海外FXのおすすめ比較

海外FXのスプレッド最小業者を決定!口座と通貨ペアで比較

2020年2月14日

スプレッドが最も狭いのは、GemForex(ゲムフォレックス)のノースプレッド口座です。スプレッドは0pips〜で取引手数料無料です。

(公式)GemForexの口座開設フォーム

業者のスプレッド特徴

  • GemForex(ゲムフォレックス)
    ノースプレッド口座が最小(手数料無料)
  • XM(エックスエム)
    やや広めだが、キャッシュバックで実質狭い
  • TitanFX(タイタンFX)
    バランスの取れた優等生
  • AXIORY(アキシオリー)
    リアルタイム値と約定データを公開中
  • Traders Trust(トレーダーズトラスト)
    ポンドドルとポンド円のスプレッドが最小
  • Tradeview(トレードビュー)
    業界最安水準(手数料も安い)
  • 詳細:業者比較はこちら

口座タイプによって、提供値と取引手数料が変わります。そして表示方法も、業者によります(リアルタイムと平均値)。

そのため今回は、口座タイプ別に平均スプレッドを比較しました。通貨ペア別もまとめてあります(主要通貨とクロス円)。

変動と固定スプレッドについて

スプレッドは、買値と売値の差です。注文と決済で支払うので、取引のコストになります。

スプレッドには「変動」と「固定」があります。変動はリアルタイムに値が変わり、海外FX業者の主流です。

固定は値が一定で、国内FX業者と一部の海外FX業者が取り入れています。口座によって原則固定や、ゼロ固定(0pips)もあります。

(参考)固定口座も作れる業者

「変動と固定どちらが良いのか?」については、住宅ローンの金利に似ています。

住宅ローンは固定金利なら、金利が変わらない安心感と返済計画が立てやすいというメリットがあります。トレードも同じくスプレッドに一喜一憂する必要がないので、中長期で安定した投資に向いています。

ただし金利は、変動よりも固定の方が高めに設定されます。金融機関が契約者に代わり、相場リスクを抱えるためです(FXは業者がトレーダーに代わって)。

変動金利は相場が低金利なほど、返済しやすくなります。FXも同じく相場が安定していれば、固定より変動スプレッドの方が狭くなりやすいです。

海外FX業者は基本的に、1アカウントで複数の口座を持てます。そのため固定スプレッドで取引したい方は、固定の口座も作れる業者を使ってみてください。

スプレッドの表示方法

海外FX業者が公開するスプレッドは、リアルタイム・平均・最小値があります。

スプレッドの種類

  • リアルタイム:現在の最新値
  • 平均:一定期間の平均値
  • 最小:一定期間の最小値

リアルタイム値は取引ツール(MT4やMT5)で表示できますが、公式ページで公開している業者もいます。

(参考)リアルタイム値を公開中の業者

平均値と最小値は比較しやすいですが、業者によって算出方法や計測期間が異なる場合があります。そのため参考程度にして、知りたい時間帯で最新値を確認すると確実です。

口座タイプの違い

海外FX業者の口座は、取引方法によって2種類あります。取引手数料無料のスタンダード口座(STP)と、有料のゼロ口座(ECN)です。

スタンダード ゼロ
スプレッド 通常 狭い
取引手数料 無料 有料
レバレッジ 通常 制限あり
ボーナス あり なし
最低入金額 数百円 数万円

スタンダード口座は制限がないので、バランスが良く使いやすいです。ゼロ口座はスプレッドが狭いので、スキャルピングや自動売買に最適です。

また口座名は、業者によって変わります。

  • スタンダード口座:オールインワン、クラシックなど
  • ゼロ口座:ノースプレッド、ナノスプレッド、プロなど

取引方法と口座の種類は、こちらの記事を参考ください。

取引手数料の計算

ゼロ口座の取引手数料は、1ロット単位で発生します。そのため取引コスト(実質のスプレッド)に加算されます。

手数料は業者によりますが、片道でドル表記が一般的です。

1pips=0.0001ドルで、1ロット=10万通貨です。取引手数料をpipsに換算すると、1ドル=0.1pipsになります(1ドル/10万通貨)。

取引手数料の計算例

  • 取引手数料:片道5ドル(往復10ドル)
  • 10ドル=1pips
  • スプレッド:1pips
  • 実質スプレッド:2pips(1+1pips)

取引手数料無料の業者(口座)は、こちらの記事にまとめました。

(詳細)手数料無料の業者一覧

海外FX業者の平均値とスペックを比較

平均スプレッドとスペックを、人気業者でまとめました。業者名のリンクをタップすると、詳細説明へ移動します。

業者の平均値とスペック

XM(エックスエム)

