FBS

FBSの出金方法とルール。手数料と処理の反映時間

FBSの出金手数料は約100円〜で、申請の処理は即時〜数十分です。

出金方法(手数料と処理時間)

  • カード(クレジット、デビット、プリペイド)
    1ユーロ、15〜20分
  • bitwallet(ビットウォレット)
    金額の0.5%〜、即時
  • STICPAY(スティックペイ)
    金額の2.5%+0.3ドル、15〜20分
  • Perfect Money(パーフェクトマネー)
    金額の0.5%、15〜20分
  • BONSAI PAGAMENTOS
    日本語非対応のため省略

カードでの入金があればまずはカードへ同額を出金し、残りの利益は他のサービスで制限なく引き出せます

またトレーダーに損失を与えるような、意図的な出金拒否はありません。規約違反をしない限り、決済トラブルはサポートしてくれます。

まずはクレジットカードへ返金

カード(クレジット、デビット、プリペイド)を使って入金したら、まずは同じカードへ出金します。

fbsから三井住友visaカードへ出金(返金)

(カードへの出金完了履歴)

出金はキャンセル扱いとなり、入金額と同額が返金されます。入金分の返金が完了したら、他の決済方法で制限なく利益を引き出せます。

実際にカードへ返金する前にbitwalletへ出金申請をしたら、決済エラーになり「まずはカードへ申請してください」と案内をもらいました。

fbsの出金エラー(bitwallet)

(決済エラーの案内画面)

この順番は利用者に安全にお金を返すための、海外FX業者の定番ルールです。

カードの利用明細に入出金が反映されない時

今回は三井住友VISAカードを使いましたが、出金申請から2週間経っても利用明細に取引が反映されませんでした。

FBSのカスタマーに相談すると、「出金処理は完了しているので一度カード会社に確認してほしい」と言われました。

取引履歴を追跡できるARN番号(Acquirer's Reference Number)を教えてくれたので、カード会社に問い合わせました。

fbsから三井住友カードのarn番号をもらう

(もらったARN番号と取引情報)

三井住友カードは利用(入金)と返金(出金)が同じ締め日の場合、相殺されて利用明細に反映されないとのことでした(私は両取引が同月だったため該当)。

FX会社のキャンセル申請がカード会社で受理されるまで、一般的に1週間程度です。そのため「10日間過ぎても明細で確認できなければ、連絡ください」と案内する業者が多いです。

ウォレットは本人確認をしてから

bitwallet(ビットウォレット)やSTICPAY(スティックペイ)などのウォレットは、出金前に口座の本人確認をします。カード同様、トレーダーと安全なお金のやり取りをするためです。

bitwalletは口座名義とメールアドレスが分かる画面の、スクリーンショットを依頼されました。

fbsからbitwalletへ出金するときの口座確認

(確認画面の参考例)

画像を提出してから3時間ほどで、出金手続きの完了メールが届きました。

fbsからbitwalletへ出金完了

(無事に出金できました)

規約違反以外の出金拒否はなし

FBSはトレーダーに損害を与えるような、意図的な出金拒否をしません。もし規約違反以外で出金が拒否されたら、原因究明と出金をサポートすると回答をもらいました。

fBSは出金拒否なしとのメール回答

(スタッフの回答内容)

ですが規約違反の場合は、利益分の出金が拒否される可能性があります(入金分は可能)。

FBSは両建てに制限もないので、厳格な規約は現状感じていません。そのためFBSに悪意を持って損害を与えるような、行為をしなければ特別問題はないと思います。

まとめ

他の海外FX業者と同じく、カード返金をしてからウェブ決済サービスで利益を出金します。珍しく銀行振込に対応していませんが、ウォレット経由で銀行送金も可能です。

特にbitwalletはおすすめです。銀行への出金手数料は824円なので、海外送金(2,500円〜5,000円が相場)と比べてお得です。

カード会社に明細反映を確認した時は、今回はARN番号は聞かれませんでした。ですがFBSはこちらから依頼する前に、取引情報(番号を含めて)をシェアしてくれました。

海外サービスは勝手の違いから、ストレスがかかりやすいです。そのためこういったトレーダーの不安を先読みするような、配慮ある対応はありがたいと思います。

-FBS

© 2020 ソトFX