自動売買・EA

海外FX業者のVPSおすすめ。無料条件とスペックを比較

2020年4月13日

海外FX業者の約半数は、VPSサービスを提供しています。(25社調べた中で)。利用料は月額30ドルが相場ですが、口座残高や取引量を満たせば無料になります。

無料の条件は、口座残高5,000ドル・月間取引量5ロット以上が一般的です。中には取引量の縛りなしや、完全無料の業者もいます。

VPSの比較業者

  • FXジャイアンツ:無料(口座残高5万円)
  • エクスネス:無料(口座残高1万円+入金5万円)
  • ゲムフォレックス
  • XM
  • ホットフォレックス
  • トレーダーズトラスト
  • 比較内容はこちら

VPSを使えば、自動売買を24時間ストレスなく行えます。私も使っていて、MT4でEAを常に稼働させています。

自分のパソコンは使わないので、他の作業に影響がなくとても快適です。

ストレスフリーなFX自動売買が可能に

VPS(Virtual Private Server)は、仮想専用サーバーです。自分のパソコンとは別にもう一つ、ウェブ上にパソコンを用意して遠隔操作します。

海外FX業者の無料VPS

VPSを使うメリットは、FXの自動売買を24時間ストレスなくできることです。

海外FXでは、MT4でEA(Expert Advisor)を稼働させる自動売買が主流です。取引を続けるにはMT4を起動している必要があるため、電源やメモリの消費が増えます。

そしてパソコンも常に立ち上げておく必要があります。ですがVPSを使えば、自分のパソコンは自由になります。

Windowsが最初から搭載されているプランが主流なので、MT4との相性もバッチリです。

VPSのサーバースペックと無料条件の相場

海外FX業者は提携会社のVPSサービスを、独自のプランで提供しています。25社ほど調べた結果、スペックは同水準でした。

VPSの標準スペック

  • OS:Windows2012など(アップデートもされます)
  • メモリ:1〜2GB(RAM)
  • ディスク:20〜30GB(HDD)
  • CPU:1〜4vCPU(仮想コア)
  • 月額料金:3,000円程度
  • 無料条件:50万円以上の口座残高と毎月5ロット以上の取引

最新OSを使うなら、国内サービスがおすすめです。海外FXより安価なプランもあります。

(詳細)国内のVPSサービスまとめ

海外FX会社一覧とサーバースペックの解説

VPSの月額料金と、無料条件(口座残高と月間取引量)を業者で一覧にしました。業者名のリンクをタップすると、サーバースペックなどの詳細説明へ移動します。

月額料金 口座残高 月間取引量
FXジャイアンツ 無料 500ドル なし
エクスネス 無料 500ドル なし
ゲムフォレックス 28ドル 5,000ドル なし
XM 28ドル 5,000ドル 5ロット
ホットフォレックス  30ドル 5,000ドル 5ロット
トレーダーズトラスト 25ポンド〜 2,000ドル〜 5ロット〜

FXジャイアンツとエクスネスは、条件がやさしく使いやすいです。

またトレーダーズトラストは、プランが3種類あります。

レバレッジ制限なし【FXジャイアンツ】

FXGiants(FXジャイアンツ)の公式サイト

FXGiants(FXジャイアンツ)のVPSは無料です(口座残高が5万円以上)。

FXGiantsのスペック

  • OS:Windows2012(R2)
  • メモリ:2GB(RAM)
  • ディスク容量:30GB(HDD)
  • CPU:2.4GHz Intel Xeon
  • 月額料金:0円

口座残高のレバレッジ制限がないので、ずっと最大1,000倍のハイレバです!

(公式)口座開設フォーム

申し込みから解約まで、手続きがシンプルで分かりやすいです。

FXGiantsのVPS無料レンタル
FXGiantsのVPSスペックと無料レンタルの方法

FXGiants(FXジャイアンツ)のVPSは無料で、口座残高が5万円以上あれば使えます。 スペックは、海外FX業者の標準レベルなので問題ないです。 口座残高の判定は、2ヶ月に一度行われます。日時は決 ...

続きを見る

レバレッジ無制限&ロスカットなし【エクスネス】

Exness(エクスネス)の公式サイト

Exness(エクスネス)のVPSは無料です(100ドル以上の口座残高と500ドル以上の入金履歴)。

Exnessのスペック

  • OS:Windows2012(R2)
  • メモリ:1GB(RAM)
  • ディスク容量:10GB(HDD)
  • CPU:1vCPU(仮想コア)
  • 月額料金:0円

レバレッジ無制限も可能で、ロスカットなしです。さらにゼロ口座は0pips〜で、メジャー通貨やゴールドなどが安定スプレッドです(変動幅が固定)。

(公式)口座開設フォーム

スペックが物足りなければ、ハイスペックの有料プランも紹介してくれます。

Exness(エクスネス)VPS
Exness(エクスネス)の無料VPSのスペックと利用方法

Exness(エクスネス)はVPSは無料で、利用条件は2つです。 VPSの利用条件 100ドル以上の口座残高 500ドル以上の入金履歴 詳細は公式ページの「ツール&サービス」→「VPSホスティング」か ...

続きを見る

自動売買を無料で使い放題【ゲムフォレックス】

ゲムフォレックスの公式サイト

GemForex(ゲムフォレックス)のVPSは、口座残高50万円以上で無料です。

GemForexのスペック

  • OS:Windows2012(R2)
  • メモリ:1GB(RAM)
  • ディスク容量:非公開
  • CPU:Core 2.4GHz
  • 月額料金:28ドル

EAも無料で使い放題なので、自動売買に最強の海外FX業者です!

