Exness:エクスネス

Exnessの評判・安全性・取引スペックを総まとめ

Exness(エクスネス)は、ハイレバ+低コストで取引できます。30社ほど海外FX業者を見てきましたが、トップクラスのハイスペックです!

エクスネスの特徴

  • レバレッジ無制限でロスカットなし
  • 0pips〜の安定スプレッド
  • スワップフリーで保有コストなし
  • スキャルピングも自由(禁止行為なし)
  • 自動売買も快適(VPSが無料で使える)
  • 公式:エクスネス

金融ライセンスを取得して、監査法人はデロイトトーマツ(業界最大手)です。資金も分別管理なので、安心して取引できます。

Exnessの安全性について

エクスネスは、2008年に設立された金融グループです。通貨ペア、貴金属、仮想通貨、エネルギー、インデックス(株価指数)などを幅広く扱っています。

実績と取り組み

  • 月間取引高:6,736億ドル(2020年12月)
  • トレーダー数:145,400人以上
  • 金融ライセンスを取得済み
  • 資金は分別管理(資金の3倍以上を保管)
  • 監査法人は業界最大手(デロイトトーマツ)

exnessの評判(会計報告)

(公式サイトの会計報告)

金融ライセンスは海外FX業者の定番

日本市場向けにエクスネスを運営するNymstar Limited社は、セーシェル共和国で金融ライセンスを取得しています(登録番号は8423606-1)。

証券会社として、金融庁(FSA)の承認を受けています(ライセンス番号はSD025)。

セーシェル共和国は、東アフリカ沖のインド洋に浮かぶ諸島です。日本で有名なXM(エックスエム)など、海外FX業者のライセンス取得国として一般的です。

そのため日本居住者がエクスネスを使って、取引をすることは合法です。

(参考)海外FX業者のライセンス国

トレーダーの資金は分別管理

トレーダーの資金は、ヨーロッパのメガバンクで分別管理されています。

エクスネスはトレーダーの資金を分別管理

(担当者のメール回答内容)

日本市場で賠償責任保険には加入していませんが、投資家から預かった資金の3倍以上を保管しています。そのため、資金の安全性は高いと判断しています。

海外FXでは分別管理で全額補償が一般的です(信託保全の業者も一部います)。

(詳細)海外FXの分別管理と信託保全

監査法人は業界最大手

エクスネスの監査法人は、デロイト・トウシュ・トーマツ社です。世界四大監査会社のひとつで、業界最大手です。

私も知人が働いていますが、問題なく信用できる機関です。

そして、会計報告を公式サイトで公開しています(当社について→会計報告メニュー)。財務実績を公表する業者は他に知らないので、透明性の高さが信頼できます。

(公式)エクスネス

Exnessの取引スペック解説

エクスネスの取引条件(スペック)は、業界トップクラスの高さです!

取引条件(スペック)

  • レバレッジ無制限でロスカットなし
  • 0pips〜の安定スプレッド
  • スワップフリーで保有コストなし
  • スキャルピングも自由(禁止行為なし)
  • 自動売買も快適(VPSが無料で使える)
  • 取扱商品が豊富(通貨ペア数など)
  • MT4とMT5がどちらも使える

レバレッジ無制限でロスカットなし

レバレッジは無制限で、ロスカットなしです(証拠金維持率0%)。

ポジション保有中も出金(資金移動)できるので、利益が出たら原資を抜いて負けないトレードもできます!

レバレッジは有効証拠金で制限されて、資金が少ないほどハイレバで勝負できます。

(参考)Exnessのレバレッジ制限ルール

そしてもちろんゼロカット対応なので、借金の心配もないです。自動処理なので、申請や入金不要で楽です。

(詳細)Exnessのゼロカット対応

スプレッドは0pips〜で安定

スプレッドの狭さは、業界トップクラスです。

特にゼロ口座は0pips〜で、メジャー通貨やゴールドが安定スプレッドです(変動幅が固定)。

そしてプロ口座は、手数料無料で即時約定です。スリッページがないので、約定力にこだわるなら重宝します。

公式サイトで公開している平均値は、MT4(MT5)の実測と大きな差はありませんでした。

(詳細)Exnessのスプレッド一覧

スワップポイントはゼロ銘柄あり

ゴールド、仮想通貨、株価指数、株式銘柄はスワップフリー(0pips)です。スワップコストがかからないので、中長期保有もおすすめです。

スワップポイントが高い銘柄は、こちらの記事にまとめました。

(参考)Exnessのスワップポイント

そしてエクスネスは取引制限がないので、両建ても自由です。

買いが高い業者と売りが低い業者で両建てをすれば、毎日プラススワップでお小遣いが貯まります。

(詳細)Exnessの両建てルール

スキャルピング向き(禁止行為なし)

