Exness:エクスネス

ExnessのMT5ダウンロードからログインまでの手順

Exness(エクスネス)のMT5は、端末ごとに公式サイトからダウンロードできます。

MT5の対応端末

Youtubeの公式動画が限定公開されているので、合わせてまとめました。

パソコン(インストール版)

パソコン版は、3つのOSに対応しています。

パソコン版の対応OS

  • Windows
  • MacOS
  • Linux

ただしmacOSとLinuxは、開発元(メタクオーツ社)から直接ダウンローします。

Windows

ダウンロードページで「Windows用MT5」をタップします。

exnessのWindows用MT5

ダウンロードされたインストーラー(exness5setup.exe)を開いて、画面案内に従ってインストールします。

MT5を起動させてからログインまでの流れは、公式動画で解説されています。

MacOS

MacOSのMT5は、開発元のメタクオーツ社から直接ダウンロードします。

(公式)メタクオーツ社のMT5

理由はエクスネスのMT5が、MacOSに対応していないからです(今後も未定)。

exnessのmt4(mt5)はmacos対応未定

(スタッフに確認しました)

海外FX業者は開発元の仕様に、自社設定(銘柄情報など)を加えてMT5を提供しています。そのためMacOSの対応も、開発元のアップデートに連動するのが一般的です。

ですがMT5はWindows基準なので、他のOSは自社から提供しない業者もいます。

(参考)MT5対応の業者一覧

Linux

LinuxもMacと同様、開発元のメタクオーツ社から直接ダウンロードします。

Linuxのインストール手順

  1. ソフトウェアセンターを開く
  2. Wineを検索してインストール
  3. エクスネスからMT5をダウンロード
  4. MT5を起動(自動的にWine上で開かれる)

正常に起動しない時は、ソフトウェアセンターからPlayOnLinuxのインストールが推奨されています。

アプリ(スマホとタブレット)

アプリはiOS(iPhoneとipad)と、Android(アンドロイド端末)対応です。Apple StoreかGooglePlayからダウンロードします。

mt5アプリの新規口座

新規口座をタップします。

mt5アプリでexnessサーバーを指定

「exness」で検索して、サーバーを選びます。(最近はExness Technologies Ltdが指定されることが多いです)

mt5アプリでエクスネスへログイン

サーバでリアル口座(Real)かデモ口座(Trial)を選び、ログインIDとパスワードでサインインして完了です。

ブラウザ(ウェブターミナル)

ウェブターミナルはダウンロード不要で、ブラウザからそのままログインできます。

ログインの流れと、設定方法が解説されています。

ログインできない時の原因と対応

ログインできない時は、3つの原因が考えられます。

ログインできない時の原因

  • ログイン情報が間違っている(口座番号とパスワード)
  • 取引プラットフォームでMT4が選択されている
  • 口座が休止(無効化)されている

口座は一定期間操作がないと、休眠状態になります(デモ口座は削除)。

  • リアル口座:90日間操作なし(MT4)、15日操作なし(MT5)
  • デモ口座:180日間操作なし(MT4)、21日操作なし(MT5)

休止口座(アーカイブ)は、マイアカウントから有効化(アクティブ)できます。

もし解決しない時は、カスタマーサポートがライブチャットで応対してくれます。

MT5の設定方法

MT5の設定動画もアップされています。

動画の解説内容

  • 気配値表示(銘柄の操作)
  • ナビゲーターウィンドウ(口座、インジケータ、エキスパートアドバイザー)
  • チャート表示
  • ツールボックスセクション(取引や決済履歴など)

まとめ

ログインしたらすぐに取引できますが、最初は入金額が2,000ドルに制限されています。本人確認を済ませると、限度額は上がります。

(参考)口座開設手順と本人確認

口座は複数持てるので、MT4との使い分けも可能です。

外部インジケーターやEA(自動売買)との互換性は、まだMT4の方が高いと思います。

ですがMT5は次世代でアップデートも多いので、並行して使っています(銘柄情報も多く見やすいです)。

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-Exness:エクスネス

© 2021 ソトFX