AXIORY:アキシオリー

AXIORYのスプレッド一覧と比較(口座と他社)

AXIORY(アキシオリー)は、リアルタイムスプレッドを公式ページで公開しています。

取扱商品の一覧

  • 通貨ペア(ユーロドルは0pipsの時もあります)
  • 貴金属、エネルギー
  • 株価指数、個別株
  • ETF(上場投資信託)
  • 詳細:公式ページはこちら

平均スプレッドは、現在公開していません(スタッフに確認しました)。

アキシオリーは平均スプレッド非公開(リアルタイムのみ)

(スタッフの回答内容)

そのため実際にMT4でスプレッドを確認して、商品ごとに一覧にしました。

大手海外FX会社のXM(エックスエム)と比較したところ、スプレッドはアキシオリーが優勢でした。

口座タイプのスプレッドと取引手数料

AXIORYには、3つの口座タイプがあります。

口座タイプ

  • スタンダード口座
    取引手数料:無料
    スプレッド:通常
  • ナノスプレッド口座
    取引手数料:往復6ドル/ロット
    スプレッド:狭い
  • テラ口座
    ナノスプレッド口座のMT5版

スタンダード口座でも狭いスプレッドを自負していますが、ナノスプレッド口座(テラ口座)はさらに狭いです。その代わり取引手数料が発生します。

1ロット=10万通貨なので、ナノスプレッド口座の実質スプレッドは+0.6pipsです。

取引方法はスタンダード口座がSTP、ナノスプレッドとテラ口座がECNです。取引方法については、こちらの記事を参考ください。

(参考)STPとECNについて

MT4(MT5)とcTraderの表示方法

アキシオリーはMT4とMT5に加えて、cTraderも使えます。

cTraderは株のように板情報が見れるので、売買タイミングやトレンド転換を見極めやすいです。また使える海外FX業者は、全体の10%程度で貴重です(30社ほど調査)。

(詳細)cTraderの使い方と板情報

MT4とMT5アプリは気配値メニューで、スプレッドが通貨ペアごとに表示されます。パソコン版も気配値で右クリックをして、スプレッドにチェックを入れて見れます。

cTraderのスプレッド(アキシオリー )

cTraderも新規注文画面で、そのまま確認できます。

*早朝や週明けは取引量が少なく、スプレッドが広がる可能性もあります。

スプレッドの一覧

商品ごとにスプレッドを一覧にします(通貨ペアとCFD)。

スプレッドの見方

  • リアルタイム値(計測は平日13時頃)
  • 単位はpips
  • 手数料は含まない
  • ナノスプレッド口座の実質手数料は+0.6pips(往復1ロット分)

主要通貨ペア

主要なドルストレートと、クロス円です。

左がスタンダード口座、右がナノスプレッド口座です(単位はpips)。

  • ユーロドル:1.1、0.1
  • ポンドドル:2.9、2.6
  • ドル円:1.6、0.6
  • ユーロ円:1.5、0.5
  • 豪ドル円:2.2、1.0
  • ポンド円:5.3、4.4

ユーロドルは、ゼロスプレッド(0pips)も確認できました。

やはりスプレッドは、ナノスプレッド(テラ)口座の方が狭い傾向にあります。

クロス円

クロス円の一覧です(マイナー含む)。

左がスタンダード口座、右がナノスプレッド口座です(単位はpips)。

  • CADJPY(カナダ):4.8、3.7
  • NZDJPY(ニュージーランド):3.2、2.0
  • CHFJPY(スイス):5.9、4.8
  • SGDJPY(シンガポール):7.8、6.8
  • TRYJPY(トルコリラ):16.3、15.3
  • ZARJPY(南アフリカランド):7.0、6.0

貴金属

ゴールド、シルバー、プラチナ、パラジウムです。

左がスタンダード口座、右がナノスプレッド口座です(単位はpips)。

  • XAUUSD:6.5、4.5
  • XAGUSD:3.8、1.8
  • XPTUSD:73.3、73.3
  • XPDUSD:339.6、339.6

エネルギー

原油と天然ガスです。

左がスタンダード口座、右がナノスプレッド口座です(単位はpips)。

  • CL:5.8、5.8
  • CL.i:5.8、5.8
  • BRENT:6.0、6.0
  • BRENT.i:6.0、6.0
  • NGAS:2.5、2.5

株価指数

株価指数(インデックス)です。

左がスタンダード口座、右がナノスプレッド口座です(単位はpips)。

  • NIKKEI(日経平均):8.0、7.0
  • DOW(ダウ平均):7.6、6.6
  • NSDQ(ナスダック):1.9、1.8
  • SP(S&P500):0.6、0.5
  • FTSE(イギリス):7.6、7.4
  • STOXX50(ユーロストックス):2.6、2.4
  • DAX(ドイツ):9.3、9.2
  • CAC(フランス):2.3、2.1
  • ASX(オーストラリア):2.7、2.3
  • HK50(香港ハンセン):5.4、5.1

XMとスプレッドを比較

海外FXの代名詞・XM(エックスエム)と、主要銘柄のスプレッドを比較します。

*平日13時頃にMT4で確認

XMもアキシオリーと同じく、取引手数料の有無で口座タイプが分かれます。そのため口座の種類ごとに、スプレッドを比較します。

XMの口座タイプ

  • スタンダード口座
    取引手数料無料
  • ゼロ口座
    スプレッドが狭い(取引手数料は往復10ドル/ロット)
  • 詳細:XMのスプレッド一覧

スタンダード口座

取引手数料無料の、スタンダード口座です(単位はpips)。

アキシオリー XM
ユーロドル 1.1 1.9
ドル円 1.6 1.8
ポンドドル 2.9 2.0
ユーロ円 1.5 2.6
豪ドル円 2.2 3.8
ポンド円 5.3 6.4
ゴールド 6.5 3.7

ポンドドルとゴールドを除いて、アキシオリーの方が狭かったです。

ナノスプレッド口座とゼロ口座

スプレッドが狭い口座です(単位はpips)。

アキシオリー XM
ユーロドル 0.1 0.8
ドル円 0.6 0.1
ポンドドル 2.6 2.5
ユーロ円 0.5 0.8
豪ドル円 1.0 1.6
ポンド円 4.4 3.6
ゴールド 4.5 2.3
取引手数料 +0.6 +1.0

スタンダード口座よりは、差が少なくなりました。変わらずゴールドは、XMの方が狭いです。

(参考)XMのゴールド取引条件

まとめ

アキシオリーはスプレッドに加えて、約定スピードとスリッページの統計データも公開しています。

そしてMT5用のテラ口座を新たに作ったり、国内銀行振込にいち早く対応もしています。

このオープンでトレーダーに寄り添う姿勢は、信用できますし好感が持てます。

さらに禁止行為がないので、両建て・スキャルピング・自動売買も自由です!口座は複数作れるので、口座タイプや取引ツールで使い分けもできます。

(公式)口座開設フォーム

取引手数料無料や、0pips〜で安定スプレッドの海外FX業者もいるので、合わせて参考ください。

(参考)スプレッドの業者比較

-AXIORY:アキシオリー

© 2022 ソトFX