(公式)口座開設フォーム

無料条件の判定日や、解約手続きの流れはこちらの記事にを参考ください。

ゲムフォレックスvpsの申し込みフォーム
GemForexのVPSサービス(無料利用とサポート)

GemForex(ゲムフォレックス)は月額28ドルのVPSを提供していますが、口座残高が50万円以上で無料になります! 毎月6日12時(非営業日の場合は翌営業日)の時点で、残高条件を満たしていればOK ...

続きを見る

取引するほど高還元【XM】

xm(エックスエム)の公式サイト

XM(エックスエム)のVPSは、5,000ドル以上の口座残高と月に5ロット以上の取引で無料になります。

XMのスペック

  • OS:Windows2012(R2)
  • メモリ:1.5GB(RAM)
  • ディスク容量:20GB(HDD)
  • CPU:600MHz
  • 月額料金:28ドル

50万円の追加資金とポイント還元で、実質スプレッドが狭くなりコスパが良いです。

(公式)口座登録フォーム

充実の日本語サポートは、こちらの記事にまとめました。

xmのvpsに申し込み(入金)
XMの無料VPSの使い方。スペック比較と設定方法

XM(エックスエム)は月額28ドルのVPSサービスがありますが、2つの条件を満たすと無料になります! VPSの無料条件 口座残高が5,000ドル以上(アカウント全体) 月に5ロット以上の取引(1ロット ...

続きを見る

最高1,500万円のボーナス付き【ホットフォレックス】

HotForex(ホットフォレックス)の公式サイト

HotForex(ホットフォレックス)のVPSは、口座残高50万円以上で無料です。無料継続には、毎月5ロット以上の取引が必要です。

HotForexのスペック

  • OS:Windows2012
  • メモリ:1.2GB〜(RAM)
  • ディスク容量:25GB〜(HDD)
  • CPU:1vCPU〜(仮想コア)
  • 月額料金:30ドル

最高1,500万円の追加資金や、キャッシュバックプランが選べます!

(公式)口座開設フォーム

VPSプランは3種類あり、月額料金でサーバースペックが変わります。

vpsプランの購入完了
HotForex(ホットフォレックス)のVPS無料条件とプラン

HotForex(ホットフォレックス)のVPSは、月額30ドルから使えます。 そして口座残高が5,000ドル以上で無料になります!(無料継続には、毎月5ロット以上の取引が必要) プランは3種類あり、月 ...

続きを見る

1,000万円以上の追加証拠金【トレーダーズトラスト】

トレーダーズトラスト(TTCM)の公式サイト

トレーダーズトラスト(TTCM)のVPSは、3種類のプランから選べます。2,000ドル以上の口座残高と、月間5ロット以上の取引で無料になります。

トレーダーズトラストのスペック

  • OS:Windows2016
  • メモリ:1.3GB〜(RAM)
  • ディスク容量:25GB〜(HDD)
  • CPU:1vCPU〜(仮想コア)
  • 月額料金:25ポンド

1,000万円以上のボーナスと毎日最大20万円のキャッシュバック付きです!

(公式)口座開設ページ

世界的な金融企業と連携しているので、サーバーの安定度と速さは安心しています。

beeksのvpsプラン
トレーダーズトラストのVPS無料条件とサーバースペック

トレーダーズトラスト(TTCM)のVPSは、3種類のプランがあります。そして条件を満たせば無料で使えます。 VPSのスペックと無料条件 月額料金:25〜80ポンド メモリ(RAM):1.3〜5.12G ...

続きを見る

その他業者の無料条件一覧

個別紹介をしなかった、海外FX業者のVPS無料条件です(1ロット=10万通貨が相場)。

VPSの無料条件

  • IS6FX
    口座残高:5,000ドル
  • FBS
    口座残高:450ドル、月間取引量:3ロット
  • FXDD
    口座残高:2,500ドル、月間取引量:5ロット
  • ironFX(アイアンFX)
    口座残高:5,000ドル、月間取引量:5ロット
  • Anzo capital
    口座残高:5,000ドル、月間取引量:5ロット
  • FXCC
    口座残高:2,500ドル、月間取引量:30ロット
  • FxPro
    口座残高:50,000ドル(プレミアムアカウント)
  • IFC Markets
    口座残高:50,000ドル(VIPアカウント)

業者の特徴と選び方は、こちらの会社一覧を参考ください。

(参考)海外FX会社の一覧

利用手順とメンテナンス

利用手順は、簡単3ステップです。

VPSの利用手順

  1. 申し込み(FX会社の会員ページやメール申請)
  2. VPSへログイン(案内メールなどが届きます)
  3. MT4をダウンロードして、EAを稼働スタート

VPSについては、提供会社へ問い合わせます。日本語サポートと、マニュアルや動画解説付きが一般的です。

MT4でEAを動かす手順は、こちらの記事にまとめました。

(参考)MT4のEA導入と設定方法

またメモリ不足で売買がストップしないように、定期的に再起動やメモリ解放をしています。

(詳細)VPSの安全メンテナンス

まとめ

無料利用の条件が残高と取引量の理由は、取引するほど業者の売上が上がるからです。

海外FX会社の主な利益は、取引手数料(スプレッド)です。売上が増えた分を、無料VPSでトレーダーに還元できます。

つまりトレーダーと業者は利害関係が一緒なので、取引環境の改善とサポートに本気です。VPSも本来有料スペックのものを、無料で使えるので安心です。

私はMacユーザーで、Windowsはパラレルデスクトップで入れていました。ですがVPSに変えてから、コスパも動作(メモリ)も快適です。

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-自動売買・EA

© 2021 ソトFX