海外FXの始め方 海外FXの入金・出金方法

海外FXの入金方法。手数料と最低入金額〜限度額

2020年3月4日

海外FX業者への入金は、手数料無料で即時反映が基本です。最低入金額は500円〜10,000円、1回の限度額はカードとウォレットが数十万円、仮想通貨と銀行振込は上限なしが相場です。

入金方法

  • クレジットカード(デビット・プリペイド)
  • 仮想通貨(ビットコインなど)
  • ウォレット(オンライン決済サービス)
  • 銀行振込(国内送金)

決済方法はメンテナンスで一時的に使えなくなったり、業者との提携状況で変わります。そのためうまくいかない時は、カスタマーに相談しましょう。

クレジットカード(デビットとプリペイド)

クレジットカードはポイントが貯まるのでよく使います。デビットカードとプリペイドカードも基本決済できます。

入金手順は金額を決めて、カード情報を入力するだけでカンタンです。

使えるブランドは、VISAとMASTERが主流です。JCBの対応率は現状30%ほどで、アメックスとダイナースクラブが使える業者もいます。

カード決済の詳細は、こちらの記事を参考ください。

クレジットカード情報を入力
クレジットカードで海外FX業者へ入金する手順と決済ブランド

海外FXでは、クレジットカードとデビットカードの入金が一般的です。プリペイドカードは、業者で対応が分かれます(本人確認が取りづらいという理由で)。 手数料無料で即時着金、そしてカードのポイントも貯まる ...

続きを見る

仮想通貨(ビットコインなど)

海外fxに仮想通貨(ビットコイン)で入出金

仮想通貨が使える業者の割合は、全体の30%ほどです(25社の調査結果)。1万円以下から気軽に使えます。

ビットコインをはじめ、リップル・イーサリアム・ライトコインなど、10種類以上の通貨に対応する会社もあります。

スペック・お得さ・通貨数から厳選したおすすめの会社を、こちらの記事にまとめました。

ironFXへ入出金できる仮想通貨(ビットコイン)
ビットコインなどの仮想通貨で入出金できる海外FX業者

ビットコインなどの仮想通貨で入出金できる海外FX業者は、全体の30%ほどです(25社の調査結果)。 基本的に手数料無料・即時反映でとても使いやすいです。決済金額は業者によりますが、数百円(0.001 ...

続きを見る

ウォレットで非対応の決済方法もカバー

カードブランドや仮想通貨に非対応の業者でも、ウォレットを経由すると入金できます。

ウォレットはオンライン決済サービスで、お財布アプリのようなものです。世界中の加盟店やインターネット決済に使えたり、ユーザー間の送金もできます。

日本ではまだなじみがないかも知れませんが、ひとつあると便利です。海外FXで利用率が高い日本語対応のウォレットを、こちらの記事でまとめました。

海外fxに入出金できる日本語対応のnウォレットアプリ
海外FXの入出金に便利な日本語対応のウォレット

海外FX業者への入金方法はクレジットカード(デビット・プリペイド)、出金は銀行振込が一般的です。全体の30%くらいの業者は、仮想通貨(ビットコインなど)も使えます。 カードブランドはVISAかMAST ...

続きを見る

銀行振込は国内送金で便利

入金用の国内銀行口座や、カンタン入力の専用ページを用意している業者もいます。そのため普段と同じ感覚で銀行振込できます。

国内送金は決済方法で、オンラインバンキングやローカル(Local)と記載されています。

千円単位の少額入金は手数料が発生することがありますが、無料の業者が多いです。また着金時間の目安は平日で数時間、土日祝は翌営業日に手続きされることもあります。

私は三井住友銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行を使い分けていますが、特に不便はないです。

出金は銀行振込が主流なので、入金を銀行に統一しても分かりやすいです。出金については、こちらの関連記事を確認ください。

海外fx業者から銀行口座に出金
海外FXの出金方法と手数料が安いおすすめの銀行

海外FXでは基本的に、銀行振込で上限額なく出金できます。そして手数料も無料です(少額振込で発生することがあります)。 ただし通常は海外送金(電信送金)なので、銀行の受取手数料が発生(2,500円〜5, ...

続きを見る

入金できない時の対処法

入金エラーや着金がなかなか反映されない時は、こんな原因が考えられます。

入金できない、遅い時の原因

  • 決済側の限度額を超えている
  • 使えない時間帯
  • 手続きの書式に不備

FX会社の入金ページで入金額を記入すると、限度額を超えているとエラーが出て気づきやすいです。そのため上限額超えは、決済サービス側の可能性が高いです。

デビットカードは、銀行によって使えない時間帯があります(みずほJCBデビットなど)。週に数時間と長くはないですが、頭の片隅に入れておくと安心です。

銀行振込は、振込名義人の後ろに口座番号の記入指示が出る場合があります。記入しないと自動反映されず、着金が遅れやすいです。必要な時は事前案内があるので、確認しましょう。

カード決済は一度失敗しても、再試行で成功することがよくあります。原因が単純な接続エラーだからです。2回目も失敗したら、カスタマーに相談しましょう。

まとめ

FX会社はトレーダーの取引に応じた手数料が主な利益です。そのため入金のスピードや利便性の改善に本気です。

実際に会社が休みでも専門部署のスタッフが、入金処理をしてくれる業者もあります。またライブチャットで質問すれば、すぐに丁寧な回答をくれます。

手数料や入金額の制限は、基本的に入金ページに書いてあります。もし分からないことがあったりエラーになったら、カスタマーに相談しましょう。

-海外FXの始め方, 海外FXの入金・出金方法

© 2020 ソトFX