海外FXの始め方

国内FXと海外FXの違いを比較&どっちがおすすめ?

コスパよく使うなら「国内FX業者」、一攫千金を狙うなら「海外FX業者」がおすすめです。

FX会社の特徴

  • 国内業者:スプレッドが狭い(レバレッジは25倍に制限)
  • 海外業者:借金の心配なし(レバレッジは無制限や3,000倍も可能)

国内業者はスプレッドが狭い(原則固定)ので、取引コストを抑えられます。

対して海外業者は、少額資金からハイレバで思いっきり勝負できます!(借金リスクなし)

国内FXと海外FXの比較表

まずは国内と海外FX業者の、違いを一覧表にしました。

国内FX 海外FX
借金リスク あり なし
破綻時の補償 義務 任意
レバレッジ 25倍に制限 平均500倍
スプレッド 狭い(原則固定) 広め(基本変動)
取引方法 間接的 直接的
キャッシュバック 最大5万円など 取引で加算
ボーナス なし あり
銀行出金 国内送金 海外送金が主流
取引ツール 自社システム MT4やMT5

国内業者は「補償とサポート」、海外業者は「利用するほど応援」という印象です。それぞれ具体的に見ていきます。

国内と海外口座を併用した時の税金

FX会社は国内と海外で、金融免許の取得国が違います。国内業者は日本で金融商品取引業に登録し、海外業者は外国で金融ライセンスを取得しています。

(参考)海外FXのライセンス取得国

そのため税制と規制に違いがあります。

税金の違い

  • 海外FX業者:累進課税(5%〜45%)
  • 国内FX業者:申告分離課税(20.315%)

海外口座で稼いだ利益も、日本で納税義務があるので確定申告が必要です(日本居住者)。

所得金額が695万円を超えると、海外口座の方が税率は高くなります(23%)。

ですが海外口座は総合課税なので、他の所得や損失と合算できます。仮想通貨(ビットコインなど)も損益通算対象なので、損失が出ていれば節税効果があります。

(参考)海外FXの税金対策

両建てについて

それぞれの業者が許可していれば、国内口座と海外口座で両建てもできます。

ただし海外FX業者では、口座間・業者間の両建ては一般的に禁止されています。禁止理由は、ゼロカットやボーナスの悪用を防ぐためです。

  • ゼロカット:マイナス残高をゼロに戻すサービス
  • ボーナス:追加証拠金として取引に使える

そのため、国内口座との業者間取引は、両建てが自由な海外口座を使うと安心です。

(詳細)両建てが自由な海外口座

国内と海外業者の違いを解説

国内業者と海外業者の違いを、項目別にまとめます。

  • 口座残高がマイナスになった時の対応
  • FX会社が倒産した時の資金保護
  • レバレッジ制限について
  • 取引方法とスプレッドの特徴
  • ボーナスとキャッシュバックプラン
  • 入出金方法について
  • 取引ツールの違い

ロスカットできずに不足金が発生した時の対応

トレーダーの大きな損失を防ぐために、FX業者には「追加証拠金」と「ロスカット」という救済システムがあります。

損失が増えてきたらまずは追加証拠金で取引に余裕を保ち、最後はロスカットで口座残高以上の損失を防げます。しかし急な相場変動やタイムラグで、ロスカットが正常に機能しないことがあります。

ロスカットが実行されないと、口座残高はマイナスになり不足金が発生します。

ですが国内のFX業者は、トレーダーの損失補填が禁止されています(金融商品取引法38条の2)。そのためトレーダーの借金を肩代わりできません。

対して海外のFX業者は、トレーダーの損失を補填できます。そのためマイナスになった残高をゼロに戻す「ゼロカットシステム」を各社導入しています。

ゼロカットシステムについては、こちらの記事にまとめました。

スイスフランショックと追証
ゼロカットシステムの解説と海外FX業者の対応比較

ゼロカットは、入金額以上の損失を出さない仕組みです。もしロスカットが正常に機能せず、口座残高がマイナスになってもゼロに戻してくれます。 国内のFX業者は、投資家の損失補填が禁止されています(金融商品取 ...

続きを見る

FX会社が破綻した時の資金補償

FX会社には「分別管理」と「信託保全」という、トレーダーから預かった資金を守る仕組みがあります。違いは法律と免許、そして国の対応です。

詳細はこちらの関連記事を参考ください。

信託保全の海外fx業者
海外FX会社が破綻した時の保証制度(分別管理と信託保全)

FX会社はトレーダーから預かった資金を守るために、分別管理(信託保全)をしています。分別管理と信託保全はどちらも財産保護の仕組みで、法律と免許が違います。 分別管理は金融機関(主に証券会社)で義務化さ ...

続きを見る

海外FX業者は、分別管理が主流です。国内業者も以前は分別管理でしたが、今は信託保全が義務付けられています。

どちらが優れているかではなく、国によって制度の有無や主流が変わります

日本では、信託保全の方が安全というイメージが強いかも知れません。ですが世界的に見れば、分別管理もスタンダードです。

どちらも安全性を最高レベルで高めてくれるので、心配しすぎる必要はないと思います。

レバレッジでコスパが平均20倍アップ

国内のFX業者は、法律上トレーダーの損失を補填できません。そのため追証制度を導入して、レバレッジを25倍に制限することでリスクヘッジしています。

海外のFX業者は、ゼロカットシステムによってトレーダーの損失を0にできます。そのため最高レバレッジは平均500倍と、高い設定になっています。

国内業者との差は平均20倍です!例えばドル円(1ドル=100円)で、1,000万円分(10万通貨)の取引をシミュレーションしてみます。

レバレッジと必要資金

  • 海外FX業者:2万円(1,000万円/500倍)
  • 国内FX業者:40万円(1,000万円/25倍)

海外FXは少額資金で大きな取引に参加できるので、大きく稼ぐチャンスです。500倍でもこの違いですが、中には無制限や3,000倍の超ハイレバ業者もいます!

