海外FXの始め方 海外FXの入金・出金方法

海外FXの出金方法と手数料、限度額、着金時間まとめ

海外FX業者からの出金は、手数料無料で即時反映もできます。

出金方法の特徴

  • クレジットカードとデビットカード(プリペイドカードは業者次第)
  • 仮想通貨、銀行振込、オンラインウォレット
  • 手数料:無料(少額決済などは有料の場合あり)
  • 決済限度額:100円〜上限なし(業者によります)
  • 着金時間:即時反映〜数日間

入金した決済サービスまたは、銀行振込での出金が原則です。

(参考)入金方法まとめ

意図的な出金拒否はなく、規約違反や手続きのミスがなければ出金はできます。

この記事では出金方法、基本ルール、トラブル対応をまとめました。

海外FXの出金方法一覧

海外FXの定番出金方法です。

手数料 決済限度額 着金時間
クレジットカード 無料 入金額(4) 数日間
国内送金 無料(1) 上限なし 最短即日
海外送金 無料 上限なし 数日間
仮想通貨 無料(2) 上限なし 即時〜数時間
ウォレット 無料(3) 上限なし 即時〜数時間

(1)少額決済で手数料が発生することがあります(振込手数料が自己負担の場合も)。

(2)トランザクション手数料は、自己負担が一般的です。

(3)ウォレットへの入出金手数料は、かかる場合があります。

(4)入金額以上(利益)を出金できる業者もいます(エクスネスなど)。

カード以外の決済方法も、1回の決済限度額が設定されている業者もいます(回数制限がなければ、実質上限なし)。

クレジットカード(デビットとプリペイド)

各種カードブランドの、クレジットカードとデビットカードが使えます。

プリペイドカードも基本使えますが、利用を禁止または推奨しない業者もいます(本人名義ではない場合、本人確認が取れないため)。

カードの入金額分を、返金扱いで出金することが一般的です。決済はキャンセルされるので、カードのポイントも通常貯まりません。

ですが入金額以上(利益)を引き出せたり、他の決済方法で出金する海外FX業者います。この場合決済はキャンセルされないので、カードポイントも貯まります!

(参考)カード入出金のまとめ

銀行振込(国内送金)

海外FX業者は海外企業なので、海外送金が一般的でした。ですが最近は、国内送金で出金できる業者も出始めています。

手数料無料・最短即日着金で、普段の銀行口座が使えるのでおすすめです!

国内送金の出金対応業者

ゲムフォレックスも無料ですが、こちらで決済方法を選べません。

状況によって収納代行会社が振り分けられ、国内送金になることもあります。出金先の銀行は関係なく、振り分け基準は非公開です(カスタマーに確認済み)。

(参考)ゲムフォレックスの出金方法

またビッグボスも対応していますが、手数料が2,000円かかります。

(参考)ビッグボスの出金ルール

振込名義人の記入方法に、指定がある時は注意ください(入力ミスで着金が遅れることがあります)。

(詳細)国内送金の手順

海外fx業者から銀行口座に出金

(私は楽天銀行や三井住友銀行を使っています)

銀行振込(海外送金)

海外送金は中間銀行が入ったり為替が発生するので、手数料と日数(数日間)がかかります。

海外送金の受取手数料は、銀行で設定されています。

受取銀行の手数料

  • ソニー銀行:0円
  • ゆうちょ銀行:0円(米ドルとユーロ建て送金)
  • 新生銀行:2,000円(ランクによって全額キャッシュバック)
  • 楽天銀行:2,450円
  • 住信SBIネット銀行:2,500円(金額によって無料あり)
  • みずほ銀行:2,500円(インターネット支店以外)
  • 三井住友銀行:1,500円
  • 三菱UFJ銀行:1,500円
  • りそな銀行:1,500円
  • *金額は変わる場合があります

ソニー銀行とゆうちょ銀行は手数料無料で、新生銀行はキャッシュバックで実質無料です。ゆうちょ銀行は通貨に制限があるので、円のまま送金希望ならソニー銀行一択です。

ただしソニー銀行は「海外FX会社からの送金は断ることがある」と、公式サイトに記載しています。

(参考)ソニー銀行の海外送金

そのため継続的な利用は、避けたほうが確実だと思います。

海外送金の受取手数料が無料(ソニー銀行、ゆうちょ銀行、新生銀行)

(私はゆうちょと新生銀行も使っています)

海外送金の受け取り(被仕向送金)には、受取銀行以外の手数料がかかることもあります。

海外送金の受取手数料

  1. 受取銀行
    着金の銀行口座(受取人)
    1,500円〜2,500円
  2. 中継銀行(コルレス)
    送金元と受取先の経由銀行
    1,000円〜3,000円
  3. 為替手数料
    通貨の両替がある場合に発生
    2,500円〜(送金額の0.05%など)
  4. リフティングチャージ
    送金と着金が同じ通貨(送金元負担もあり)
    2,500円〜(送金額の0.05%など)

