AXIORY:アキシオリー

AXIORYのスワップポイント一覧とFXランキング

AXIORY(アキシオリー)は公式ページで、スワップポイント一覧を公開しています。商品ごとに、スプレッドと一緒に見れます。

スワップポイント一覧

  • FX(60以上の通貨ペア)
    一覧表はこちら
  • 株価指数(日経平均など)
    一覧表はこちら
  • エネルギー(原油など)
    →取扱商品メニューから選べます
  • 貴金属(ゴールドなど)
    →取扱商品メニューから選べます

ユーロ/トルコリラ(EURTRY)は、毎日3,000円弱もらえます(売りポジションでスワップポイントランキング1位の通貨ペア)。

ただし高金利通貨はスプレッドも広いので、コストを把握して利益が生まれる日数を計算するようにしています。

通貨ペアランキングトップ5

商品の中でFXのスワップポイントが最も高いので、通貨ペアのトップ5をポジション別にまとめました。

スワップポイントの値ではなく、円換算した金額でランキングにしました。取引単位は1ロット=10万通貨で、金額は1日あたりです。

売りポジショントップ5

  1. ユーロ/トルコリラ(EURTRY)
    2872.95円(215.93)
  2. 米ドル/トルコリラ(USDTRY)
    2488.43円(187.03)
  3. スイスフラン/南アフリカランド(CHFZAR)
    1384.85円(216.45)
  4. ユーロ/南アフリカランド(EURZAR)
    1318.31円(206.05)
  5. ポンド/南アフリカランド(GBPZAR)
    1212.10円(189.45)

上位はトルコリラとアフリカランドの通貨ペアが占め、次にメキシコペソとロシアルーブルが並んでいました。

買いポジショントップ5

  1. トルコリラ/円(TRYJPY)
    262.40円(2.624)
  2. 南アフリカランド/円(ZARJPY)
    63.20円(0.632)
  3. 米ドル/スイスフラン(USDCHF)
    46.12円(0.4)
  4. 豪ドル/スイスフラン(AUDCHF)
    35.74円(0.31)
  5. ノルウェークローネ/スウェーデンクローナ(NOKSEK)
    16.73円(1.4)

買いはマイナススワップの通貨ペアが多く、プラスでも金額が小さいです。海外FX業者のスワップポイントは、売りが高く買いが低い傾向があります。

便利なスワップ計算ツール

アキシオリーには「計算ツール」があり、スワップポイントも簡単に金額が分かります。

アキシオリーのスワップ計算ツール

口座通貨、通貨ペア、ロット数を入力して「計算する」をタップすると表示されます。

スワップポイントは金利差の調整分なので、金額は「スワップポイント×取引数量×現在の価格」で求められます。

計算ツールがあると外貨同士の通貨ペアでも、すぐに日本円で金額が分かって便利です。

スプレッド分を回収する日数を把握

スワップポイントが高いのは、高金利の通貨ペアです。取引量が少ないため、スプレッドが広く実質コストが上がります

スプレッドは注文時にかかるので、最初は赤字です。そのため利益に変わる期間を把握するようにしています。

ランキング1位のユーロ/トルコリラ(EURTRY)でシミュレーションしてみます。

利益が出るまでの期間を計算

  • ユーロ/トルコリラ(EURTRY)
  • 現在のスプレッド:87.4pips
  • スワップポイント:2872.95円/日
  • スプレッド分のコスト:11,626円
  • 利益転換日:5日目

スプレッド分の金額換算は、計算ツールの「ピップ値」を使うとすぐに分かります。そしてスプレッドは公式サイトで、リアルタイム値が公開されています。

両建てはおすすめしない

同じ商品(通貨ペア)の買いと売りのスワップ合計は、基本マイナスになります。つまり両建てをすると赤字です。

理由は、FX会社の手数料です。

海外FX業者の主な利益はスプレッドなので、取引が増えるほど売上が上がります。両建ては取引回数が少ないため、マイナススワップでスプレッド分を補っています。

アキシオリーも例外なく、同じ銘柄の合計値はマイナスです(私が見た限り)。

ただしアキシオリーは両建てに制限がありません。口座間や業者間の取引も可能なので、裁量トレードやEA(自動売買)で役立ちます。

付与される時間ともらい方

スワップポイントは、日本時間の午前7時にもらえます。(夏時間は6時)。この時間にポジションを持っていれば付与対象になり、基本1時間以内に口座に反映されます。

*夏時間は4〜10月、冬時間は11〜3月が目安です。

未決済のポジションはニューヨーク市場が閉まる時に、翌日に繰り越されます。この繰越を「ロールオーバー」と呼び、スワップポイントが加算されます。

例えば月曜日分のスワップは、火曜日の午前7時にもらえます(冬時間の場合)。

そして毎週水曜日は「トリプルデー」と呼ばれ、3倍付与されます。理由は土日が取引時間外で処理されないため、特定の曜日にまとめて付与するからです。

3倍付与の注意点

水曜日(木曜日の午前7時)の時点でポジションを保有していないと、その週の土曜日と日曜日のスワップポイントは発生しません。

週末をまたいでポジションを持つだけではダメなので、ご注意ください。

トリプルデーは水曜日が一般的ですが、中には別の曜日に設定するFX会社もあります。

まとめ

アキシオリーのスワップポイントは、海外FX業者として一般的な内容に感じます。

そのため金額が大きい通貨ペアを持ち、相場リスクとスプレッドに注意しながら稼ぐセオリーで問題ないです。

両建ては基本赤字になりますが、取引に制限がないのでスキャルピングや自動売買で本領発揮してくれます。

個人的にスワップポイントのうまみは、両建てによる安定的な毎日のお小遣いです。そのため無理に取り組まず、裁量トレードで攻めるのも有効だと思います。

-AXIORY:アキシオリー

© 2020 ソトFX