AXIORY:アキシオリー

AXIORYのスプレッド一覧(リアルタイムで公開中)

AXIORYのリアルタイムスプレッド一覧

AXIORY(アキシオリー)は、リアルタイムスプレッドを公式ページで公開しています。FX(通貨ペア)の一覧表は、こちらのページを確認ください。

(公式)FXのスプレッド一覧

そしてCFDの最新スプレッドも公開中です(取扱商品で選べます)。

CFDの対象銘柄

平均スプレッドは、現在公開していません(スタッフに確認しました)。

スタンダード(STP)とナノスプレッド口座(ECN)

AXIORYには、2つの口座タイプがあります。

口座タイプ

  • スタンダード(STP)
    取引手数料なしの定番口座
  • ナノスプレッド(ECN)
    スプレッドが狭い特別口座(取引手数料が往復6ドル/ロット)

スタンダード口座でも狭いスプレッドを自負していますが、ナノスプレッド口座はさらに狭いです。その代わり取引手数料が発生します。

1ロット=10万通貨なので、ナノスプレッド口座の実質スプレッドは+0.6pipsになります。

STPとECNは、取引方法の違いです。詳細はこちらの記事を参考ください。

(参考)STPとECNについて

MT4とcTraderの表示方法

AXIORYは世界的な取引ツールのMT4に加えて、cTraderも使えます。cTraderは株でおなじみの板情報が見れるので、売買のタイミングやトレンド転換の見極めに有効です。

またcTraderが使える海外FX業者は、全体の10%程度なので貴重です(30社ほど調べた中で)。詳細はこちらの記事にまとめました。

(詳細)cTraderの使い方と板情報

MT4アプリは気配値メニューで、スプレッドが通貨ペアごとに表示されます。パソコン版も気配値で右クリックをして、スプレッドにチェックを入れて見れます。

cTraderのスプレッド(アキシオリー )

cTraderも新規注文画面で、そのまま確認できます。

まとめ

AXIORYはリアルタイム値が公式サイトで見れるので、分かりやすいです。最新値を非公開の海外FX会社では、MT4などのプラットフォームにログインして確認する必要があります。

さらに平均値を公開する業者では、算出期間と更新頻度をチェックする手間もかかります。中には参考値だからと、教えてくれないところもありました。

AXIORYは1アカウントで10口座まで作れます(10口座以上は申請ごとに審査あり)。ですので好みに合わせて、口座タイプと取引ツールを使い分けできます。

-AXIORY:アキシオリー

© 2020 ソトFX