ネット銀行は受取手数料だけを提示して、その他はかかる可能性だけ明記してあることが多いです。そのため公開金額と実際の請求金額は、差が生じることもあります。

仮想通貨(ビットコインなど)

暗号資産の入出金も、海外FXで定番になってきました。

最初はビットコインだけでしたが、最近はアルトコイン決済も増えています。

手数料無料(トランザクション手数料は負担)、即時〜数時間反映、決済上限額なしが一般的です。

オンラインウォレット

オンラインウォレットは、複数のサービスで入出金できるお財布のようなサービスです。

即時反映も可能で、着金が早いです。

ウォレットの種類

  • スティックペイ:コンビニATMからも引き出せる
  • ビットウォレット:銀行出金手数料が安い
  • エコペイズ :口座を複数作れて管理しやすい
  • ビーエックスワン:入金手数料無料 など
  • 参考:ウォレットまとめ

ウォレットを経由すれば、海外FX会社が非対応の決済サービスも利用できます

出金のルールや手続き

出金のルールやトラブルシューティングです。

  • 決済サービスは入金歴があるもの(原則)
  • 正当な理由がない出金拒否はしない
  • 取引履歴に利益があれば、出金しなくても課税対象が前提
  • 出金できない時は、手続きミスか処理遅延

決済サービスの利用ルール

安全な決済のために、出金には共通ルールがあります。

出金の共通ルール

  • 入金した決済サービスへ出金する(原則)
  • 出金方法には優先順位がある(カードが最優先)

入金した本人に資金を返すために、本人名義のサービス(アカウント)への出金が原則です。

ただし入金した決済サービスが使えない時や、担当部署が必要と判断した場合は、他の決済サービスで出金します。

(参考)入金方法まとめ

そしてクレジットカード(デビットカード)への出金が最優先です。理由はチャージバック(売上取り消し)の悪用防止と、返金期限です。

(参考)カード出金のルール

カードへの出金が完了したら、他の決済方法で利益を引き出せます。ただしエクスネスのように、利益もカード出金できる貴重な海外FX業者もいます。

(参考)エクスネスのカード決済

出金拒否と税金について

海外FX業者は、トレーダーの損害になるような意図的な出金拒否をしません。

業者の主な利益はスプレッドであり、取引が増えるほど売上が上がるので、トレーダーの信頼を失うような行為をする必要がないからです。

実際に、複数の業者で「出金拒否はしない」という回答をもらいました。

(参考)出金拒否の業者対応

ただし規約違反や手続きミスで、出金が保有または停止になる可能性はあります。

利益が出金できない時の税金について、顧問税理士に確認したところポイントは以下でした。

利益の税金のポイント

  • 取引履歴(損益報告書)に利益が計上されているか
  • どちらの責任か(業者とトレーダー)

確定申告では年間の取引履歴を提出するので、履歴に利益が含まれていれば、確定申告の必要があります。

そして利益を出金できない原因がトレーダーにある場合は、課税対象の可能性が高いです(規約違反など)。

業者が不当な対応をした場合は、状況に応じて対応が変わると思います(口座凍結や取引履歴の有無など)。

(参考)取引履歴の取得方法

出金できない時の対処法

出金拒否やなかなか着金されない時に、考えられる原因です。

出金できない時の原因

  • 決済方法が選べない(入金していないなど)
  • 決済限度額を超えている
  • 出金先の情報が間違っている(本人確認が取れない)
  • 銀行の対応(受取拒否、中継銀行の処理遅延など)
  • 決済サービスのメンテナンス中

海外送金の場合、海外送金を受け取れない・システムの互換性がない・過去に何度も拒否されたという理由で、出金できないまたは推奨しない銀行を指定する業者もいます。

該当銀行は基本的に出金ページに明記されていますが、最新状況の確認を含めて事前にカスタマーに問い合わせるとより安心です。

また中継銀行を経由すると、処理エラーや保留の機会も増えます。まずはFX会社と受取銀行に聞いてみて、不備がなければ中継銀行への確認も依頼してみてください。

まとめ

海外FX業者の出金は、どんどん便利になっています。

  • JCBカードの普及
  • 国内銀行送金の定着
  • 手数料無料(なるベく)
  • 限度額なし(手間を取らせない)

日本語サポートの品質も向上していて、チャットですぐ聞けるの国内サービスと遜色ないです。

(参考)海外FX会社の一覧

-海外FXの始め方, 海外FXの入金・出金方法

© 2022 ソトFX