海外fx業者のレバレッジを選ぶ
海外FX業者のレバレッジランキングとスペック比較

海外FX業者のレバレッジランキング(最大値)です。 最大レバレッジランキング 3,000倍:FBS、トレーダーズトラスト 2,000倍:エクスネス(無制限も可能) 2,000倍:ランドFX(無制限も可 ...

続きを見る

世界最高基準の自由な取引を、ぜひ体感してみてください。

取引方法(DD・NDD方式)とスプレッド

FXの取引方法は主に2種類あります。トレーダーとFX業者で取引をする「DD方式」と、トレーダーの注文をそのまま市場に流す「NDD方式」です。

取引方法の違い

  • DD方式(Dealing Desk)
    国内業者が主流
    スプレッドは原則固定で狭め
  • NDD方式(No Dealing Desk)
    海外業者で主流
    スプレッドは変動でやや広め
  • 参考:取引方法の違い

DD方式は表向きのお得感はありますが、FX会社の裁量が大きいです。そのため取引価格に手数料が上乗せされていたり、急にスプレッドが広がるリスクもあります。

NDD方式はスプレッドが広めですが、市場に直結しています。スプレッドできちんと売上を確保しているので、透明性が高く明朗会計です。

NDD方式が主流の海外FX業者は、トレーダーが取引するほど売上が上がります。そのため取引するほど、VIP待遇で応援してくれます!

(詳細)海外FXのスプレッド一覧

キャッシュバックとボーナス

キャッシュバックとボーナスは、海外FXの勝ちです。

国内業者のキャッシュバックは5万円未満が相場で、多くて10万円程度です。しかも取引量で金額が変わり、満額もらうには100万通貨などの取引条件をよく見かけます。

ドル円(1ドル=100円)を100万通貨取引するには、400万円〜の運用が必要です(レバレッジが〜25倍)。

対して海外FXは特に条件なく、取引するほどもらえます。キャッシュバックはこちらの記事を参考ください。

海外fxのキャッシュバックサイト(業者一覧)
海外FXのキャッシュバックサイト比較と提供業者

海外FXのキャッシュバックサイトで、一番稼ぎやすいのはTariTali(タリタリ)です。 タリタリがおすすめの理由 最高キャッシュバック率保証付き ボーナスももらえる業者数No1 出金は最短翌日(他サ ...

続きを見る

そしてボーナスは、海外FXの独自特典です。

ボーナスは証拠金として、追加資金になります。FX会社の主な利益はトレーダーの取引手数料なので、入金に対して付与されることが一般的です。

入金ボーナスは業界で半数ほどの業者が対応していて、相場は50万円〜200万円です。ですが1,000万円以上くれる業者を見つけたので、こちらの記事にまとめました。

海外fx業者の入金ボーナス
海外FX業者の入金ボーナスランキング【2022年比較】

入金ボーナスがもらえる、海外FX業者をまとめました。 海外FX業者の入金ボーナスランキング アイアンFX:無制限(金額と回数上限なし) トレーダーズトラスト:1,000万円 ビッターズ:200万円 ゲ ...

続きを見る

さらに口座開設だけでくれる業者もいます!未入金のボーナスは会社の赤字なので、貴重な存在です!対象業者はこちらの記事で確認できます。

海外FX業者の口座開設・未入金ボーナス
海外FX業者の口座開設・未入金ボーナス【2022年】

口座開設だけで、未入金ボーナスをもらえる海外FX業者をまとめました。ボーナスは取引に使えるので、入金なしで無料トレードができます! 未入金ボーナスランキング 1万円:ゲムフォレックス(キャンペーンで変 ...

続きを見る

入出金方法について

入出金についての、共通点は以下です。

入出金の共通点

  • クレジットカード(デビットとプリペイド)
  • 銀行振込(国内送金)
  • ビットコイン(仮想通貨)
  • 手数料無料(例外あり)

海外FX業者では、オンラインウォレットも一般的です。

(参考)ウォレットの種類

海外業者からの出金は、海外送金が主流です。そのためウォレット、海外送金の受取手数料が安い銀行、国内送金で出金できる海外業者を使うことでコストカットできます。

(詳細)海外FXの出金まとめ

取引ツール(プラットフォーム)

国内業者は自社システム、海外業者はMT4やMT5が主流です。

海外FX業者の取引ツール

  • MT4:世界基準のプラットフォーム(標準対応)
  • MT5:次世代の高性能(対応率は40%ほど)
  • cTrader:板画面も見れる高機能(対応率は10%ほど)
  • 参考:取引ツールの記事一覧

MT4(MT5)は業界スタンダードなので、知っておいて損はないと思います(一度覚えれば、他の業者でも使えます)。

まとめ

国内業者は「もしも」の補償があって安心ですが、フタを開ければ条件が細かく分かりにくいです。保険商品のブラックボックス化と同じ印象を受けます。

海外業者は自由で単純明快、やる気がある人はどんどん優遇するスタイルです。クレジットカードで、一律の利用限度額がないことにも通じました。

分かりやすいアプリで、丁寧なサポートを受けるなら「国内業者」が安心です。

世界基準の取引ツールを使って、青天井で稼ぐなら「海外業者」で自由なトレードを心置きなく楽しんでください!

(参考)海外FX会社の一覧

-海外FXの始め方

© 2022 ソトFX