海外FXの入金・出金方法

STICPAYで入出金できる海外FX業者と使うメリット

STICPAY(スティックペイ)を使うメリットは、仮想通貨決済とATM出金です。

STICPAYのメリット

  • ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、テザーで入出金できる
  • プリペイドカードでコンビニATMから毎月100万円ほど引き出せる

仮想通貨決済に非対応の海外FX業者にも、スティックペイ経由で入出金できます。さらに専用プリペイドカードを発行すれば、銀行口座に履歴が残りません

詳細はこちらの公式ページを参考ください。

(公式)STICPAY

25社調べた中で、4割ほどの海外FX会社が決済対応しています。

STICPAYの手数料と限度額

STICPAYへの入出金はクレジットカード(デビットカード)、銀行振込、仮想通貨が使えます。着金は即時〜数時間で、銀行振込は1〜2営業日です。

入金手数料

  • VISAとMASTER:3.85%
  • 銀聯(UnionPay):1.5%
  • 銀行振込:2%(1回100万円まで)
  • ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、テザー:1%

海外サービスのカード決済手数料は2〜2.5%が相場なので、VISAとMASTERは少し割高です。

また海外FX会社は手数料無料が基本なので、カードと銀行送金なら業者へ直接入金する方がお得です。その代わり、銀聯カードと仮想通貨も使えるのは貴重です。

出金手数料

  • 銀行振込:800円+1.5%(1回99万円まで)
  • ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム:1%
  • STICPAYカード:1.3%

海外送金の手数料は、2,500円〜5,000円が相場です。そのため10万円くらいまでなら、銀行振込も手頃です。

コンビニATMから出金可能!STICPAYカード

専用のプリペイドカード「STICPAYカード」を発行すれば、銀行口座に履歴を残さずに毎月100万円ほど引き出せます!限度額は1日5,000ドル、1ヶ月9,500ドルです。

スティックペイカードでセブン銀行ATMから出金

世界中に提携ATMがあり、日本ではセブン銀行やゆうちょ銀行が対応しています。利益をコンビニですぐに出金できてありがたいです!

カード発行は、会員ページから申請できます。

スティックペイが使える海外FX業者

STICPAY対応の海外FX業者

  • XM(エックスエム)
  • Titan FX(タイタンFX)
  • AXIORY(アキシオリー)
  • Exness(エクスネス)
  • LAND-FX(ランドFX)
  • Tradeview(トレードビュー)
  • FBS
  • GemForex(ゲムフォレックス)
  • Anzo capital(アンゾーキャピタル)

ビットコイン決済の対応は半々程度なので、使えない業者はスティックペイの利用価値が上がります。

まとめ

海外FX会社の入出金限度額は、無制限が一般的です。ですがSTICPAYへの出金は、入金額までに制限している業者もいます。

制限がある場合、入金額以上の利益は銀行振込や他のウォレット(bitwalletなど)を使って出金できます。

もし制限があっても、個人的に利用価値を感じています。仮想通貨が使えて、コンビニATMからいつでも引き出せるからです!

今までプリペイドカードを発行していて、利用停止になったウォレットを複数見てきました。そんな中STICPAYは、ずっとプリペイドカードが使えています

こちらの公式ページから無料登録できます。

(公式)STICPAY

海外FXで稼いだお金をコンビニATMで引き出せるのは貴重なので、引き続き利用します。

-海外FXの入金・出金方法

© 2020 ソトFX