Milton Markets:ミルトンマーケッツ

ミルトンマーケッツのレバレッジ制限と変更方法

ミルトンマーケッツ(Milton Markets)のレバレッジは、最大1,000倍で口座タイプごとに設定されています。

口座タイプの最大レバレッジ

スマート口座は、口座残高でレバレッジ制限がかかります(フレックスとエリート口座は規制なしです)。

またゴールド以外のCFD商品は、レバレッジが個別設定されているので一覧にしました。

レバレッジの変更は、マイページからいつでも手続きできます。

口座残高のレバレッジ制限

スマート口座のレバレッジは、口座残高で制限されます。

スマート口座の残高制限

  • 最大1,000倍:口座残高1,000ドルまで
  • 最大500倍:口座残高10,000ドルまで
  • 最大200倍:口座残高10,001ドル以上

フレックス口座とエリート口座は、口座残高の規制なしです。

口座の違いはレバレッジに加えて、最低入金額とスプレッドです。入金額が大きいほど、スプレッドが狭くなります。

(参考)口座とスプレッド

CFD商品の個別設定

ゴールドは口座のレバレッジが適用されますが、その他のCFD商品は個別で設定されています。

CFDの中には値動きが激しい銘柄もあり、レバレッジを制限することで大きな損失リスクを抑えるためです。

商品ごとに証拠金率(取引に必要な証拠金の割合)が設定されていて、例えば証拠金率が1%なら最大レバレッジは100倍です。

  • 必要証拠金=ロット数×契約サイズ×市場価格×証拠金率

証拠金率はMT4の仕様または、ミルトンマーケッツ公式サイトで確認できます(取扱商品のMargin(%))。

(公式)ミルトンマーケッツ

ミルトンマーケッツのCFDレバレッジ

(公式サイトの取扱銘柄一覧)

貴金属

ゴールドとシルバーです(プラチナとパラジウムは取り扱いなし)。

  • XAUUSD:口座設定を適用
  • XAGUSD:50倍

エネルギー(原油)

原油です。

  • BRENT:10倍
  • WTI:10倍

株価指数と株式銘柄

主な株価指数(インデックス)です。

  • JP225(日経平均):100倍
  • US100(ナスダック):100倍
  • S&P500:100倍
  • US30(ダウ平均):100倍
  • UK100(イギリス):100倍

個別の株式銘柄は10倍です。

仮想通貨(ビットコインなど)

ビットコイン、イーサリアム、ライトコインのドルペアです。

  • BTCUSD:10倍
  • ETHUSD:10倍
  • LTCUSD:10倍

レバレッジの変更方法

レバレッジの確認と変更は、マイページからできます。

ミルトンマーケッツのレバレッジ変更(口座アカウント)

口座の概要>口座番号をタップします。

マイページでレバレッジ変更

レバレッジ変更をタップして、新しいレバレッジを選んで送信します。申請が受理されて、手続きが完了するとメール案内が届きます。

平日の午前中に申請したら、数分で変更が完了しました。

変更できる最大レバレッジ

  • 1,000倍、800倍、500倍
  • 400倍、200倍、100倍
  • 50倍、10倍、1倍

まとめ

ミルトンマーケッツは取引条件がとても良いので、スキャルピングや自動売買にもおすすめです!

  • 約定率100%(約定拒否なし)
  • スリッページなし(保証付き)
  • 取引手数料は無料
  • スプレッドは狭くなる(口座ランクによって)
  • ストップレベルは0の銘柄が多い(自由な指値・逆指値)

フレックスとスマート口座は1つずつ開設できて、エリート口座にアップグレードできます。

(公式)口座開設フォーム

海外FX業者の最大レバレッジは500倍が相場なので、ミルトンマーケッツは2倍ほどコスパよく取引できます。

ですが中には、3,000倍やレバレッジ無制限の業者もいるのでこちらの記事を参考ください。

(参考)海外FXのレバレッジ比較

-Milton Markets:ミルトンマーケッツ

© 2021 ソトFX