Exness:エクスネス

Exnessの口座タイプの特徴と違いを比較&解説

Exness(エクスネス)の口座タイプは、5種類あります。

口座の種類

  • スタンダード:取引手数料無料
  • スタンダードセント:小口のスタンダード口座
  • プロ:即時約定でスリッページなし
  • ロースプレッド:狭いスプレッド(取引手数料固定)
  • ゼロ:スプレッド最小(取引手数料変動)

口座は複数作れるので、後から気軽に追加できます。

手数料無料ならプロ口座、スプレッドにこだわるならゼロ口座が特におすすめです!

(公式)口座開設フォーム

Exnessの口座種類と比較

口座タイプは手数料無料の「スタンダード」と、スプレッドが狭い「プロ」があります。

スタンダード プロ
初回入金額 約10ドル 1,000ドル
取引手数料 無料 0.1ドル〜
最低スプレッド 0.3pips 0pips
マージンコール 60% 30%
ロスカット 0% 0%

プロ口座は取引手数料とスプレッドの狭さで、さらに3種類に分かれます。

プロ口座の種類

  • プロ
    取引手数料:無料
    最低スプレッド:0.1pips
  • ロースプレッド
    取引手数料:最大3.5ドルで固定(片道1ロット分)
    最低スプレッド:0pips
  • ゼロ
    取引手数料:0.2ドルから変動(片道1ロット分)
    最低スプレッド:0pips

プロ>ロースプレッド>ゼロ口座の順に、スプレッドは狭くなります。

Exnessの口座共通点(取引条件)

口座タイプにおける、共通の取引条件を見ていきます。

  • 口座は複数作れる
  • 最大レバレッジは無制限
  • ロスカットなし
  • 最小取引量:0.01ロット
  • 最大取引量:200ロットまたは20ロット(時間帯制限)
  • 取引銘柄(ほぼ同じ)

口座は複数作れる(追加口座)

エクスネスはMT4とMT5が使えて、取引ツールごとに100口座ずつ作れます(セント口座は10ずつ)。

(参考)Exnessの口座開設手順

口座の追加は、マイページからいつでもできます(デモ口座も作れます)。

エクスネスの追加口座開設(マイページ)

(マイアカウント>新規口座開設)

最大レバレッジは無制限

エクスネスのレバレッジは最大2,000倍ですが、無制限もできます!

そしてレバレッジ無制限対応は、エクスネスしか知りません(30社ほどリサーチ)。

(参考)Exnessのレバレッジ条件

ロスカットなし

エクスネスのロスカット実行水準は、証拠金維持率0%です。つまり有効証拠金が0になるまで、ロスカットされません!

*証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100
*有効証拠金=口座残高+含み損益+ボーナス

海外FX業者のロスカット水準は、証拠金維持率20%が相場です。ロスカットなしは貴重なので、最後までハイレバで勝負できます!

(参考)海外FXのレバレッジとロスカット

またマージンコール(追加証拠金の連絡)は30〜60%で、海外FX業界の平均レベルです。

取引量と時間制限

1回の最低取引量は、0.01ロットです(1ロット=10万通貨)。

そして最大取引量は、時間帯で変わります。

  • 200ロット:7:00 - 20:59(日本時間は16:00〜5:59)
  • 20ロット:21:00 - 6:59(日本時間は6:00〜15:59)

表示時刻はサーバー時間です。日本時刻は+9時間(夏時間は+8時間)となります。

取扱銘柄はほぼ同じ

取扱銘柄は口座タイプでほぼ同じですが、若干変わる場合があります。

今後変更の可能性もあるので、取引前に事前確認が確実です(取引ツールで検索できます)。

エクスネスは通貨ペア取扱数No1です!さらにCFDや仮想通貨(ビットコイン)も取引できます。

(参考)海外FXの通貨ペア数ランキング

Exnessの口座タイプ解説

口座タイプごとに、特徴をまとめました。

  • スタンダード:取引手数料無料
  • スタンダードセント:お手軽なスタンダード口座
  • プロ:即時約定でコスパよく取引
  • ロースプレッド:取引手数料固定+狭いスプレッド
  • ゼロ:スプレッド最小(ほぼ0pips)

