海外FXの始め方

海外FXの注意点やデメリット・リスクについて解説

海外FX業者を使う時の、注意点は以下です。

海外FXの注意点

  • 稼ぐほど税率が上がる(ただし他の損失と通算もできる)
  • FX会社の倒産時に、口座残高の保証は確実ではない(分別管理が主流)
  • スプレッドは広め(0pips〜の狭い口座もある)
  • 出金手数料と着金時間がかさみやすい(海外送金など)
  • 日本語サポートに不安な時がある(現地スタッフのチャットなど)

デメリットやリスクは、解決方法や対処法もそれぞれあります

この記事ではデメリットになり得ることと、メリットを合わせてまとめました。

海外FXのデメリット

まずは海外FXのデメリットになりうることを、まとめました。

  • 稼ぐほど税率アップ(累進課税)
  • 分別管理が主流(信託保全は一部)
  • スプレッドは広め
  • 出金手数料と着金時間がかかる
  • 日本語サポートに不安な時がある

稼ぐほど税率が高くなる

海外FX業者を使って稼いだ利益は、雑所得として課税されます。そして累進課税なので、稼ぐほど税率は上がります。

税金の違い

  • 海外FX業者:累進課税(5%〜45%)
  • 国内FX業者:申告分離課税(20.315%)

所得金額が695万円を超えると、海外口座の方が税率は高くなります(23%)。

ですが海外口座は総合課税なので、他の所得や損失と合算できます。仮想通貨(ビットコインなど)も通算対象なので、損失が出ていれば節税効果があります。

(参考)海外FXの税金対策

資金は分別管理(信託保全は少数)

FX会社は倒産や破産などの万が一に備えて、トレーダーの資金を保全しています。

資金の管理方法

  • 分別管理:顧客の資金は、FX会社と別の銀行口座で管理(金融商品取引法)
  • 信託保全:信託業の免許を持った銀行や会社に依頼(信託法)

信託保全はFX会社や銀行が破産しても、原則差し押さえ対象になりません(信託法第23条)。安全性の高さから、国内のFX業者で義務付けられています。

(詳細)分別管理と信託保全

対して海外FX業者では、分別管理が主流です。理由は海外で金融ライセンスを取得していることと、信託法の有無が国によって違うことです(日本の法律適用外)。

(参考)海外FXのライセンス一覧

分別管理の業者は格付けの高い銀行を利用したり、監査法人を入れるなどで利用者の信用を高めています。

スプレッドは広め

海外FX業者の方が、国内FX業者よりもスプレッドは広めです。理由は取引方法の仕組み上、スプレッドが主な売上だからです。

取引方法の違い

  • 海外FX業者:NDD方式(FX会社は注文を市場に流す)
  • 国内FX業者:DD方式(FX会社は注文を受ける)
  • 参考:取引方法について

海外業者はスプレッドをしっかりもらいますが、代わりに透明で公平な取引環境を提供してくれます。

国内業者はスプレッドを狭くすることができますが、代わりに隠れた手数料の存在を否定できません。

海外FX業者はスプレッドが狭い口座(ECN)も用意しているので、スキャルピングや自動売買もコスパよく取引できます!

(詳細)スプレッド一覧と比較

出金手数料と着金時間がかかる

海外FXでは、入出金手数料無料が主流です(少額決済や回数制限で発生する場合はあります)。

ですが出金に使う決済サービスで、手数料がかかることが一般的です。

主な決済サービス

  • 銀行振込(海外送金の場合)
    手数料相場:2,500〜4,500円
    着金日数:3〜5営業日
  • ウォレット(オンライン決済)
    手数料相場:824円〜
    着金日数:数時間〜即日
    参考:ウォレットについて

海外業者なので海外送金が主流ですが、国内送金ができる海外FX業者もいます(手数料無料)

(詳細)海外FXの出金方法

日本語サポートに不安な場面も

公式サイトを日本語対応している海外FX業者は、日本語サポートも対応してます(日本市場も相手にしているので)。

日本語サポートの内容

  • 営業時間:平日(昼間、夕方〜夜、24時間体制など業者によります)
  • 対応ツール:メール、ライブチャット(LINEサポートは少数)

