IS6FX(旧is6com)

IS6FXのスプレッド一覧と比較。平均と実測も検証

IS6FXのスプレッドは、海外FX業者の平均レベルです。ですが取引手数料が無料なので、取引コストは安くなります!

そしてスプレッドは、口座の種類によって変わります。

スプレッドの特徴

  • プロ口座:スプレッド最狭
  • スタンダード口座:標準的(ボーナスあり)
  • マイクロ口座:やや広め(ハイレバ)
  • レバレッジ6,000倍口座:スタンダード口座と同水準

プロとレバレッジ6,000倍口座は、現在新規受付停止中です。

そのため今回は、スタンダード口座とマイクロ口座のスプレッドをMT4で確認しました。

公式サイトで平均値も公開されていますが、実測値と大きな差はありませんでした(取引条件と取引商品メニューで確認できます)。

(公式)IS6FX

口座タイプとスプレッドの違い

口座は4種類あり、プロ→スタンダード→マイクロ口座の順にスプレッドが狭いです。

*限定のレバレッジ6,000倍口座は、スタンダード口座と同じ水準です。

マイクロ スタンダード プロ レバレッジ6,000倍
最低入金額 50ドル 50ドル 1,000ドル 50ドル
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 400倍 6,000倍
ボーナス なし あり なし なし
自動売買 可能 可能 不可 不可

*現在プロ口座と、レバレッジ6,000倍口座は新規受付を停止しています。

プロ口座はスプレッド最小の代わりに、入金額が高く設定されています。そしてスタンダード口座はボーナスがもらえて、無料トレードもできるのでおすすめです。

(参考)ボーナスプランの内容

口座タイプの詳細な比較表は、公式サイトで確認できます(取引メニュー→口座タイプ)。

(公式)IS6FX

スプレッド一覧

IS6FXは公式サイトで、平均スプレッドを公開しています。実際にMT4で数値を確認しましたが、大きな差はなかったです。

IS6FXのスプレッド(MT4アプリ)

(.stdがスタンダード口座の銘柄)

そしてプロ口座とレバレッジ6,000倍口座は、現在新規口座開設ができません。

そのためこの記事では、マイクロ口座とスタンダード口座の平均値をまとめました(差があった銘柄は実測値も載せました)。

スプレッドの見方

  • 平均値(IS6FXが算出)
  • MT4の数値は平日昼頃に測定
  • 単位はpips
  • 通貨ペアは1ロット(10万通貨単位)
  • CFD商品は1契約の単位(個別設定)

主要通貨ペア

主要なドルストレートと、クロス円です。

左がマイクロ口座、右がスタンダード口座(単位はpips)。

  • ユーロドル:1.9、1.5
  • ポンドドル:3.1、2.4
  • ドル円:2.0、1.6
  • ユーロ円:2.9、2.3
  • ポンド円:3.9、3.1
  • 豪ドル円:3.7、2.9

貴金属

ゴールドとシルバーです。

左がマイクロ口座、右がスタンダード口座(単位はpips)。

  • XAU / USD:5.7、5.0
  • XAG / USD:5.8、4.8

IS6FXのスプレッド(ゴールドとシルバー)

(MT4の数値)

ゴールドの測定値は3.3pipsなので、平均値より狭い時もあります。

原油(エネルギー)

原油はどの口座も同じスプレッドです(単位はpips)。

  • Brent:0.9
  • WTI:0.9

株価指数(インデックス)

株価指数は、すべての口座で同じ条件です(単位はpips)。

  • JP225(日経平均):2.9
  • NASDAQ:23
  • S&P500:19
  • US30(ダウ平均):54
  • UK100(イギリス):38
  • DAX(ドイツ):45
  • HK50(香港):10.4

まとめ

口座は複数持てるので、スプレッドで使い分けもできます。

(公式)口座開設ページ

IS6FXは取引手数料無料ですが、スプレッドは標準レベルです。

もっと狭いスプレッドで勝負したり、仮想通貨(ビットコイン)も取引するなら他の海外FX業者も使ってみてください。

(参考)海外FXのスプレッド比較

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-IS6FX(旧is6com)

© 2021 ソトFX