海外FXの始め方

海外FX業者の評判(優良と感じた外資系ブローカー)

海外のFX会社は、世界中のトレーダーを対象に取引を仲介しています。そのため基本言語は英語です。

日本語対応の業者でもカスタマースタッフの日本語が変だったり、対応が遅くイライラすることもありました。

そこで今回は実際にやり取りをしている27社から、キチンとした日本語で素早く対応してくれる業者をシェアします。

結論としては、XM(エックスエム)、Titan FX(タイタンFX)、AXIORY(アキシオリー)、GemForex(ゲムフォレックス)がお気に入りです。

海外fx業者のチャットサポート(評判)

理由はライブチャットのリアルタイムサポートで、ストレスがなく安心できるからです。

初心者も安心のライブチャット

海外FX業者のカスタマーサポートは、メールとライブチャットが基本です。

ライブチャットは、メールと比べてまだ対応業者が少ないです。そしてリアルタイム回答で、日本語対応だとさらに限られます。

日本語ですぐ答えてくれて、いつも満足している業者は以下です。リンク先の公式ページから、無料登録できます。

チャットサポートの優良業者

XMはコロナ自粛中は、メールサポートのみの期間がありました。ですがメールも半日以内には回答をくれたので、さすが海外FXの顔だと思いました。

サポートに不満を感じた業者

回答が遅い(24時間以上)、連絡がない時がある、日本語が変(答えになっていない)、よくある質問(FAQ)や公式サイトが分かりにくいと感じたFX会社です。

サポートに不満を感じた業者

  • FxPro
  • FXDD
  • BigBoss
  • VirtueForex
  • MYFX Markets
  • FXCC
  • FXGT
  • XLNTrade
  • Discovery FX

これらの業者は特に優れたスペックも見つからないので、現状使っていません。今後日本市場に力を入れて、改善されたらトレードしようと思います。

評価対象の海外FX会社(27社)

この記事で評価対象にした海外FX会社(27社)です。

評価対象の海外FX会社

  • XM(エックスエム)
  • Titan FX(タイタンFX)
  • AXIORY(アキシオリー)
  • GemForex(ゲムフォレックス)
  • FX Giants(FXジャイアンツ)
  • Exness(エクスネス)
  • easyMarkets(イージーマーケット)
  • FxPro
  • LAND-FX(ランドFX)
  • FXDD
  • BigBoss(ビッグボス)
  • Tradeview(トレードビュー)
  • Traders Trust(TTCM)
  • IFC Markets
  • FBS
  • HotForex(ホットフォレックス)
  • VirtueForex(ヴァーチュフォレックス)
  • Deal FX
  • iFOREX(アイフォレックス)
  • IS6FX
  • IronFX(アイアンFX)
  • Anzo capital(アンゾーキャピタル)
  • MYFX Markets
  • FXCC
  • FXGT
  • Discovery FX
  • XLNTrade

すでに日本市場から撤退した業者は除いています。新たにやり取りした会社は、随時追記します。

まとめ

海外業者は世界中のトレーダーを相手にし、国内業者は日本の投資家を対象にしています。そのため登録方法、取引ツールやアプリの仕様、入出金方法などは違うことがあります。

ですので海外FXでは特に、困った時のサポートに魅力を感じました。

また海外FX会社の主な利益は、スプレッド(取引手数料)です。取引するほど売上が上がるので、トレーダーを本気で応援してくれます!

あとはどれだけ日本市場に力を入れているか?の違いです。その差が日本語のクオリティとサポートスピードに表れます。

英語が苦手で海外FX初心者の方は、今回紹介したライブチャットの優良業者をぜひ使ってみてください。

-海外FXの始め方

© 2020 ソトFX