HFM:ホットフォレックス

HFM(HotForex)の出金方法と手数料、限度額、着金時間

HFM(旧ホットフォレックス)の出金は、手数料無料です。最低5ドルから、1回1万ドル(100万円)まで決済できます。

出金方法と着金時間

  • クレジットカード:2〜10営業日
  • 銀行振込:2営業日以内(国内送金)
  • bitwallet(ビットウォレット):即日反映(数時間)
  • bitpay(ビットコイン):1〜3営業日
  • Crypto Payments(アルトコイン):24時間以内

まずは入金で使ったカードへ、入金額分を返金します。その後は他の方法で、利益を引き出せます。

(参考)入金方法まとめ

ウォレットについては、bitwalletの方が海外FX業者で普及しているため、限度額と手数料が優遇されています。bitpayはまだ発展途上ですが、仮想通貨決済ができるという点で貴重です。

出金方法の一覧

出金方法の一覧です。

手数料 最高出金額 反映時間
クレジットカード 無料 入金額 2〜10営業日
銀行振込 無料 100万円 2営業日以内
仮想通貨 無料 100万円 1〜3営業日
ビットウォレット 無料 100万円 即時

決済限度額は1回分です。

クレジットカードへ入金額を返金

入金でカード(クレジット、デビット、プリペイド)を使った場合、まずは同じカードへ出金します。入金分を出金したら、bitwalletとbitpay(ビットコイン)で利益を引き出せます。

処理は返金扱いとなり、HotForexからカード会社へキャンセルの申請をします。カード会社が申請を受けてから、利用明細に反映されるまでの目安は1週間前後です。

そのため出金時間の公式案内は、2〜10営業日と記載されています。

もし10日経っても確認できなければ、まずはカード会社に問い合わせましょう。利用(入金)と返金(出金)が同じ締め日の場合、相殺されて明細に残らない場合もあります。

銀行振込

銀行振込は国内送金で、手数料なしです。決済代行会社でかかる手数料は、ホットフォレックスが負担してくれます。

決済情報

  • 1回の出金限度額:1,000円〜100万円
  • 手数料:無料
  • 反映時間:平日営業日2日以内(利用銀行で変わります)

bitwallet(ビットウォレット)

bitwallet(ビットウォレット)は、1回で100万円(1万ドル)まで出金できます。そして国内銀行への出金手数料は、業界最安水準(824円)です。

ホットフォレックスの銀行出金は、国内送金で手数料無料です。

実際に楽天銀行へ出金した時の手続きを、こちらの記事にまとめました。

bitwalletに銀行口座を登録
bitwalletから海外FX業者への銀行出金手順を解説

bitwallet(ビットウォレット)経由で、海外FX業者(FBS)から銀行口座(楽天銀行)へ出金しました。 出金時間と手数料 海外FX業者→bitwallet:3時間 bitwallet→銀行口座: ...

続きを見る

bitpay(ビットコイン)と仮想通貨

bitpayとCrypto Paymentsを使って、仮想通貨決済ができます。

サービスと仮想通貨

  • bitpay
    ビットコイン、ビットコインキャッシュ
    限度額は1日3,000ドル、手数料は無料
  • Crypto Payments
    リップル、イーサリアム、ライトコイン
    限度額は1回10,000ドル、手数料は無料

それぞれ不正利用の確認(セキュリティチェック)で、追加書類の提出を依頼されることがあります。

また換金レートはbitpayがビットコイン建て(USD/BTCまたはEUR/BTC)、Crypto Paymentsは決済処理機関で設定されます。

bitwalletは半数以上の海外FX業者が対応していますが、bitpayの普及率はまだ10%ほどです(25社調べた中で)。

そのため限度額と手数料に差があるのは、現状仕方ないと思います。暗号資産を使いたい人は、利用しましょう。

出金拒否は原則なし

HotForexは利用者に損害を与えるような、意図的な出金拒否はしません

HotForexは出金拒否なし(問い合わせ回答)

(カスタマーの回答内容)

ただしボーナスの不正利用や規約違反が発覚し、改善が見られなければ取引利益の出金は拒否される可能性があります(入金分の出金は可能)。

規約違反は例えば、違う口座や業者間の両建ては禁止です(ボーナスとゼロカットの悪用を防ぐため)。

もし違反行為が疑われる場合は、まずは調査が入ります。警告の段階で改めれば、利益は没収されず被害は最小限になります。

出金できない(決済方法が表示されない)原因

公式サイトとログイン後のマイページでは、案内される出金方法が異なる場合があります。

案内される決済サービスの違い

  • 公式サイト:世界中の利用者が対象
  • マイページ:自分が使えるもの(居住国と入金履歴による)

マイページで表示される出金方法が、現在自分が使える決済手段です。HotForexはマネーロンダリングや不正利用を防ぐために、出金は入金に使った決済手段が原則です。

そのため一度も入金歴がなければ、外部サービスのbitpayとbitwalletのみが案内されます。カードと仮想通貨は入金すれば、出金画面にも表示されます。

まとめ

海外FX会社の出金方法は海外送金が定番ですが、ホットフォレックスは国内送金で引き出せます。普段の銀行口座がそのまま使えるので、大きなメリットです。

(公式)ホットフォレックス

また仮想通貨にこだわらなければ、bitwalletも使いやすいです。ウォレットは日本ではまだなじみがないかも知れませんが、世界基準の決済サービスです。

私も実際に使っていますが、特に海外サービスでの決済がとても便利になりました。一度慣れると、手放せません。

(参考)ビットウォレットが使える業者

-HFM:ホットフォレックス

© 2022 ソトFX