海外FXのおすすめ比較

海外FX業者の南アフリカランド円とスワップポイント

2020年4月11日

南アフリカランド(ZAR)は、海外FXでも取引できます。25社調べた中でほぼすべての業者が、最低1つの通貨ペアを扱っていました。

主流な通貨ペアは円(JPY)、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)、ポンド(GBP)です。

南アフリカランドは政策金利が高いので、金利の低い円との通貨ペア・南アフリカランド円はスワップポイント狙いで人気があります。

またトルコリラやメキシコペソなど、他の高金利通貨と比べて円ペアを扱う業者が多いです。

そのため1日のスワップポイント利益を最大化するなら、両建てに使う業者選びがポイントになります。

スワップポイント利益の最大化

  • プラスの最大値+マイナスの最小値の業者を組み合わせる
  • 両方または片方を、両建てに制限のない業者を選ぶ

業者間の保有を禁止していない会社を選べば、安心して取引できます。

この記事では南アフリカランド円を取引できる海外FX会社と、その中で両建てが自由な業者をまとめました。

南アフリカランド円(ZAR/JPY)の対応業者

南アフリカランド円を取引できる海外FX業者です。

南アフリカランド円の対応業者

  • Titan FX(タイタンFX)
  • AXIORY(アキシオリー)
  • GemForex(ゲムフォレックス)
  • iFOREX(アイフォレックス)
  • FX Giants(FXジャイアンツ)
  • Exness(エクスネス)
  • easyMarkets(イージーマーケット)
  • FXDD
  • IFC Markets
  • HotForex(ホットフォレックス)
  • IS6FX
  • IronFX(アイアンFX)
  • FXCC

海外FXの代名詞「XM:エックスエム」は、米ドルとユーロペアのみです。

両建てが自由な業者とスワップポイント

スワップポイントは通貨の金利差から発生する利息なので、プラス(受け取り)とマイナス(支払い)があります。そしてFX会社によって、値は異なり変動もします。

そのためプラスの最高値とマイナスの最小値の業者を両建てすると、毎日の利益を最大にできます!

両建ては同じ通貨ペアと数量で、買いと売りポジションを両方持つことです。為替変動リスクもなくなるため、一石二鳥です。

ただしボーナスの不正利用防止などの理由で、口座間や業者間の両建てを禁止する会社もあります。そのため両方または片方に、両建てに制限のない業者を使うと安心です。

南アフリカランド円を扱う中で、両建てが自由な会社です。リンク先の公式ページや口座開設フォームから、無料登録できます。

両建てに制限のない業者

スワップポイントの最新値は、業者の公式サイトやMT4(MT5)などの取引ツールで確認できます。

南アフリカランド円のチャートと見通し

南アフリカランド円は新興国通貨の中で、比較的値動きが安定している通貨ペアです。2016年からは、特に底堅い動きをしています。

南アフリカランド円のチャート

新型コロナウイルスと利下げの影響で、2020年3月からは下落しています。ですが4月で底値が見えて、ロングトレンドに変わりつつあります。

そのため両建てをせずに、買いポジションを保有するのもアリだと思います。

ただし南アフリカ準備銀行(中央銀行)は利下げの余地を示唆しているので、損切り設定やレバレッジの調整で下落に備えておくと安心です。

相場を気にせずにのんびりお小遣いを貯めるなら、両建てをしましょう。

-海外FXのおすすめ比較

© 2020 ソトFX