海外FXの始め方

海外のFX口座を使って感じたデメリットとメリット

2011年から国内業者でFXを始めて、2019年から海外業者も使っています。最初に海外口座で感じたデメリットは3つです。

海外FXに感じたデメリット

  • 取引手数料(スプレッド)がやや高い
  • 出金の手間と面倒
  • スマホが少し不便

デメリットは実際に使っていくと、解決策が見つかったのでこの記事でシェアします。

またメリットは税金、借金のリスクなし、レバレッジ、ボーナス(キャッシュバック)です。メリットは記事の後半にまとめました。

スプレッド(取引手数料)がやや広め

買値と売値の差「スプレッド」は、取引にかかる実質手数料です。

国内のFX会社は原則固定で狭め、海外のFX会社は基本変動でやや広めです。例えばドル円なら国内業者は0.3pipsの原則固定、海外業者は平均1.5pipsの変動制などです。

スプレッドが国内と海外で違う理由は、取引方法(注文処理の流れ)です。取引方法とスプレッドについては、こちらの関連記事を参考ください。

ddとndd方式
国内と海外FXの取引方法(DD方式とNDD方式)

FXの取引方法は、主に2種類あります。FX会社と取引をする「DD方式」と、為替市場に直結した「NDD方式」です。 スプレッド(取引手数料)と、取引の流れが違います。 取引方法の違い DD方式:主に ...

続きを見る

通常の相場では、スプレッドは国内業者の方が狭いです。また固定であれば、為替変動を気にする必要もありません。

ですが「原則」と付いているように、急なレート変動時は国内業者も大きく広がるリスクはあります。

海外FX業者は基本スプレッドの広さを補うために、0pips〜の特別口座を用意しています。そのためスキャルピングや自動売買も、心置きなくできます!

また固定スプレッドの口座を開設できる海外業者もいます。口座は1つの会社で複数持てるので、取引スタイルで使い分けられます。

出金は海外送金、仮想通貨、ウォレット

海外業者は基本的に、入金用に日本の銀行口座を用意しています。そのため入金は、普段のクレジットカードや銀行振込が使えます。

ですが出金は海外送金が一般的です。そのため手数料が高く(2,500円〜5,000円が相場)、着金まで2~5営業日かかることもあります。

ただし手数料無料の銀行もあり、国内送金に対応できる業者もいます!そのため手数料を安くしたり、着金日数を短くすることは可能です。

出金に関する対応銀行と業者は、こちらの記事にまとめました。

海外fx業者から銀行口座に出金
海外FXの出金方法と手数料が安いおすすめの銀行

海外FXでは基本的に、銀行振込で上限額なく出金できます。そして手数料も無料です(少額振込で発生することがあります)。 ただし通常は海外送金(電信送金)なので、銀行の受取手数料が発生(2,500円〜5, ...

続きを見る

また仮想通貨(ビットコイン)やウォレットが使える会社もあります。

ウォレットはオンラインの決済サービスで、お財布アプリのイメージです。FX会社が非対応の決済方法でも、ウォレットを経由すれば入出金できることがあります。

初めて使うサービスは、手間とストレスがかかります。ですが内容を理解して一度慣れてしまうと、さらにFXがしやすい環境を作るキッカケにもなります。

スマホアプリや電話サポートはあまりない

海外業者のサポートは、ライブチャットとメールが一般的です。日本語対応は問題なく電話サポートもありますが、海外通話になることがあります。

またアプリを提供する会社もいますが、使い勝手やデザインが慣れないかも知れません。

国内業者は日本人向けにサービスを展開しているので、アプリの操作性やサポートが充実しているのは当然で仕方ないと思います。

ただ実際の取引は、MT4(MT5)のアプリが使えるので便利です。ブラウザで会員ページへログインできるので、設定変更や入出金も問題ありません。

IS6FXのLINEサポート

海外業者の中で「IS6FX」は、LINEサポートに対応しています。LINEでサクッと聞きたい人はおすすめです。今なら口座開設で5,000円もらえて、最高100万円の追加資金も付きます

(公式)IS6FXの口座開設ページ

海外FX業者のメリット一覧

海外FX業者を使う、4つのメリットです。

海外のFX口座を使うメリット

  • 税金(損益通算しやすい、追加資金が非課税)
  • 借金の心配なし(ゼロカットシステム)
  • レバレッジは国内業者の平均20倍
  • ボーナスとキャッシュバックが断然お得

口座残高以上の損失はなく、レバレッジとボーナス(キャッシュバック)を使って青天井に稼ぐチャンスです!詳細はこちらの記事を確認ください。

国内と海外のFXの違いを比較
国内と海外のFXの違いを比較。どっちがおすすめ?

安心して慣れ親しんだ取引をするなら「国内業者」、自由にガッツリ稼ぐなら「海外業者」がおすすめです。 FX会社は国内と海外で、金融免許の取得国が違います。国内業者は日本で金融商品取引業に登録し、海外業者 ...

続きを見る

まとめ

海外のFX会社は、世界中のトレーダーを相手にしています。そのため日本人向けの国内業者より、日本人が不便を感じるのは仕方ないです。

ですが海外業者の主な利益はスプレッドです。トレーダーが取引するほど、会社の売上も上がります。

そのためトレーダーのサポートに本気です!質疑応答は迅速丁寧で、取引するほど特別待遇してくれます(キャッシュバック、条件優遇、ポイントプログラムなど)。

やる気がある人はトコトン応援してくれるので、ガッツリ稼ぐなら海外FXがおすすめです。

-海外FXの始め方

© 2020 ソトFX