海外FXのおすすめ比較

海外FX業者のスプレッドを比較。最狭の口座も紹介

2020年2月14日

日本で人気のXM(エックスエム)、Titan FX(タイタンFX)、GemForex(ゲムフォレックス)の平均スプレッドを比較しました。

比較して分かったこと

  • XM(エックスエム)
    基本広め。ポイント還元で実質値は狭くなる
  • Titan FX(タイタンFX)
    通常のスタンダード口座は一番優秀
  • GemForex(ゲムフォレックス)
    ノースプレッド口座は最狭(手数料0円)
  • 詳細:比較結果はこちら

最新のリアルタイム値を、公開中の業者もいます。今の広さや、よく取引する時間帯で調べるのに便利です。

海外FXのスプレッドは「変動」が一般的ですが、「固定」の取引口座を作れる業者もあります。1アカウントで複数口座を持てるので、使い分けもできます。

スプレッドの種類(リアルタイム、平均、最小)

海外FX業者が公開するスプレッドは、リアルタイム・平均・最小値があります。

スプレッドの種類

  • リアルタイム:現在の最新値
  • 平均:一定期間の平均値
  • 最小:一定期間の最小値

リアルタイム値は取引ツール(MT4やMT5)で表示できますが、公式ページで公開している業者もいます。

(参考)リアルタイム値を公開中の業者

平均値と最小値は比較しやすいですが、業者によって算出方法や計測期間が異なる場合があります。そのため参考程度にして、知りたい時間帯で最新値を確認すると確実です。

人気業者の平均スプレッドを比較

今回はXM(エックスエム)、Titan FX(タイタンFX)、GemForex(ゲムフォレックス)で平均値を比較します。平均スプレッドを公開する海外FX会社の中で、特に日本での知名度が高いからです。

対象は取引量の多い通貨ペアと、クロス円です。

スタンダード口座

まずは通常のスタンダード口座を見てみます(単位はpips)。

XM Titan FX GemForex
ユーロドル 1.7 1.2 1.2
ドル円 1.6 1.3 1.2
ポンドドル 2.4 1.6 2.2
ユーロ円 2.3 1.7 1.3
豪ドル円 3.3 2.1 1.6
ポンド円 3.6 2.5 1.7

GemForexは最小値の要素も含んでいるので、平均値はTitan FXが優位と判断しています。最新値も公開していて、表示ツールはさらに改良中です。

(参考)タイタンFXのスプレッド

XMは一見広めですが、実際はポイント還元で0.33〜0.67pips狭くなります(スタンダードとマイクロ口座)。XMの実質スプレッドは、こちらの記事を参考ください。

(詳細)XMの実質スプレッド

スプレッドが狭い口座

次にスプレッドが狭い特別口座です。0pips〜の代わりに、取引手数料が発生します。そのため、手数料を含んだ実質コストで比べます。

XM Titan FX GemForex
ユーロドル 1.1 0.9 0.3
ドル円 1.1 1.0 0.3
ポンドドル 1.3 1.3 1.3
ユーロ円 1.4 1.4 0.5
豪ドル円 2.2 1.8 0.6
ポンド円 2.2 2.2 1.0

取引手数料(1ロット往復)はXMが1pips、Titan FXが0.7pips、そしてGemForexは0pips(無料)です。

30社ほど見てきた中で、手数料なしの業者は他に知りません。そのためGemForexの「ノースプレッド口座」は、最狭スプレッドだと思います。

(詳細)GemForexのスプレッドと口座

変動制と固定制はどちらがお得か?

スプレッドには「変動制」と「固定制」があります。変動制はリアルタイムに値が変わり、海外FX業者の主流です。

固定制は値が一定で、国内FX業者と一部の海外FX業者が取り入れています。口座によって原則固定や、ゼロ固定(0pips)もあります。

(参考)固定口座も作れる業者

「変動と固定どちらが良いのか?」については、住宅ローンの金利に似ています。

住宅ローンは固定金利なら、金利が変わらない安心感と返済計画が立てやすいというメリットがあります。トレードも同じくスプレッドに一喜一憂する必要がないので、中長期で安定した投資に向いています。

ただし金利は、変動よりも固定の方が高めに設定されます。金融機関が契約者に代わり、相場リスクを抱えるためです(FXは業者がトレーダーに代わって)。

変動金利は相場が低金利なほど、返済しやすくなります。FXも同じく相場が安定していれば、固定より変動スプレッドの方が狭くなりやすいです。

海外FX業者は基本的に、1アカウントで複数の口座を持てます。そのため固定スプレッドで取引したい方は、固定の口座も作れる業者を使ってみてください。

まとめ

海外FX業者の主な利益は、スプレッドです。トレーダーが取引するほど売上が上がるので、本気でサポートしてくれます。

国内のFX業者に慣れている人は、海外業者のスプレッドを広く感じるかも知れません(国内は原則固定で0.3銭など)。

ですが海外業者はあくまで、正当な手数料を正しく受け取っているだけです。そのおかげで透明な取引や、快適なトレード環境を提供できています。

とはいえスプレッドはコストなので、狭いに越したことはないです。

全体的な優等生は「タイタンFX」で、ボーナスで稼ぐチャンスを増やすなら「XM」がおすすめです。スキャルピングメインなら最狭の「ゲムフォレックス」を是非使ってみてください。

-海外FXのおすすめ比較

© 2020 ソトFX