自動売買・EA HotForex:ホットフォレックス

HotForexのコピートレード・HFcopy口座を使うメリット

2020年4月29日

HotForex(ホットフォレックス)は、コピートレードができる「HFcopy」口座があります。使うメリットは3つです。

HFcopyのメリット

  • 自分の口座を使える(入出金や取引)
  • いつでも出金できる(決済も可能)
  • リスク設定が可能(取引や資金配分)

コピートレード(ソーシャルトレード)は、自分が選んだトレーダーや売買プログラムの取引をそのまま行います。そのため仕組みによっては資金を運用者に預けたり、取引が終わるまで出金できないこともあります。

ですがHFcopyは自分の口座を使えて、出金制限がないです。さらに取引の何%をコピーするか、口座残高をどのくらい使うか?の設定もできます。

詳細はこちらの公式ページで確認できます。

(公式)HFcopyの説明ページ

MAM(マム)、PAMM(パム)との違い

MAMとPAMMは、海外FXでおなじみのコピートレードシステムです。

MAMは自分の口座で取引できますが、口座開設に紹介者が必要です(運用者の招待制)。PAMMは自分で口座開設できますが、運用者に資金を預けます。

HotForexもMAMとPAMMの口座がありますが、日本居住者は使えません。その代わりに、HFcopy口座が用意されています。

HFcopyは紹介不要で、自分の口座で資金管理できます。そのためMAMとPAMMの不安要素をなくした、いいとこ取りのサービスです。

ただMAMとPAMMは世界基準の仕組みなので、知っておいて損はないと思います。詳細はこちらの関連記事を参考ください。

mamとpamのストラテジー
MAM(マム)とPAMM(パム)口座を開設できる海外FX業者

MAM(マム)とPAMM(パム)は、投資信託のような仕組みです。プロトレーダーや、金融免許のある投資会社に運用をおまかせできます。 MAMとPAMMのメリット 丸投げできる(面倒な設定や準備なし) 利 ...

続きを見る

ストラテジープロバイダーの選び方

Hf copyのストラテジープロバイダー(プロトレーダー)

トレードをコピーする相手(ストラテジープロバイダー)は、☆マークでお気に入りに追加したり、フォローをタップしてコピーできます。

そして以下の項目で並び替えができます。

ストラテジープロバイダーの選び方

  • 利益(率)
  • 最大ドローダウン(資産の下落率)
  • フォロワー(利用者数)
  • 安定性スコア(稼働率や稼ぎ)
  • いつからアクティブ(運用期間)

個人的には利益が高く、アクティブ期間が長い人を選ぶようにしています。ドローダウンが大きくても安定性が低くても、長期間稼いでいれば問題ないからです。

口座開設から運用開始までの流れ

アカウント作成と口座開設から、取引開始までの手順です。

口座開設から運用までの流れ

  1. こちらの公式ページへ移動
  2. 「HFコピー口座開設」または「今すぐ参加」をタップ
  3. ライブ口座を開設(アカウント登録)
  4. 追加でHFコピー口座を作る
  5. ストラテジープロバイダー(運用者)を選ぶ
  6. 口座に入金をして運用スタート

すでに通常口座をお持ちの方は、会員ページの「HFコピー」→「フォロワー口座開設」から追加もできます。

まとめ

HFcopy口座は、稼いでいるトレーダーの取引をワンタップでコピーできます。招待や資金移動などの手間がなく、自由な出金とリスク管理で安心です。

公式ページからプロバイダー口座を作れば、運用者(コピーされる側)としても参加できます。トレードに自信がある人は、さらに収益を伸ばすチャンスです!

自社でコピートレードを提供する海外FX業者は貴重です。そして運用者は取引の利益から手数料をもらうので、投資家を勝たせることに本気です。

「裁量に自信がない」「稼ぐ手法を学びたい」人は、是非使ってみてください。

-自動売買・EA, HotForex:ホットフォレックス

© 2020 ソトFX