Exness:エクスネス

Exnessの入金方法(手数料、反映時間、限度額)

Exness(エクスネス)の入金は、手数料無料で即時反映です。財務部の手動処理を通らずに、数秒で着金します(仮想通貨は平均1時間ほど)。

入金方法

  • カード(クレジット、デビット、プリペイド)
  • 仮想通貨(ビットコインとテザー)
  • 電子マネー(bitwalletやSTICPAY)

1回の入金額は1ドル〜上限なしです(カードは1万ドルまで)。

 

クレジット、デビット、プリペイドカード

VISA、Master、JCBのクレジットカードとデビットカードが使えます。1回の限度額は3ドル〜1万ドルです。

プリペイドカードも使えますが、あまりオススメはしていません。理由は本人確認が取れないことがあるからです。

Exnessはプリペイドカード入金は非推奨(メール回答)

(スタッフの回答メール)

インターネットやコンビニで誰でも簡単に手に入り、本人名義ではないカードもあります。そのため正確な出金ができなかったり、不正利用のリスクも上がります。

仮想通貨(ビットコインとテザー)

仮想通貨はビットコインとテザーが使えます。

テザー(USDT)は安定価格で設計された「ステーブルコイン」です。法定通貨の米ドルやユーロと価値が連動していて、1ドル=1USDTに相当するように固定されています。

処理は平均1時間で、金額の制限はありません(状況によって遅れることがあります)。Exnessの事務手数料は無料ですが、マイニングフィー(処理手数料)は負担となります。

手続きの流れは、公式動画も参考ください(英語です)。

電子マネーで銀行振込も可能

使える電子マネー(ウェブ決済サービス)の一覧です。

電子マネーと最低入金額

  • bitwallet(ビットウォレット):2ドル
  • STICPAY(スティックペイ):1ドル
  • Perfect Money(パーフェクトマネー):2ドル
  • WebMoney(ウェブマネー):1ドル

銀行振込は現在大口顧客のみの対応ですが、電子マネーを経由すれば銀行送金も可能です。そしてFX会社が非対応のカードブランドや仮想通貨も、決済できることがあります。

海外FXでの普及率は、bitwalletとSTICPAYが2強です。詳細はこちらの記事を参考ください。

海外fxに入出金できる日本語対応のnウォレットアプリ
海外FXの入出金に便利な日本語対応のウォレット

海外FX業者への入金方法はクレジットカード(デビット・プリペイド)、出金は銀行振込が一般的です。全体の30%くらいの業者は、仮想通貨(ビットコインなど)も使えます。 カードブランドはVISAかMAST ...

続きを見る

入金できない時は再試行か問い合わせ

入金エラーになったら、もう一度試すと成功することがよくあります。理由は単純な接続エラーです。

入金できない主な原因

  • 限度額を超えている(決済側で)
  • 本人確認が取れない(アカウントの連携ミス)
  • 決済サービスが申請を保留または拒否

もし2回失敗したら入金ページを再確認するか、カスタマーに相談しましょう。Exnessの入金画面には、決済方法によって補足説明や手順が書かれていて分かりやすいです。

まとめ

Exnessは、海外FXの定番決済方法「銀行振込」に対応していません。ですが他の業者でほぼ見ない、珍しい決済方法で補っています(仮想通貨のテザーや電子マネーのPerfect Money、WebMoney)。

日本への参入は比較的新しいので、より世界基準で他社との差別化を図っているのだと思いました。

会計報告を公式ページで公開するなど、会社とサービスに自信を持っています。そんな自信が決済にも反映されている(手数料無料・即時反映・限度額なし)と感じます。

-Exness:エクスネス

© 2020 ソトFX