼働させて、自動売買をしています(EAの動作確認が取れていたため)。

ボタン1つでサーバー接続、再起動、シャットダウンができて使いやすいです。

ConoHaのスペック

  • 月額料金:979円〜
  • ライセンス:770円
  • vCPU:1コア〜
  • メモリ:1GB〜
  • SSD:100GB〜
  • OS:Windows2022

(公式)ConoHa

さくらのVPS

さくらインターネットは、サーバーシステムも定評があります。

さくらのスペック

  • 月額料金:1,100円〜
  • ライセンス:924円
  • vCPU:2コア
  • メモリ:1GB〜
  • SSD:50GB〜
  • OS:Windows2019

(公式)さくらのVPS

Amazon Lightsail(AWS)

AmazonのVPSは、初月無料です。

AWSのスペック

  • 月額料金:8ドル〜
  • ライセンス:料金に込み
  • vCPU:1コア
  • メモリ:512 MB〜
  • SSD:30GB〜
  • OS:Windows2016

(公式)Amazon Lightsail

まとめ

海外FX業者の半数程度は、VPSサービスを提供しています。料金は月額30ドルが相場ですが、条件を満たせば無料になります。

口座残高500ドルだけで無料になるお得な海外FX業者もいるので、こちらの記事からチェックしてみてください。

(参考)海外FX業者のVPS比較

無料で使わない場合は、国内サービスの方が割安で安心感もあります。

-自動売買・EA

© 2023 ソトFX