XM(エックスエム)のスプレッドは広めですが、キャッシュバック(ポイント還元)で実質スプレッドは狭くなります。

スプレッド一覧(単位はpips)

  • ドル円:1.6、1.1
  • ユーロドル:1.7、1.1
  • ポンドドル:2.4、1.3
  • ユーロ円:2.3、1.4
  • 豪ドル円:3.3、2.2
  • ポンド円:3.6、2.2
  • 左はスタンダード口座、右はゼロ口座

口座開設ボーナス、入金ボーナス、キャッシュバックがすべて揃っている業者は貴重です。

XMのスペック

  • 取引手数料(片道):5ドル
  • 最大レバレッジ:888倍
  • ボーナス:口座開設で3,000円、入金で最高50万円
  • 最低入金額:500円(スタンダード)、1万円(ゼロ)

口座開設したら、すぐに無料トレードができます。

(公式)口座登録フォーム

GemForex(ゲムフォレックス)

GemForex(ゲムフォレックス)は、取引手数料無料です(スプレッドも最狭)。

スプレッド一覧(単位はpips)

  • ドル円:1.2、0.3
  • ユーロドル:1.2、0.3
  • ポンドドル:2.2、1.3
  • ユーロ円:1.3、0.5
  • 豪ドル円:1.6、0.6
  • ポンド円:1.7、1.0
  • 左はオールインワン口座、右はノースプレッド口座

自動売買(EAとミラートレーダー)が無料で使い放題です。さらにスワップポイントの両建てで稼ぎやすいです!(両ポジションでプラスの通貨ペアあり)

ゲムフォレックスのスペック

  • 取引手数料(片道):無料
  • 最大レバレッジ:1,000倍
  • ボーナス:口座開設で1万円(入金はキャンペーン)
  • 最低入金額:100円(オールインワン)、30万円(ノースプレッド)

個人的にスプレッド最小なので、メインブローカーとして重宝しています。

(公式)口座開設フォーム

レバレッジ5000倍の特別口座もあるので、超ハイレバも楽しめます!

TitanFX(タイタンFX)

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドは、全体的に優秀です。

スプレッド一覧(単位はpips)

  • ドル円:1.3、1.0
  • ユーロドル:1.2、0.9
  • ポンドドル:1.6、1.3
  • ユーロ円:1.7、1.4
  • 豪ドル円:2.1、1.8
  • ポンド円:2.5、2.2
  • 左はスタンダード口座、右はブレード口座

ソーシャルトレード(稼ぐ手法をコピー)もできるので、自動売買に飽きた人にもおすすめです。

タイタンFXのスペック

  • 取引手数料(片道):3.5ドル
  • 最大レバレッジ:500倍
  • ボーナス:なし
  • 最低入金額:2万円

トレーダー専属サポートで、取引するほど優遇を受けれます。

(公式)口座開設フォーム

こちらの記事で、XMとのスプレッド比較結果もまとめました。

AXIORY(アキシオリー)

AXIORY(アキシオリー)は、公式ページでリアルタイムスプレッドを公開中です。

禁止行為とペナルティがないので、思い存分取引できます!

アキシオリーのスペック

  • 取引手数料(片道):3ドル
  • 最大レバレッジ:400倍
  • ボーナス:キャンペーン
  • 最低入金額:5,000円

株でおなじみの板画面も見れる、cTraderも使えます。

Traders Trust(トレーダーズトラスト)

Traders Trust(トレーダーズトラスト)は、ポンド関連のスプレッドが狭いです。

スプレッド一覧(単位はpips)

  • ドル円:1.4、1.0
  • ユーロドル:1.3、0.9
  • ポンドドル:1.2、1.2
  • ユーロ円:1.6、1.0
  • 豪ドル円:2.1、1.5
  • ポンド円:2.3、1.2
  • 左はクラシック口座、右はプロ口座

スプレッドが狭いプロ口座に加えて、取引手数料半額のVIP口座もあります。

トレーダーズトラストのスペック

  • 取引手数料(片道):3ドル(VIP口座は半額)
  • 最大レバレッジ:500倍
  • ボーナス:口座開設で1万円、入金で最高1,000万円
  • 最低入金額:5,000円(クラシック)、2万円(プロ)

1,000万円の追加資金(入金ボーナス)は、業界トップクラスです!すぐに無料トレードもできます。

(公式)口座開設フォーム

平均スプレッドは公式サイトで非公開ですが、スタッフからエクセルデータをもらったのでこちらの記事にまとめました。

Tradeview(トレードビュー)

Tradeview(トレードビュー)のスプレッドと取引手数料は、業界最安水準です!

