海外FXのおすすめ比較

仮想通貨取引(ビットコインFX)対応の海外FX業者

2020年5月12日

ビットコインなどの仮想通貨は、レバレッジをかけた証拠金取引もできます。調べた中で半数以上の海外FX業者が、仮想通貨取引に対応しています。

海外FX業者を使うメリット

  • 国内の取引所よりレバレッジが高い
  • 取引手数料は基本無料
  • 借金のリスクなし(ゼロカットシステム)

値動きが激しい仮想通貨を、借金の心配なく少額から大きな利益を狙えます!取引ツールは、MT4やMT5が主流です。

レバレッジは国内取引所より高い

海外FXの最高レバレッジは平均500倍ですが、仮想通貨取引は5〜20倍が相場です。そんな中easyMarketsは50倍、Exnessは100倍(ビットコイン以外は20倍)です。

easyMarkets(イージーマーケット)は、損失が出た取引をキャンセルできる独自機能があります。さらにスリッページなし、固定スプレッドで明朗会計です。

詳細はこちらの専用記事を参考ください。

損失が出た取引をキャンセルできる機能
easyMarketsの口座開設・入金ボーナスと独自機能

easyMarkets(イージーマーケット)には、口座開設ボーナスがありません(キャンペーンを除く)。その代わり、初回入金ボーナスがもらえます。 初回入金額とボーナス付与率 100〜199ドル:30% ...

続きを見る

Exness(エクスネス)はスワップフリーなので、スワップポイントを気にしたくない人におすすめです。さらにレバレッジ制限なしも可能です!

Exnessはレバレッジ制限なし
レバレッジ制限なし!Exness(エクスネス)の日本口座開設

Exness(エクスネス)は、レバレッジ制限なしも可能です。取引ツールでMT4を選び、口座残高が999ドル以下の時に上限が無くなります。 レバレッジ無制限の海外FX業者は、現状Exnessしか知りませ ...

続きを見る

国内取引所のレバレッジは、4倍に自主規制されています(bitFlyer、DMM Bitcoin、GMOコイン、Liquidなど)。

さらに金融庁は、仮想通貨取引のレバレッジを2倍までにする方針を固めています。

(参考)日経新聞の金融庁記事

そのため少額から大きな利益を狙うなら、海外FX業者の方が稼ぎやすいです。

取引手数料は基本無料

仮想通貨取引の手数料は、基本無料です。海外FX業者の主な利益はスプレッドなので、追加で手数料を取る必要がないからです。

取引手数料無料の業者

  • Exness
  • easyMarkets
  • FX Giants
  • FxPro
  • Traders Trust
  • IFC Markets
  • IronFX
  • FXCC
  • FXDD

取引手数料がかかる業者もいます。その代わり専用口座を用意して、スプレッドを狭くするなどの対応をしてくれます。

取引手数料がかかる業者

  • BigBoss:片道0.2%
  • HotForex:往復1.0ドル
  • FXGT:0.2〜5.0%

手数料無料はありがたいですが、その分スプレッドが広ければコストは増えます。手数料=悪ではないので、取引する業者で確認しましょう。

主な通貨ペアと珍しいアルトコイン

取引通貨はビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュが主流です。そして対象のペア通貨はドル、ユーロ、円が一般的です。

仮想通貨取引(ビットコインFX)ができる海外FX業者

中には珍しいアルトコイン(ビットコイン以外)を扱う業者もいます。

取引業者と珍しいアルトコイン

  • HotForex
    バイナンスコイン(BNB)、イオス(EOS)、ステラルーメン(XLM)、モネロ(XMR)
  • IronFX
    アイオタ(MIOTA)、イオス(EOS)
  • FXCC
    ダッシュ(DASH)

IronFX(アイアンFX)は、独自の仮想通貨取引プラットフォーム「IronX」を持っています。追加資金を無制限にもらえるので、本格的な仮想通貨取引を最大限楽しめます!

追加資金(ボーナス)については、こちらの関連記事を参考ください。

ironfxのボーナス申請
IronFXのボーナスの種類・もらい方と出金シミュレーション

IronFXは、500ドル以上の入金に対してボーナスがもらえます。ボーナスは証拠金として取引に使えるので、追加資金になります。 ボーナスプランの種類 シェアボーナス 入金額の100%を何度でも無制限 ...

続きを見る

まとめ

国内大手の仮想通貨取引所・bitFlyer(ビットフライヤー)は、証拠金取引(Lightning FX)を制限しています。

2020年5月1日に金融商品取引法が改正されて、証拠金取引の提供に「第一種金融商品取引業」の登録が必要になったからです。

4月30日までに本人確認が完了していない利用者と、5月1日以降に新規登録した人は免許取得まで取引できません。

大手取引所のLiquid by QUOINEも、同様の対応をしています。

海外のFX業者は、借金のリスクなしで少額から投資できます。もしロスカットが機能せずに口座残高がマイナスになっても、ゼロに戻してくれる「ゼロカットシステム」があるからです。

海外fxのロスカットとゼロカット
借金の心配なし!海外FXのロスカットとゼロカットシステム

FXはレバレッジを使うことで、資金以上の取引ができます。しかしその分、損失を生むリスクも増えます。 トレーダーの大きな損失を未然に防ぐために、FX業者は「追加証拠金」と「ロスカット」という救済処置を用 ...

続きを見る

今回登場した海外FX会社の特徴は、こちらの一覧ページも参考ください。

(詳細)海外FX会社の一覧

借金の心配なく、仮想通貨のハイレバレッジトレードを楽しんでください!

-海外FXのおすすめ比較

© 2020 ソトFX