エクスネスは禁止行為がないので、スキャルピングも自由です。

スキャルピング向きの理由

  • スプレッドが狭い
  • 約定率は100%(スタンダード口座)
  • プロ口座は即時約定(手数料無料)

ストップレベルは標準レベルです。ストップレベルは小さい方が、思い通りの価格で指値・逆指値ができます。

逆にストップレベルが広いことで損切りを逃れたり、利益を伸ばせる局面もあります。

(参考)Exnessのスキャルピング

自動売買も制限なし(VPSが無料)

取引制限がないので、MT4(MT5)でEA(自動売買ソフト)を自由に稼動できます。

そしてVPS(仮想専用サーバー)が無料です!口座残高(100ドル以上)と入金履歴(500ドル以上)の条件を満たせば、すぐに利用できます。

さらにソーシャルトレード(コピートレード)もできるので、自動売買以外の収益化も期待できます。

(詳細)Exnessの自動売買とソーシャルトレード

通貨ペア数が豊富

エクスネスでは、100種類以上の通貨ペアが取引できます。

主要海外FX業者の通貨ペア数

  • エクスネス:127
  • XM:57
  • タイタンFX:60
  • アキシオリー:60
  • トレードビュー:62
  • アイフォレックス:90
  • *通貨ペア数は変わることがあるので目安です

取扱商品が多いと、スワップポイントなどの計算ツールを使う時に便利です(他社の銘柄をカバーしているから)。

取引ツールはMT4とMT5が使える

エクスネスは、MT4とMT5どちらも使えます。

MT4は業界スタンダードなので、海外FX業者も標準対応です。ですがMT5は次世代なので、海外FXの対応率は40%ほどです。

MT5のみ対応の業者もいるので、どちらも使えるのはメリットです!

口座は複数作れるので、取引プラットフォームも使い分けできます。

Exnessの決済・特典・サポートについて

入出金は手数料無料で、決済上限も基本なしです。クレジットカードやウォレットはもちろん、仮想通貨も使えます。

口座開設や入金ボーナスは、現在提供していません。理由は取引条件で勝負するためで、実際に納得のハイスペックです。

また日本語サポートは、問題なく満足しています(ライブチャットとメール対応)。

入出金手数料は無料&限度額なし

入出金手数料は無料で、基本限度額なしです(着金反映は即時から可能)。

入出金方法

  • カード(クレジット、デビット、プリペイド)
  • 仮想通貨(ビットコインなど)
  • 電子マネー(ビットウォレットなど)

1ドルから入金できるので、少額から始められます。

(参考)Exnessの入金方法

ロスカットがないので、ポジション保有中も出金できます。そのため利益が乗って原資を移動すれば、負けは無くなります!

そして意図的な出金拒否は一度もないので、安心して使っています。

(詳細)Exnessの出金方法と対応

ボーナスはなし(個別で優待)

ボーナス(口座開設と入金)は提供していません。

その代わり特別なギフトや優待で、個別対応しています(担当者に聞きました)。

ボーナスがない理由は、取引条件で勝負するためです。実際ハイスペックなので、有言実行だと思います。

今後もしキャンペーンをやる時は、告知やマイページでボーナスメニューが表示されます。

ボーナスが欲しい方は、もらえる業者もチェックしてみてください。

(参考)Exnessのボーナス見解

日本語サポートに満足

エクスネスの日本語サポートは、ライブチャットとメール対応です。

  • サポート時間:月曜日 - 土曜日(8:00 - 00:00)

海外FX業者のサポートは平日のみが一般的なので、土曜日対応はありがたいです!

大手企業の名に恥じない、丁寧で的確なサポートに満足しています。

まとめ

エクスネスは、大手金融グループのプライドを感じる取引スペックです。

口座を開設したらすぐに取引できますが、最初は入金額が2,000ドルに制限されています。本人確認が完了すれば、限度額がアップします。

(詳細)Exnessの口座開設と本人確認手順

口座はタイプごとに100個ずつ作れるので、気軽に追加・使い分けができます。

(公式)口座開設フォーム

分からないことは、日本語サポートにすぐ聞けます(マイページのライブチャットやメール)。

他の海外FX業者の評判は、こちらの記事にまとめました。

(参考)海外FX業者の評判まとめ

-Exness:エクスネス

© 2022 ソトFX