FBS

FBSのVPSサービスの無料条件とサーバースペック

FBSは、月額33ドルでVPSサービスを提供しています。ですが条件を満たせば、無料で使えます!

VPSの無料条件

  • 450ドル以上の入金
  • 月3ロット以上の取引(1ロット=10万通貨)
  • ただしECN口座とBTC/USDの取引はカウント対象外

月の取引量をクリアしている間は、無料で利用できます。3ロット以上取引しなかったら、翌月に月額費用が請求されます(口座から引かれる)。

*ECNはスプレッドが狭い口座のことです。FBSでは豊富な口座タイプが用意されています。

(参考)口座タイプと開設方法

VPSのサーバースペック

FBSのホスト(VPS提供会社)は、KAMATERA(カマテラ)です。

(公式)KAMATERA

KAMATERAは1995年に設立された、世界的なクラウドサービスプラットフォームです。

VPSのサーバースペック

  • メモリ(RAM):4GB
  • ディスク:60GB
  • CPU:2仮想コア
  • OS:Windows 2012

海外FX業者提供のVPSは、メモリ1〜2GB、ディスク10〜30GBで月額30ドルが相場です。そのためFBSのVPSは、高性能といえます。

VPSの申し込み手順とサーバーの選び方

VPSはアカウントにログインして、プロモーション→VPSサービスから申し込みます。

fbsのvps申し込み(入金)

450ドル以上の入金を済ませたら、サーバーの場所を選びます。

サーバーの場所は「現在地から近いところを選べば、物理的な距離が近く快適な取引になりやすい」とFBSのスタッフに教わりました。

(例)日本にいるなら東京のサーバー など

FBSは世界中にサーバーがあり、MT4(MT5)は自動的に一番速いところにつながります。そのためVPSを選ぶ時も、特に気にする必要はないそうです。

(例)FBS Real 8の場合はロンドン、シンガポール、アムステルダム、オランダ、カナダ、ニューヨーク など

fbsのサーバー場所(ロンドンやニューヨークなど)

(スタッフの回答内容)

サーバーを作成後、IPアドレス・ユーザーネーム・パスワードを使って、リモートデスクトップ接続でログインします。

まとめ

FBSのVPSサーバーは高性能の部類に入ります。

ですが月額料金が無料だったり、口座残高だけ満たせば無料で使える海外FX業者もいます(毎月の取引不要)。

こちらの記事にまとめたので、合わせて活用ください。

(参考)VPSの業者対応

FBSは自動売買に取引制限が特にないので、VPSでほっらかし運用に最適です。

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-FBS

© 2021 ソトFX