FBS

FBSの自動売買対応・メリットとEAの設定方法

FBSは自動売買の取引制限がないので、自由にEA(自動売買ソフト)を稼動できます。

FBSは自動売買(EA)に取引制限なし

(スタッフに確認しました)

ただしアービトラージ(裁定取引)だけ禁止されているので、ペナルティに注意ください。禁止行為の詳細は、こちらのスキャルピング記事を参考ください。

(参考)スキャルピング向きの理由

口座間の両建てはOKなので、複数口座の自動売買も安心です(意図せず両建てになっても問題なし)。

そしてFBSはVPS(仮想専用サーバー)も使えるので、ほったらかしで自動売買もできます。

VPSはハイスペック&無料も可能

FBSは月額33ドルでVPSサービスを提供しています。ですが口座残高と取引量をクリアすれば、毎月無料で使えます!

VPSの無料条件

  • 450ドル以上の入金
  • 月3ロット以上の取引(1ロット=10万通貨)
  • (ECN口座の取引はカウント対象外)

サーバースペックはメモリ(4GB)、ディスク(60GB)と、海外FX業者の相場よりもハイスペックです。

世界的なクラウドプラットフォーマー・KAMATERA(カマテラ)がホストなので、納得のスペックです。

(詳細)VPSのスペックと始め方

スプレッドと取引手数料

FBSはスプレッド0固定や、狭いECN口座があります。

口座タイプとスプレッド

  • 取引手数料無料
    セント、スタンダード口座:通常スプレッド
    マイクロ口座:固定スプレッド
  • 取引手数料あり
    ゼロスプレッド:0pips(往復20ドル〜)
    ECN:特に狭い(往復6ドル/ロット)

主要通貨ペアは、ECN口座が基本狭かったです。

(詳細)スプレッド一覧と比較

EAの設定方法

EAは、MT4またはMT5をダウンロードして設定します。

EAの設定手順

  1. 口座を開設する(複数OK)
    参考:口座開設の流れ
  2. MT4(MT5)をダウンロードする
    手順:MT4はこちら / MT5はこちら
  3. EAを導入して、自動売買を許可する
    詳細:EAの導入と設定手順

MT4(MT5)はパソコン(WindowsとMac)、アプリ(iOSとAndroid)、ブラウザ(ウェブトレーダー)で問題なく使えます。

まとめ

FBSはハイレバで、登録特典も豊富です。

  • 最大レバレッジ3,000倍
  • ボーナス(登録&入金)とキャッシュバック付き

自動売買に限らず、少額資金で大勝ちを狙えます!(海外FXの醍醐味)

(公式)FBS

自動売買向きの海外FX業者は、他にもいます。

  • 取引手数料無料(ECN口座)
  • VPSが無料
  • レバレッジ無制限&ロスカットなし など

こちらの記事にまとめたので、合わせて参考ください。

(参考)自動売買向きの業者まとめ

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-FBS

© 2021 ソトFX