海外FXの始め方

海外FXは違法ではない!金融ライセンスの合法運営

日本に住んでいる人が、海外のFX業者を使って取引をすることは違法ではないです。正式な金融免許(ライセンス)を取得していれば、合法な運営だからです。

xmの金融ライセンス

(XMを運営するTradexfin Limitedのライセンス)

海外で免許を登録しているので、日本の金融庁に金融商品取引業の届け出をしていません。そのため金融庁には、無登録業者として名前が公表されています。

そして無登録業者は、日本で勧誘行為ができません。そのため日本語のホームページを用意して、あくまで利用者が自発的に登録するスタイルを取っています。

金融庁が無登録業者を公表する理由

国内のFX業者は金融庁(財務局)に届け出をして、金融商品取引業を行います。海外FX業者は海外でライセンス登録をしているので、日本の金融庁には登録されていません。

そのため「無登録の海外所在業者」として、金融庁のホームページに公表されています。

(金融庁)無登録業者について

日本語のホームページなどが確認されたFX会社から、随時掲載されている状況です。わざわざ無登録業者として公表している理由は、2点考えられます。

無登録業者を公表する理由

  1. 国内業者の優遇(税金の確保)
  2. トラブルの防止(無許可業者のリスク)

国内業者は日本で納税をします。そのため売上が上がれば、税金も増えて国が潤います。

そして海外でもライセンスを取得せず、無許可運営をする業者の存在も否定できません。無許可であればトレーダーを守る法律がないので、出金拒否などのトラブルになりかねません。

被害を受けてから日本の窓口に相談されても対応できないので、事前に注意を促しています。

日本での勧誘行為は違法

金融商品取引法に基づく登録を受けていない海外FX会社が、日本で勧誘行為をすることは違法です。勧誘は取引や口座開設を促すような、営業行為が該当します。

(参考)無登録業者の勧誘について

金融庁のホームページには「インターネットに日本語ホームページを開設する等」という記載があります。ですがホームページが日本語対応している、海外FX業者も多く見かけます。

これは「日本のトレーダーが自発的に口座開設していて、勧誘は一切していない」という認識と事実があるためです。

実際に「ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません」と、注意書きをしている会社もあります。

例えば大手業者の「XM」は平成24年6月に無登録業者として登録されましたが、現在も日本市場で問題なく運営が続いています。

金融ライセンスの主な取得国

複数の海外FX業者が取得している、金融ライセンスです。

金融ライセンスの主な取得先

  • セーシェル金融庁(FSA)
  • イギリス領ヴァージン諸島(BVI)
  • ベリーズ諸島(IFSC)
  • バミューダ金融局(BMA)
  • キプロス証券取引委員会(CySEC)

ライセンス事業は資源や人口が少ない島国が、経済発展のために参入してきた歴史があります。聞きなれない名前かも知れませんが、業界では信用と実績があります。

まとめ

金融庁の案内だけ見ると、海外FXって大丈夫なの?と思うかも知れません。ですが各社ホームページでライセンスの取得先を公開し、法に基づいた運営をしています。

そのため日本に住んでいても、海外のFX業者を使って取引することは問題ありません。

ただし中には、公式ページでライセンスがよく分からない会社も見たことがあります。その場合はカスタマーに確認してから、登録するようにしています。

今のところ日本語対応でサポート体制が整っていれば、トラブルなく使えています。

-海外FXの始め方

© 2020 ソトFX