FBS

FBSの暗号資産取引(ビットコインFX)を解説

FBSはビットコインや、旬のアルトコインを100種類以上取引できます。

暗号資産取引の特徴

  • 対象口座はMT5とクリプト(仮想通貨専用)
  • 最大レバレッジは5倍(通貨ペアは3,000倍)
  • 1回の取引量は0.01~500ロット(最大ポジション数は200)
  • 取引時間はほぼ24時間(土日も可能)
  • スプレッドはゼロ固定や狭い口座あり
  • スキャルピングと自動売買は自由
  • スワップポイントは基本マイナス(口座間の両建ては禁止)

口座は複数作れるので、銘柄や取引スタイルで使い分けができます。

(公式)FBS

仮想通貨の取引条件

fbsの暗号資産取引

仮想通貨取引についてまとめます。

  • 対象口座と通貨ペア
  • レバレッジ
  • 取引量と取引時間
  • スプレッドと取引手数料
  • 取引制限について
  • スワップポイント

対象口座と取り扱い通貨ペア

仮想通貨ペアは、MT5口座とクリプト口座で取引できます。

口座タイプと取り扱いペア

  • MT5口座(クリプト口座以外)
    ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュ
    米ドル、豪ドル、ユーロ、ポンドドル、ニュージーランドドル、スイスフラン
  • クリプト口座
    より多くのアルトコインと通貨ペアに対応

FBSの取引ツールはMT4とMT5で、仮想通貨ペアはMT5でトレードします(クリプト口座はMT5のみ)。

(参考)MT5のダウンロード方法

口座は複数作れて、後からいつでも追加できます。

(参考)口座タイプと開設手順

レバレッジ

暗号資産取引の最大レバレッジは5倍です。

仮想通貨はまだ値動きが激しいため、大きな損失リスク(ロスカット)を回避するために、上限が制限されています。

FBSはハイレバ海外FX業者の元祖で、通貨ペアは最大3,000倍です。

(参考)レバレッジの制限ルール

取引量と取引時間

1回の取引量は0.01~500ロットです。

そして口座あたりの最大ポジション数は200です。

取引時間は土日も可能で、ほぼ24時間対応です(日曜日の一部時間帯以外)。

FBSの仮想通貨取引時間

(ビットコインペアの取引時間@MT5アプリ)

スプレッドと取引手数料

スプレッドは変動するので、参考値をシェアします(平日13時頃に測定)

  • BTCUSD:74.8ドル
  • ETHUSD:4.0ドル
  • LTCUSD:2.0ドル
  • XRPUSD:0.033ドル
  • BCHUSD:3.6ドル

fbsの暗号資産ペアスプレッド

(仮想通貨ペアのスプレッド一覧)

スプレッドは口座タイプで変わるので、取引スタイルに合わせて選べます(ゼロ固定や狭いECN口座)。

(詳細)スプレッドの一覧

スキャルピングと自動売買

FBSはストップレベル0です。

*ストップレベルは、指値注文で現在値から離す値幅のことです。数値が小さい方が自由な価格で取引できるので、スキャルピング向きです。

スキャルピングや自動売買に取引制限もないので、自由にトレードできます!

スワップポイント

スワップポイントの一覧です(USDペア)。

左が買い、右が売りポジションで単位はポイント(1ポイント= 0.1pips)。小数点以下は切り捨て。

  • BTCUSD:-1373、-742
  • ETHUSD:-42、-21
  • LTCUSD:-59、-27
  • XRPUSD:-47、-11
  • BCHUSD:-211、-118

スワップポイントは基本マイナスで、口座間の両建ても禁止です。数値も相場より低いので、プラス値などの海外FX業者を使う方がおすすめです。

まとめ

FBSは取引できる銘柄とペア数が豊富なので、人気のアルトコイントレードを楽しめます。

口座開設と入金でボーナスがもらえて、取引するほどキャッシュバックも付きます!

(詳細)ボーナスプラン解説

口座は複数作れて、後からマイページで追加できます。

(公式)口座開設ページ

仮想通貨取引におすすめの、魅力的な海外FX業者はこちらの記事にまとめました(ハイレバ、プラススワップ、1,000万円以上のボーナスなど)

(参考)海外FXの暗号資産取引

-FBS

© 2022 ソトFX