30社ほど見てきた中で、メールサポートはどの業者もきちんと日本語対応していました。

ですがライブチャットは、日本語が不安定な現地スタッフもいました(リアルタイムで便利ですが)。

もし日本語がうまく伝わらなければ、「日本人スタッフをお願いします」「メールでまとめて回答してください」などの依頼をすれば解決できます。

(参考)海外FX業者の評判まとめ

海外FXのメリット

次にメリットを見ていきます。

  • 借金の心配なし(ゼロカット対応)
  • ハイレバで勝負できる(無制限や3,000倍!)
  • ボーナスで無料トレードや追加資金がもらえる
  • ゴールドやビットコイン取引もできる
  • 取引ツールは世界基準(MT4やMT5)

ゼロカットで借金の心配なし

海外FX業者は、ゼロカットに標準対応しています。そのため借金のリスクなしです!(口座残高以上の損失なし)。

*ゼロカットは、マイナス残高を0に戻すサービスです。

国内のFX業者は、投資家の損失補填が禁止されています(金融商品取引法)。

ですが海外のFX業者は海外でライセンスを取得しているので、トレーダーの損失カバーは自由です(日本の法律対象外)。

(参考)ゼロカットのルールと対応

レバレッジ無制限や3,000倍も可能

海外FXでは、レバレッジ無制限や最大3,000倍の業者もいます!

対して国内FX業者は、最大25倍に制限されています。理由はトレーダーの損失補てんができないので、損失リスクを抑えるためです。

レバレッジの違い

  • 海外業者:平均500倍
  • 国内業者:25倍に制限

海外業者は国内業者の、1/20の資金で同じポジションを持つこともできます(レバレッジ差が平均20倍)。

少額資金からハイレバで、大勝ちを狙えるのは海外FXの醍醐味です!

(詳細)レバレッジランキング

ただしレバレッジを上げると、その分損失リスクも高くなるので注意ください。

レバレッジ68倍で1万円が強制ロスカット

豪ドル円を約1万円で0.1ロット・1万通貨(レバレッジは約68倍)買って、ロスカットになりました(画像はMT4の取引履歴)。

ボーナスで追加証拠金がもらえる

海外FXでは特典として、ボーナスがもらえます。ボーナスは証拠金として使えるので、無料トレードや追加資金になります!

ボーナスの種類

  • 口座開設ボーナス:未入金で無料トレードができる
  • 入金ボーナス:入金に応じて不要(入金額の100%など)

口座開設ボーナスの相場は3,000円〜10,000円で、もらえる業者は限られます。

(詳細)口座開設ボーナス一覧

入金ボーナスは1,000万円以上や、無制限プランもあります!

(参考)入金ボーナスランキング

CFDやビットコイン取引もできる

海外FX業者では通貨ペアに加えて、CFDや仮想通貨も取引できます。

海外FXの取扱商品

  • 通貨ペア
  • 貴金属(ゴールドなど)
  • エネルギー(原油など)
  • 株価指数(インデックス)
  • 株式銘柄(米国株や日本株)
  • 仮想通貨(ビットコインとアルトコイン)

通貨ペアの取扱銘柄は、業者で変わります。

(詳細)通貨ペア数ランキング

CFD商品の特徴は、こちらの記事にまとめました。

(参考)CFD商品を解説

取引ツールはMT4・MT5で共通

海外FX業者の取引ツールは、MT4とMT5が主流です。

海外FXの取引ツール

  • MT4:世界基準のプラットフォーム(標準対応)
  • MT5:次世代の高性能(対応率は40%ほど)
  • cTrader:板画面も見れる高機能(対応率は10%ほど)

EA(自動売買ソフト)やカスタムインジケーターの互換性が高いため、現状はMT4が使いやすいです。

(参考)MT4の対応まとめ

ただし開発会社(メタクオーツ社)のアップデートは、MT5がメインなので今後の主流になると予想されます。

(詳細)MT5が使える業者

スキャルピングや自動売買メインなら、cTraderもおすすめです。

(参考)cTraderのスペック

取引プラットフォームは口座単位で設定できるので、使い分けができます。

まとめ

海外FX業者は海外企業が運営しているので、税制やサポートに国内業者と差が出やすいです。

  • 海外ライセンスのおかげで、ゼロカットやハイレバを活用できる
  • 分別管理でも企業努力中(信託保全は少数派)
  • スプレッドは透明性の高い取引環境の利用料(でも狭い口座もある)
  • 出金はウォレットを活用して、コストと時間をカット
  • 日本語サポートに不満なら、他の業者と併用がおすすめ

業者のアカウント登録は無料で、複数口座を作れます。

(参考)海外FX会社の一覧

-海外FXの始め方

© 2022 ソトFX