HFM:ホットフォレックス

HFM(HotForex)の評判まとめ。メリットとスペックを考察

HFM(旧ホットフォレックス)は、少額資金からハイレバで勝負できる海外FX業者です。

HFMの特徴

  • 最大レバレッジ1,000倍(制限がとてもゆるい)
  • 口座開設ボーナスは500ドル、入金ボーナスは5,600ドル
  • スキャルピングや自動売買は自由(口座間の両建ては禁止)
  • 口座残高に利息が付く(最大3%)
  • ロイヤリティプログラム(取引還元サービス)
  • 意図的な出金拒否なし(金融ライセンスで合法運営)

レバレッジ制限のやさしさと、高額ボーナスで大勝ちを狙えます!さらに口座残高に利息も付くので、預けておくだけでもお得です(一定の取引量は必要)。

運営実績が豊富で賠償保険にも加入しているので、安心と信用が高いと判断しています。

(公式)HFM

HFMの金融ライセンスと会社概要

HFMは、各国で金融ライセンスを取得して合法的にサービスを提供しています。

グループ企業と金融ライセンスの取得国

  • HF Markets (SV) Ltd:セントビンセント&グレナディン諸島(登録番号:22747 IBC 2015)
  • HFM Investments Ltd:ケニア(ライセンス番号:115)
  • HF Markets (DIFC) Ltd:ドバイ(ライセンス番号:F004885)
  • HF Markets (UK) Ltd:イギリス(法人照会番号:801701)
  • HF Markets SA (PTY) Ltd:南アフリカ共和国(公認番号 :46632)
  • HF Markets (Seychelles) Ltd:セーシェル(証券事業ライセンス番号:SD015)

HFMのライセンス(セントビンセント&グレナディン)

(セントビンセント&グレナディン金融庁のライセンス証)

日本を含めアジア圏は、セントビンセント&グレナディン免許のHF Markets (SV) Ltdが管轄しています。

セントビンセントおよびグレナディーン諸島は、カリブ海の南部に位置する国です。他の海外FX業者では、BigBoss(ビッグボス)もライセンスを取得しています。

(参考)金融ライセンスの取得国

会社概要と実績

HFMは、歴史ある世界的な金融取引グループです、2010年に「HotForex」としてスタートし、FX以外の金融商品も増えたことから、2022年5月に「HFM」へブランド名を変更しました。

会社概要と実績

  • グループ名:HF Markets Group
  • ブランド名:HFM(HF Markets)
  • 口座開設数:350万以上
  • 運営歴:2010年から
  • 社員:200人以上
  • 言語サポート:27種類以上
  • 監査法人:デロイトトーマツ(世界4大会計会社)
  • 受賞歴:60以上
  • スポンサー:サッカークラブチームやレース(ポルシェカップ)など
  • 公式:会社紹介について

高い取引スペックから、大きな資金で利用するトレーダーも少なくないです。

分別管理と資金補償

トレーダーから預かった資金は、HFMの銀行口座とは分別管理されています(大手銀行)。

そのため万が一HFMが倒産しても、債権者への返済にトレーダーの資金が使われることはないです。

さらに民事保険賠償制度へ加入して、500ユーロ(約6,500万円)まで損失を補償できるようになっています。

hotforexの民事保険賠償制度

(民事保険賠償の加入書)

賠償保険に加入している海外FX業者は、全体の10%ほどでした(30社ほど見た中で)。そのため信託保全ではないですが、HFMの安心感は高いです。

(参考)海外FXの分別管理と信託保全

HFMの取引条件と禁止行為

HFMの禁止行為は、口座間(業者間)の両建てです。加えて海外FXで一般的に禁止されている取引も対象です(アービトラージなど)。

禁止行為の詳細、理由、ペナルティはこちらの記事にまとめました。

(詳細)HFMの禁止行為

両建て以外に特別な取引制限はないので、スキャルピングや自動売買も問題なくできます。

1回の取引量は0.01〜60ロット(マイクロ口座は7ロットまで)で、最大ポジション数は口座によって150〜500です。

取引プラットフォームは、MT4とMT5が両方使えます(口座は複数開設できます)。

HFMは意図的な出金拒否なし

HFMは、トレーダーに損害を与えるような意図的な出金拒否はしません

HotForexは出金拒否なし(問い合わせ回答)