公式ページで、リアルタイム値を公開しています(対象はスプレッドが狭いILC口座)。

(公式)リアルタイム値はこちら

取引プラットフォーム数No1なので、ツールの経験値が上がります。

トレードビューのスペック

  • 取引手数料(片道):2.5ドル
  • 最大レバレッジ:500倍
  • ボーナス:なし
  • 最低入金額:1万円

平均スプレッドを算出していないので、参考値をまとめて比較しました。

通貨ペア別のスプレッド比較

取引量の多い主要通貨と、クロス円のスプレッドを口座別にまとめました。

通貨ペアとスプレッド最狭業者

  • ドル円(USD/JPY):ゲムフォレックス
  • ユーロドル(EUR/USD):ゲムフォレックス
  • ポンドドル(GBP/USD):トレーダーズトラスト
  • ユーロ円(EUR/JPY):ゲムフォレックス
  • 豪ドル円(AUD/JPY):ゲムフォレックス
  • ポンド円(GBP/JPY):トレーダーズトラスト

ドル円(USD/JPY)

ドル円(USD/JPY)のスプレッドです。左がスダンダード口座、右がゼロ口座(手数料を含む)です。

ドル円のスプレッド(pips)

  • XM
    1.6、1.1
  • ゲムフォレックス
    1.2、0.3
  • タイタンFX
    1.3、1.0
  • トレーダーズトラスト
    1.4、1.0

ユーロドル(EUR/USD)

ユーロドル(EUR/USD)のスプレッドです。左がスダンダード口座、右がゼロ口座(手数料を含む)です。

ユーロドルのスプレッド(pips)

  • XM
    1.7、1.1
  • ゲムフォレックス
    1.2、0.3
  • タイタンFX
    1.2、0.9
  • トレーダーズトラスト
    1.3、0.9

ポンドドル(GBP/USD)

ポンドドル(GBP/USD)のスプレッドです。左がスダンダード口座、右がゼロ口座(手数料を含む)です。

ポンドドルのスプレッド(pips)

  • XM
    2.4、1.3
  • ゲムフォレックス
    2.2、1.3
  • タイタンFX
    1.6、1.3
  • トレーダーズトラスト
    1.2、1.2

ユーロ円(EUR/JPY)

ユーロ円(EUR/JPY)のスプレッドです。左がスダンダード口座、右がゼロ口座(手数料を含む)です。

ユーロ円のスプレッド(pips)

  • XM
    2.3、1.4
  • ゲムフォレックス
    1.3、0.5
  • タイタンFX
    1.7、1.4
  • トレーダーズトラスト
    1.6、1.0

豪ドル円(AUD/JPY)

豪ドル円(AUD/JPY)のスプレッドです。左がスダンダード口座、右がゼロ口座(手数料を含む)です。

豪ドル円のスプレッド(pips)

  • XM
    3.3、2.2
  • ゲムフォレックス
    1.6、0.6
  • タイタンFX
    2.1、1.8
  • トレーダーズトラスト
    2.1、1.5

ポンド円(GBP/JPY)

ポンド円(GBP/JPY)のスプレッドです。左がスダンダード口座、右がゼロ口座(手数料を含む)です。

ポンド円のスプレッド(pips)

  • XM
    3.6、2.2
  • ゲムフォレックス
    1.7、1.0
  • タイタンFX
    2.5、2.2
  • トレーダーズトラスト
    2.3、1.2

まとめ

海外FX業者の主な利益は、スプレッドです。トレーダーが取引するほど売上が上がるので、本気でサポートしてくれます。

国内のFX業者に慣れている人は、海外業者のスプレッドを広く感じるかも知れません(国内は原則固定で0.3銭など)。

ですが海外業者はあくまで、正当な手数料を正しく受け取っているだけです。そのおかげで透明な取引や、快適なトレード環境を提供できています。

とはいえスプレッドはコストなので、狭いに越したことはないです。

  • スプレッドで選ぶなら:ゲムフォレックス
  • ポンド関連なら:トレーダーズトラスト
  • 取引制限なしなら:タイタンFXとアキシオリー
  • 大手を知るなら:XM

口座は複数作れるので、使い分けて体感できます。

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-海外FXのおすすめ比較

© 2021 ソトFX