スタンダード口座

スタンダード口座は、取引手数料無料です。

スタンダード口座の特徴

  • 初回入金額:1,000円ほど(支払い方法による)
  • 最大レバレッジ:無制限
  • 最大口座数:取引ツールごとに100ずつ
  • 取引手数料:無料
  • 最低スプレッド:0.3pips
  • 最小取引量:0.01ロット
  • 最大取引量:200ロットまたは20ロット(時間帯で変わる)
  • 最大ポジション数:無制限(MT5)、1,000ロット(MT4)
  • マージンコール:60%
  • ロスカット:0%

初回入金額は、決済方法で変わります。

(参考)Exnessの入金方法まとめ

スタンダードセント口座

スタンダードセント口座は、スタンダード口座の縮小板です。口座開設数と、最大ポジション数が小さくなります。

スタンダードセント口座の特徴

  • 初回入金額:1,000円ほど(支払い方法による)
  • 最大レバレッジ:無制限
  • 最大口座数:取引ツールごとに10ずつ
  • 取引手数料:無料
  • 最低スプレッド:0.3pips
  • 最小取引量:0.01ロット
  • 最大取引量:200ロット
  • 最大ポジション数:1,000ロット(指値注文は50)
  • マージンコール:60%
  • ロスカット:0%

プロ口座

プロ口座は即時約定なので、スリッページは原則なしです。ただし注文価格優先なので、約定拒否(リクオート)は起こり得ます。

仮想通貨だけは成行注文なので、リクオートは原則なしです。

(参考)海外FXの即時約定

プロ口座の特徴

  • 初回入金額:1,000ドル
  • 最大レバレッジ:無制限
  • 最大口座数:取引ツールごとに100ずつ
  • 取引手数料:無料
  • 最低スプレッド:0.1pips
  • 最小取引量:0.01ロット
  • 最大取引量:200ロットまたは20ロット(時間帯で変わる)
  • 最大ポジション数:無制限(MT5)、1,000ロット(MT4)
  • マージンコール:30%
  • ロスカット:0%

取引量が多い場合は、リクオートに注意してください。

ロースプレッド口座

ロースプレッド口座は、スプレッド0pips〜です。

ロースプレッド口座の特徴

  • 初回入金額:1,000ドル
  • 最大レバレッジ:無制限
  • 最大口座数:取引ツールごとに100ずつ
  • 取引手数料:最大3.5ドルで固定(片道1ロット分)
  • 最低スプレッド:0pips
  • 最小取引量:0.01ロット
  • 最大取引量:200ロットまたは20ロット(時間帯で変わる)
  • 最大ポジション数:無制限(MT5)、1,000ロット(MT4)
  • マージンコール:30%
  • ロスカット:0%

取引手数料は商品で固定なので、コスパのバランスが良いです。

ゼロ口座

ゼロ口座は、スプレッド最小です!

ゼロ口座の特徴

  • 初回入金額:1,000ドル
  • 最大レバレッジ:無制限
  • 最大口座数:取引ツールごとに100ずつ
  • 取引手数料:0.2ドルから変動(片道1ロット分)
  • 最低スプレッド:0pips
  • 最小取引量:0.01ロット
  • 最大取引量:200ロットまたは20ロット(時間帯で変わる)
  • 最大ポジション数:無制限(MT5)、1,000ロット(MT4)
  • マージンコール:30%
  • ロスカット:0%

約30の通貨ペアが、変動幅固定の安定スプレッドです(取引時間帯の95%)。

(詳細)Exnessのスプレッド一覧

まとめ

海外FXの口座タイプは、取引手数料無料と有料で1つずつが一般的です。

ですがエクスネスは3種類から選べます。担当者に聞いたところ、トレーダーの要望を受けて後から2種類追加したそうです。

エクスネスは2008年に設立された、業界最大手の金融グループです。大手監査法人を入れたり、業績や取引履歴を公開していて透明性が高いです。

(公式)エクスネス

今回の口座タイプ追加からも、大手ならではの高品質なサービスを感じます。取引スペックも申し分ないので、引き続きメインブローカーで使っていきます。

-Exness:エクスネス

© 2022 ソトFX