Exness:エクスネス

Exnessの出金方法・手数料や着金時間をまとめ

Exness(エクスネス)の出金は手数料無料で、即時決済もできます。1回の決済限度額は、1ドル〜上限なしです!

着金時間と決済限度額

  • クレジットカード:3〜5日、3ドル〜10,000ドル
  • 仮想通貨:最大72時間、1ドル〜上限なし
  • ウォレット:数時間、1ドル〜1,000,000ドル

不正利用やマネーロンダリングの防止から、入金に使った決済方法への出金が原則です。そして出金方法には、優先順位が設定されています。

出金のルール

エクスネスでは安全な出金のために、ルールが設定されています。

  • 出金方法は優先順位あり(カードが最優先)
  • 入金額と同じ割合で出金する(決済方法)
  • 出金拒否なし(裏切らない)

ひとつずつ解説します。

出金方法には優先順位がある

エクスネスでは、出金方法に優先順位があります(入金に使った決済方法が対象)。

出金方法の優先順位

  1. クレジットカード(デビット、プリペイド)
  2. ビットコイン
  3. ウォレットまたは銀行振込

クレジットカードで入金した場合、まずは同じカードへの出金が最優先です。

カードへの最優先出金は、海外FXで一般的なルールです。理由はチャージバック(売上取り消し)の悪用を防ぐためです。

そしてカードへの返金期限は、海外FX業者ごとに設定されています。

(参考)海外FXのカード返金ルール

入金分を出金したら、利益も出金できます(他の決済方法も使えます)。

入金額によって出金額の割合が決まる

エクスネスでは安全な取引のために、入金で使った決済方法で出金することが原則です。

入金と同じ決済サービスで出金することも、海外FXでは定番のルールです。

そして出金額の割合は、入金額によって決済方法で振り分けられます。

出金額の割合例

  • 10万円を入金(クレジットカードで5万円、ビットコインで5万円)
  • 10万円の利益が出て、口座残高が20万円になった
  • 20万円を出金(クレジットカードで10万円、ビットコインで10万円)
  • *決済方法の入金割合が5:5なので、出金も同じ割合

不要な出金拒否は一度もない

Exnessはトレーダーに損失を与えるような、意図的な出金拒否は一度もありません

Exnessは出金拒否なし(問い合わせ)

(スタッフの回答内容)

2008年から幅広い金融商品を提供している大きなグループが、あえて信用を失うような行為をする必要はないからです。

ただし規約違反やExnessに損害を与えかねない行為は、特に悪質と判断されれば法的処置になる可能性があります。

両建てやスキャルピングも特に制限はないので、目立った禁止行為は見当たりません。そのためもし注意を受けたら、適切な対応をすれば問題ないと思います。

出金方法を解説

次に出金方法について、まとめていきます。

  • クレジットカード:返金期限あり
  • 銀行振込:メンテナンス中は使えない
  • 仮想通貨:入金しないと出金画面に表示されないことがある(ビットコイン)
  • ウォレット:サービス数業界トップクラス

クレジットカード(デビット、プリペイド)

クレジットカードやデビットカードで入金した場合は、まずは同じカードへ入金分を出金します。出金は返金(取消)扱いになり、Exnessからカード会社へキャンセルの申請をします。

入金分を返金したら、利益分も出金できるようになります。

1回の出金限度額

  • 3ドル〜10,000ドル
  • *モバイルアプリの最低出金額は6ドル

カード出金が最優先の理由は、利用(入金)から90日間以上経つと返金(出金)できないことがあるためです(カード会社の設定)。もし返金できない時は、他の決済方法を利用します。

出金所要時間は3〜5日です(Exnessの公表日数)。ただし利用(入金)と締め日が同じ場合、相殺処理で利用明細に反映されないこともあります。

もし10日以上経っても確認できなければ、一度カスタマーとカード会社に相談しましょう。

銀行振込(国内送金)

銀行振込は国内送金なので、24時間以内の着金が目安です。

1回の出金限度額

  • 205ドル〜4,300ドル

メンテナンス中の時は、時間を開けて利用ください。

メンテナンスの目安時間をカスタマーサポートへ聞いたところ、「分からないので時間を空けて試してください」と言われました。

急いでいる時は、銀行振込以外も検討した方が良いかもしれません。

仮想通貨(ビットコインとテザー)

仮想通貨の出金時間は、最大72時間です。

1回の出金限度額

  • ビットコイン(Omniベース):1ドル〜上限なし
  • テザー:100ドル〜100,000ドル

ビットコインのマイニングフィーは、利用者が負担します。そのため手数料は動的で、その都度出金画面に表示されます。

手続きの流れは、こちらの公式動画も参考ください。

テザーは法定通貨と連動するステーブルコインなので、マイニング手数料はありません。送信先アドレスと金額を入力して、手続きをします。

ウォレット(ビットウォレットやスティックペイ )

ウォレットは即時決済なので、急いでいるときにおすすめです。

1回の出金限度額

  • ビットウォレット:1ドル〜25,000ドル
  • スティックペイ:1ドル〜10,000ドル
  • パーフェクトマネー:2ドル〜100,000ドル
  • ウェブマネー:1ドル〜1,000,000ドル

ビットウォレットは、銀行口座への出金手数料が業界最安水準(824円)です。

bitwalletに銀行口座を登録
bitwalletから海外FX業者への銀行出金手順を解説

bitwallet(ビットウォレット)経由で、海外FX業者(FBS)から銀行口座(楽天銀行)へ出金しました。 出金時間と手数料 海外FX業者→bitwallet:3時間 bitwallet→銀行口座: ...

続きを見る

またスティックペイ は、コンビニATMからも引き出せます(銀行口座に履歴なし)。

スティックペイカードでセブン銀行ATMから出金
STICPAYで入出金できる海外FX業者と使うメリット

STICPAY(スティックペイ)は、日本でも使えるオンライン決済サービスです。 STICPAYの決済情報 入金できるカードブランド:VISA、MASTER、銀聯(UnionPay) 仮想通貨:ビットコ ...

続きを見る

出金できない時の対処法

もし出金画面に表示されていない決済方法があれば、入金履歴がなく使えない状態です。状態は利用者によって変わり、私は最初ビットコインの表示がありませんでした。

FXDDの出金方法(マイアカウント)

(最初の出金画面)

一度入金に使えば、出金に利用可能な方法として表示されます。そして入金した決済方法が何らかの理由でブロックされて、出金できないこともあります。

カスタマーに連絡をして必要な情報を提示すれば、決済の担当者が原因を調査し、出金可能な他の決済方法を教えてくれます。

またExnessは、ポジションを保有していても出金できます(対応はしますが、推奨はしていません)。理由はロスカットがないからです。

ポジション保有中の出金は、証拠金が減ることで強制決済のリスクが高まります。そのためFX会社では、出金申請できないことが一般的です。

まとめ

エクスネスの出金は自由度が高く、さすが大手金融グループだと思いました。

  • 決済限度額なし(ビットコイン)
  • ポジション保有中も出金可能(ロスカットなし)
  • レバレッジ無制限

口座は複数持てるので、気軽に追加や使い分けができます。

(公式)エクスネス

-Exness:エクスネス

© 2022 ソトFX