Milton Markets:ミルトンマーケッツ

ミルトンマーケッツのスプレッド一覧と口座比較

ミルトンマーケッツ(Milton Markets)は取引手数料無料で、口座ランクによってスプレッドが狭くなります。

口座ランクとスプレッド

  • フレックス(FLEX)
    スプレッド:1.5pips〜、最低入金額:1万円
  • スマート(SMART)
    スプレッド:0.8pips〜、最低入金額:3万円
  • エリート(ELITE)
    スプレッド:0.5pips〜、最低入金額:100万円
  • エリート+(ELITE+)
    スプレッド:0.2pips〜、最低入金額:1,000万円
  • 公式:ミルトンマーケッツ

1アカウントで、フレックスとスマート口座を1つずつ作れます。その後入金額を満たせば、アップグレードの申請ができます。

エリートとエリート+口座は初期設定で選べないので、今回はフレックスとスマート口座のスプレッドを調べました。

スプレッド一覧

商品ごとにスプレッドをまとめました。

スプレッドの見方

  • MT4の実測値(平日16時頃)
  • 単位はpips
  • フレックス口座とスマート口座が対象

ミルトンマーケッツのスプレッド(主要通貨ペア)

(MT4の銘柄一覧)

主要通貨ペア

主要なドルストレートと、クロス円です。

左がフレックス口座、右がスマート口座です(単位はpips)。

  • ユーロドル:1.8、1.1
  • ポンドドル:2.0、1.0
  • ドル円:1.7、1.2
  • ユーロ円:2.2、1.3
  • ポンド円:3.1、2.1
  • 豪ドル円:2.0、1.3

貴金属

ゴールドとシルバーです(プラチナとパラジウムは取り扱いなし)。

左がフレックス口座、右がスマート口座です(単位はpips)。

  • XAUUSD:3.8、2.8
  • XAGUSD:2.8、2.1
  • XPTUSD:ー、ー
  • XPDUSD:ー、ー

エネルギー(原油)

原油です。

左がフレックス口座、右がスマート口座です(単位はpips)。

  • BRENT:6.5、5.8
  • WTI:5.5、4.8

株価指数(インデックス)

主な株価指数です。

左がフレックス口座、右がスマート口座です(単位はpips)。

  • JP225(日経平均):180、180
  • US100(ナスダック):20.3、19.6
  • S&P500:11.3、10.6
  • US30(ダウ平均):25.5、24.8
  • UK100(イギリス):19.5、18.8

仮想通貨(ビットコインなど)

ビットコイン、イーサリアム、ライトコインのドルペアを扱っています。

左がフレックス口座、右がスマート口座です(単位はpips)。

  • BTCUSD:95ドル、95ドル
  • ETHUSD:6.5ドル、6.5ドル
  • LTCUSD:1.5ドル、1,3ドル

まとめ

今回調べた銘柄は、スマート口座の方がフレックス口座よりスプレッドが狭かったです。

つまりグレードが高い口座の方が、スプレッドは全体的に狭いということが確認できました。

そうなると最上位のエリート口座は、さらに狭いスプレッドが期待できます!

ミルトンマーケッツは取引条件が良いので、スキャルピングにもおすすめです。

  • 約定率100%(約定拒否なし)
  • スリッページなし(保証付き)
  • ストップレベルは0の銘柄が多い(自由な指値・逆指値)

スリッページ保証付きの海外FX業者は他に知らないので、大きなメリットだと思います!

(公式)口座開設ページ

他の海外FX業者と比べても、スプレッドは優秀です。

(参考)スプレッドの業者比較

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-Milton Markets:ミルトンマーケッツ

© 2021 ソトFX