Titan FX:タイタンFX

Titan FXのスプレッド一覧と比較(口座と業者)

Titan FX(タイタンFX)のスプレッドは、狭めで優秀です。

スプレッドの特徴

  • 全体的に優秀(ゴールドなど)
  • スプレッドが狭い口座の取引手数料は往復7ドル/ロット
  • 平均スプレッドを公式サイトで公開中(取扱商品)
  • 詳細:公式ページはこちら

海外FXの代表業者「XM」と比較したところ、タイタンFXの方が優勢でした(還元や取引手数料を加味した、実質値で計算)。

CFDは平均スプレッドが公開されていなかったので、MT4で実測しました。

口座タイプと取引手数料

タイタンFXの口座は、手数料無料の「スタンダード」とスプレッドが狭い「ブレード」です。

口座は1アカウントで15個まで作れるので、使い分けができます(マイページで追加可能)。

口座タイプの特徴

ブレード口座は0pips〜の代わりに、1ロット往復7ドルの取引手数料がかかります。1ロット=10万通貨なので、実質スプレッドは+0.7pipsになります。

スプレッドはブレード口座の方が狭くなりやすいので、スキャルピングや取引量の多い自動売買におすすめです!

商品ごとのスプレッド一覧

商品ごとに平均スプレッドをまとめました。

株価CFDと仮想通貨銘柄は、平均スプレッドが公開されていないのでMT4で確認しました。

スプレッドの見方

  • タイタンFX公表の平均値(株価指数と仮想通貨はMT4の実測値)
  • MT4の確認時間は平日13時頃
  • 単位はpips
  • ブレード口座は手数料を含まない数値(実質は+0.7pips)

平均スプレッドは、実測値と大きな差はなかったです。

タイタンFXブレード口座のスプレッド(主要通貨ペア)

(ブレード口座の主要通貨ペア)

主要通貨ペア

主要なドルストレートと、クロス円です。

左がスタンダード口座、右がブレード口座です(単位はpips)。

  • ユーロドル:1.2、0.2
  • ポンドドル:1.57、0.57
  • ドル円:1.33、0.33
  • ユーロ円:1.74、0.74
  • 豪ドル円:2.12、1.12
  • ポンド円:2.45、1.45

貴金属

ゴールド、シルバー、プラチナ、パラジウムです。

左がスタンダード口座、右がブレード口座です(単位はpips)。

  • XAU/EUR:2.39、2.27
  • XAU/USD:2.23、2.11
  • XAU/AUD:2.72、2.60
  • XAU/CHF:3.30、3.18
  • XAU/GBP:2.75、2.63
  • XAU/JPY:3.02、2.90
  • XAG/EUR:2.73、2.61
  • XAG/USD:2.13、2.01
  • XAG/AUD:1.74、1.62
  • XPD/USD:30.12、30
  • XPT/USD:30.12、30

ゴールドはスプレッドが狭めなので、コスパよく取引できます!

(参考)ゴールドの取引条件

エネルギー

原油(ブレント、WTI)です。

左がスタンダード口座、右がブレード口座です(単位はpips)。

  • XBRUSD:0.71、0.59
  • XTIUSD:0.69、0.57
  • UKOUSD:0.71、0.59
  • USOUSD:0.69、0.57

株価指数(インデックス)

株価指数は平均スプレッドが公開されていないので、主な銘柄をMT4で実測しました。

左がスタンダード口座、右がブレード口座です(単位はpips)。

  • JP225(日経平均):9.2、8.0
  • US100(ナスダック)2.2:、1.0
  • S&P500:1.5、3.0
  • US30(ダウ平均):3.6、2.4
  • UK100(イギリス):4.6、3.0
  • HK50(香港):4.8、3.6
  • VIX(恐怖指数):1.9、0.7

仮想通貨(ビットコイン)

ビットコインとアルトコインが取引できます。

取り扱う暗号資産

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ステラ
  • バイナンスコイン
  • ポルカドット
  • イオス
  • リンクチェーン
  • ユニスワップ
  • テゾス
  • 参考:仮想通貨の取引条件

平均スプレッドは公開されていないので、MT4で主要銘柄を確認しました。

  • BTCJPY:460、400
  • BTCUSD:410、350
  • BCHJPY:14.、14
  • BCHUSD:13、13
  • ETHJPY:117、116
  • ETHUSD:114、113
  • LTCJPY:11、11
  • LTCUSD:11、11
  • XRPJPY:1.6、1.6
  • XRPUSD:1.5、1.5

XMとのスプレッド比較

海外FX業者の代表格・XM(エックスエム)も公式ページで平均スプレッドを公開しています。

(参考)XMのスプレッド一覧

同じ種類の口座別に、タイタンFXと平均値を比べてみます。まずはスタンダード口座です。

スタンダード口座 タイタンFX XM
ユーロドル 1.2 1.7
ドル円 1.3 1.6
ポンドドル 1.6 2.4
ユーロ円 1.7 2.3
豪ドル円 2.1 3.3
ポンド円 2.5 3.6

XMにはポイント還元プログラムがあるため、スタンダードとマイクロ口座のスプレッドは0.33〜0.67pips狭くなります。

(参考)ポイントプログラムについて

間を取ってXMが0.5pips狭くなる計算ですと、全体的にタイタンFXの方が有利です(ドル円以外)。

次にスプレッドが狭いゼロ口座です。取引手数料を加えた数値で比べます(XMは+1.0pips)。

ゼロ口座 タイタンFX XM
ユーロドル 0.9 1.1
ドル円 1.0 1.1
ポンドドル 1.3 1.3
ユーロ円 1.4 1.4
豪ドル円 1.8 2.2
ポンド円 2.2 2.2

若干ですが、タイタンFXに軍配が上がっています。

スプレッドが広がりやすい時間帯

タイタンFXは注文処理能力に定評があるので、狭いスプレッドを実現しています。

処理能力が高い理由

  • 通信が速い(光ファイバー接続)
  • ベストな市場価格(最先端の発注アルゴリズム)
  • サーバーが好立地(世界金融の中心ニューヨーク)
  • 参考:スキャルピング向きの理由

ですが取引量の少ない時間帯(早朝や週明け)や、取引量が大きく変動する時(指標発表時など)は、他の海外FX会社と同じくスプレッドが広がる可能性があります。

取引コストを抑えるなら週末でポジションを決済したり、週明けに持ち直すのも有効です。

まとめ

タイタンFXのスプレッドは優秀だと思います。平均値は狭く、取引手数料も業界最安水準です。また数値だけではなく、見せ方もやさしいと思いました。

海外FX業者のリアルタイムスプレッドは、一覧で数値が随時変わる表示が一般的です。そのため目がチカチカして、数字が見にくい印象がありました。

ですがタイタンFXはリフレッシュボタンを押して、選んだ商品だけを確認できるので分かりやすいです(トップページに表示)。

現状でも十分見やすいですが、さらに改良中という姿勢も好きです(トレーダーの利便性向上に本気)。スプレッドで選ぶなら、最適な業者だと思います。

(公式)タイタンFX

他には取引手数料無料(ECN口座)の業者もいるので、こちらの記事にまとめました。

(参考)スプレッドの比較まとめ

-Titan FX:タイタンFX

© 2022 ソトFX