(スタッフの回答内容)

ただし規約違反が認められたり、取引改善が見られない場合は、利益分の出金は拒否される可能性もあります(入金分の出金は可能)。

(詳細)HFMの出金方法とルール

入出金手数料は無料(一部例外あり)なので、コスパが良いです。

クレジットカード(デビット、プリペイド)、仮想通貨(ビットコインとアルトコイン)、ビットウォレットが使えます。

(参考)HFMの入金方法まとめ

HFMのレバレッジは制限がとてもやさしい

最大レバレッジは口座によって設定されています。

口座タイプと最大レバレッジ

  • マイクロ:1,000倍(少額用)
  • プレミアム:500倍(定番口座)
  • ゼロスプレッド:500倍(スプレッドが狭い)
  • オート:500倍(現在提供停止)
  • パム:400倍(日本居住者は利用不可)
  • HFCOPY:400倍(コピートレード用)

口座残高が30万ドル以上+取引量が50ロット以上になると、レバレッジは75倍に制限されることがあります。

海外FX業者の口座残高上限は200ドルが相場(レバレッジ1,000倍)なので、HFMは資金が増えてもハイレバを楽しめます!

(参考)HFMのレバレッジ制限ルール

HFMのスプレッドと取引手数料

通貨ペアとゴールドは、ゼロスプレッド口座の方が狭くなります(通貨ペアとゴールド以外は、すべての口座で同じです)。

口座タイプと取引手数料

  • マイクロ:基本無料
  • プレミアム:基本無料
  • ゼロスプレッド:往復6〜8ドル(銘柄指定)
  • オート:基本無料
  • HFCOPY:基本無料

仮想通貨ペアや株価指数は、個別で取引手数料が設定されています。

(詳細)HFMのスプレッドの一覧

HFMのスワップポイントは株価指数が高い

スワップポイントは相場より低めですが、株価指数の銘柄で稼ぎやすいです。

スワップポイントの特徴

  • 2,000円/日ほど:UK100(イギリス株価指数)のロング
  • 高金利通貨ペアは数百円/日ほど
  • 基本はマイナス(ポジションの合計値)

株価指数の高スワップは珍しいです!ただし口座間の両建てができないので、スワップポイントの最大化は他の可能業者を使っています。

(参考)HFMのスワップポイント一覧

HFMは口座残高に金利が付く(最大3%)

HFMでは取引量に応じて、口座残高に利息がつきます。

月の取引量と金利

  • 月の取引量が5-50ロット
    2.0%(口座残高が1,000.01〜25,000ドル)
    2.5%(口座残高が25,000ドル超え)
  • 月の取引量が50ロット超え
    2.5%(口座残高が1,000.01〜25,000ドル)
    3.0%(口座残高が25,000ドル超え)

定期預金のように口座資金に利息が付く、海外FX業者は貴重です。

(詳細)利息が付く海外FX業者

HFMのボーナスとキャッシュバック

HFMのボーナスは、口座開設と入金でもらえます。

ボーナスプラン一覧

  • 口座開設ボーナス:50ドル(6500円)
  • ウェルカムボーナス:最大600ドル(8万円)、入金額の60%
  • ロイヤリティボーナス:最大5000ドル、入金額の30%
  • リターン・オン・フリーマージン:口座残高に利息が付く(最大3%)

口座開設、入金、取引すべてでもらえる、海外FX業者は貴重です!

(参考)HFMのボーナスプラン

またロイヤリティプログラムがあり、取引するほど還元されてお得です。

(公式)ロイヤリティプログラム

まとめ

HFMはハイスペックなので、メインブローカーとして使っている知人も少なくないです(スキャルピングや自動売買)。

口座は複数作れるので、手法やプラットフォームで使い分けができます。

(公式)口座開設フォーム

よりハイレバを楽しむなら、レバレッジ無制限やロスカットなしの海外業者もいます。

こちらの記事に評判をまとめたので、合わせて使ってみてください。

(参考)海外FX会社の評判まとめ

-HFM:ホットフォレックス

© 2022 ソトFX