Exness:エクスネス

Exnessの自動売買対応とEAの設定方法を解説

Exness(エクスネス)は、取引制限なしです。MT4とMT5対応なので、EA(自動売買ソフト)も自由に使えます。

exnessは自動売買(EA)に制限なし

(スタッフとのチャット内容)

自動売買向きの理由

  • VPSが無料で使える(仮想専用サーバー)
  • スプレッドは0pips〜安定+即時約定も可能
  • 約定率は100%&スピードも速い

VPSが無料なので、ほったらかしで自動売買できます。パソコンを起動し続ける必要はなく、Macユーザーも気軽にWindows環境を作れます。

ソーシャルトレード(コピートレード)もできるので、プロの手法を学んだり利益が出ている戦略に乗っかれます。

Exnessが自動売買向きの理由

エクスネスはVPS(仮想専用サーバー)が無料で使えて、スプレッド狭いです。

  • VPSが無料で使える(条件の優しさ業界トップクラス)
  • スプレッドは0pips〜(取引手数料も安い)
  • 約定力100%(価格履歴を公開していて信用できる)

VPSが無料で使える

エクスネスはVPSを無料で使えます!利用条件は100ドル以上の口座残高と、500ドル以上の入金履歴だけです。

使用料無料は貴重で、利用条件も業界トップクラスにやさしいです!

海外FX業者のVPS相場

  • 対応率:約50%(30社ほど調べた中で)
  • 月額料金:3,000円前後
  • 無料条件:口座残高20〜50万円以上+毎月5ロット以上の取引など

サーバースペックは標準レベルなので、問題ないと思います。スペックが物足りなければ、ハイスペックプランも紹介してくれます。

(詳細)ExnessのVPSサービス

スプレッドと取引手数料

スプレッドはスタンダード→プロ→ロースプレッド→ゼロ口座の順に狭くなります。

口座の取引手数料(往復1ロット分)

  • スタンダード:無料
  • プロ:無料
  • ロースプレッド:最大7ドル
  • ゼロ:最小7ドル
  • 手数料は銘柄で変わります。

プロ口座は手数料無料で即時約定なので、気軽に使いやすいです。

取引手数料も安く、ゼロ口座は0pips〜で最狭です。さらにメジャー通貨やゴールドなどが安定スプレッド(変動幅が固定)なので、取引量が多いEAに最適です。

(参考)Exnessのスプレッド一覧

約定力とスリッページ

エクスネスの約定率は100%(スタンダード口座)です。

そして約定スピードは10ms(0.01秒)以内なので、相場より速いです(海外FX業者の相場は0.1〜1秒ほど)。

スリッページ(注文と約定の価格差)が気になる人は、即時約定のプロ口座も使えます。

価格変動記録(ティック履歴)を公開していて、スペックへの自信とオープンな姿勢に好感が持てます。

詳細はこちらのスキャルピングの記事にまとめてあります。

(参考)Exnessのスキャルピング

ExnessのEA設定手順

自動売買を始めるまでの手順をまとめます。

  1. エクスネスの口座を開設
  2. VPSを申し込む(必要があれば)
  3. 取引プラットフォームをインストール
  4. EAを用意する(購入やダウンロード)
  5. EAを取引ツールに設定して稼働開始

口座を開設する

まずエクスネスの口座を開設します。口座は複数作れて、あとから追加もできます。

(公式)口座開設フォーム

口座タイプ

  • スタンダード
    取引手数料は無料
    通常スプレッド
  • プロ(3種類)
    取引手数料は片道3.5ドル/ロット〜
    狭いスプレッド(0pips〜)
  • 参考:Exnessの口座タイプと開設方法

VPSを申し込む

希望に応じて、VPSを申し込みます。

自動売買中はEAを動かすため、取引ツール(パソコン)を起動させておく必要があります。

VPSを使えば、ウェブ上にもう一つパソコンを用意できます。自分のパソコンを動かす必要がなくなるので、ほったらかしで運用できます!

(詳細)ExnessのVPSサービス

MT4(MT5)をインストール

エクスネスは、MT4とMT5どちらも使えます。利用手順は、こちらの記事を参考ください。

MT4は業界スタンダードなので、EAも標準対応です。MT5は次世代で高機能です(板画面が見れるなど)。

口座ごとに取引ツールはダウンロードできるので、併用もできます。

EAを購入・ダウンロード

自動売買に使うEA(エキスパートアドバイザー)を用意します。

国内で人気の販売サービスは、ゴゴジャン(GogoJungle)です。2007年の運営から会員は10万人を超え、日経でラジオ番組も持っています。

(公式)ゴゴジャン

EAを取引ツールに設定して稼働

最後にEAをMT4(MT5)に設定します。

  1. 指定フォルダに実行ファイルを移動
  2. 自動売買を許可する
  3. EAを稼働させて自動売買スタート

細かいパラメータは、デフォルト設定で現状不便ないです。

(参考)MT4のEA設定手順

Exnessはソーシャルトレードもできる

エクスネスは、ソーシャルトレードも提供しています。

ソーシャルトレードは、プロトレーダーや優秀な売買プログラムと同じ取引をする仕組みです。その特徴から、コピートレードやミラートレードとも呼ばれます。

エクスネスでは手法を提供する側を「戦略プロバイダー」、コピーする側を「投資家」と呼んでいます。(現在2万人以上の投資家が参加しています)

ソーシャルトレードの参加方法

  • 戦略プロバイダー
    700万円以上稼ぐ人もいます(手数料は最大50%)
  • 投資家
    1,000以上の戦略から選べます(利益率300%超えなど)

戦略や手法を学んだり、自動売買に収益をプラスするのに楽しめます。

参加方法(アプリダウンロードと登録)

投資家はアプリをダウンロードしてログイン、戦略プロバイダーはマイページから参加登録をします。

exnessのソーシャルトレーディングアプリをダウンロード

「Exness Social Trading」アプリをダウンロードします。

エクスネスのソーシャルトレードアプリにログイン

エクスネスのアカウント情報(メールアドレスとパスワード)でログインできます。まだアカウントを持っていない方は、こちらの口座開設手順を参考ください。

(参考)Exnessの口座開設手順

ソーシャルトレードの戦略プロバイダー

好きな戦略プロバイダーを選んで、コピーを開始できます。

exnessソーシャルトレードに投資家登録

戦略プロバイダーの登録は、マイページのメニューからできます。

まとめ

エクスネスは、レバレッジ無制限でロスカットなしです。ナンピン系EAも、最後までポジションを持って勝負できます。

EAの設定方法は、他の業者と基本同じです(MT4とMT5)。

エクスネスでは公式サイトのヘルプセンターに手順解説があり、分からないことはカスタマーサポートにライブチャットですぐ聞けます。

口座は複数持てるので、自動売買専用の口座を作ることもできます。

(公式)口座開設フォーム

EAが無料で使い放題の海外FX業者もいるので、こちらの記事にまとめました。

(参考)自動売買の海外FX業者対応

-Exness:エクスネス

© 2022 ソトFX