IS6FX(旧is6com)

IS6FXの入金方法。手数料無料で即時反映も可能

2020年8月1日

IS6FXは入金手数料無料で、着金は即時反映も可能です。

入金方法

  • カード(クレジット、デビット、プリペイド)
    最低入金額:5,000円、即時反映
  • 銀行振込(海外送金)
    最低入金額:10,000円、最短1時間
  • bitwallet(ビットウォレット)
    最低入金額:5,000円、即時反映

20,000円未満の決済は、1,500円の手数料がかかります。そのため1回で2万円以上、まとめて入金した方が損をしません。

カード(クレジット、デビット、プリペイド)

VISA、JCB、Masterブランド対応です。クレジットカードとデビットカードはもちろん、プリペイドカードも使えます。

海外FX業者のJCB決済対応率は、まだ30%程度です。そしてプリペイドカードは、実体のないカードとして非対応の業者もあります。

そのためIS6FXのカード決済は、充実していると思います。

決済額と請求額について

クレジットカード決済は、海外ショッピング扱いになります。そのため締め日までは未確定の請求額として、決済額(入金額)とは異なる金額を載せるカード会社もあります。

締め日で決済が確定すれば、請求額は決済額と同じになります。もしまだ異なる場合は、一度カード会社に確認しましょう。

銀行振込(海外送金)

銀行振込の反映は、最短1時間です(銀行の営業時間内)。銀行の営業時間外は、翌営業日の処理になります。

会計部署で入金を確認できたら、すぐに口座に反映してくれます。手数料は無料ですが、送金に伴う振込手数料は利用者負担になります。

振込名義の注意点

IS6FXは、1つのアカウントで複数の口座を作れます。そのため振込名義か備考欄に、取引口座番号(MT4のID)と名前を記入します。

例えば口座番号が「12345」で名前が「Ken Tanaka」なら、名義は「12345 Ken Tanaka」となります。

記入漏れは処理が保留になり、口座に反映されない可能性もあります。もし入力ミスや漏れがあれば、カスタマーに相談しましょう。

bitwallet(ビットウォレット)

bitwallet(ビットウォレット)は、海外FXで定番のオンライン決済サービスです。VISA、MASTER、JCBに加えて、IS6FXで非対応のアメックスとダイナースクラブも使えます

さらに銀行への出金手数料が824円なので、海外送金(2,500円〜5,000円が相場)よりかなりお得です。

海外FX業者で最も使われているウォレットなので、決済は安定しています。ですがまれに接続がうまくいかず、メンテナンスが入ることもあります。

bitwalletのメンテナンス

メンテナンスはすべての決済サービスで起こりうるので、複数の方法を使えると安心です。

入金が反映されない時の対応

入金が口座に反映されない時は、自分かIS6FXどちらかに原因があります。

IS6FX側の不具合は、公式ページのお知らせ一覧やメールなどで案内され、すぐにメンテナンス対応をしてくれます。

(参考)公式ページのお知らせ

自分の場合は、申請内容の不備が考えられます。

入金できない時の主な原因

  • 限度額を超えている
  • 本人確認が取れない(名義と口座が異なるなど)
  • 記入ミス(振込名義人など)

数時間経っても処理が保留中なら、一度サポートに相談しましょう。

まとめ

JCBとプリペイドカードも使えるので、カード決済は充実しています。銀行振込も海外送金は通常数営業日かかりますが、最短1時間は優秀です。

不備や不具合はすぐに案内され、緊急メンテナンスをする姿勢も好感が持てます。

また業界では珍しい、LINEサポートに対応しています。海外FXではメールサポートが一般的なので、回答まで数時間〜数日かかることもあります。

LINEならスマホでほぼリアルタイムなので、安心便利です。

-IS6FX(旧is6com)

© 2020 ソトFX