HotForex:ホットフォレックス

HotForexの自動売買対応とEAの設定方法を解説

HotForex(ホットフォレックス)は、自動売買に特別な取引制限はありません。MT4(MT5)を使って、EA(自動売買ソフト)を稼動できます。

HotForexの自動売買と禁止行為

(スタッフとのチャット内容)

禁止行為は自動売買についても同じです(口座間の両建てとアービトラージなど)。

(参考)禁止行為とペナルティ

通常口座(EAを稼動)に加えて、自動売買口座も使えます。

自動売買の口座対応

  • 通常口座(マイクロ、プレミアム、ゼロスプレッド):EAを稼動
  • オート口座:MT4開発元のトレードシグナルを利用
  • HFcopy口座:コピートレード用(稼げる手法を真似る)
  • 公式:口座の一覧表

ホットフォレックスは、VPSサービスを提供しているのでほったらかし運用も可能です(月額30ドル〜)。

さらに利用条件(口座残高と取引量)を満たせば、無料利用もできます!

自動売買口座の特徴

ホットフォレックスには通常口座に加えて、より自動売買に特化した口座があります。

自動売買口座

  • オート口座:MT4開発会社(メタクオーツ社)のトレードシグナルを活用
  • パム口座:運用者に資金を預けてコピートレード(日本居住者は使えません)
  • HFcopy口座:自分の口座でコピートレード

パムとHFcopyの違いは、こちらの記事を参考ください。

(参考)コピートレード口座について

自動売買口座には、3つの制限があります。

自動売買口座の制限

  • MT5が使えない(MT4のみ)
  • ボーナスがもらえない
  • 1人1口座のみ(オート口座)

ホットフォレックスのボーナスは、最高1,500万円と業界トップクラスの高額です!追加証拠金が欲しい場合は、マイクロかプレミアム口座でもらいましょう(口座は複数作れます)。

(詳細)ボーナスプランの解説

VPSは無料利用も可能

ホットフォレックスは、月額30ドルからVPSサービス(仮想専用サーバー)を提供しています。

そして口座残高が5,000ドル以上で、毎月5ロット以上の取引をすれば無料になります!

プランは3種類あり、月額料金に応じてサーバースペックが上がります。

VPSプランと月額料金

  • ブロンズ:月額30ドル
  • シルバー:月額50ドル
  • ゴールド:月額80ドル

ブロンズプランで、海外FX業者の標準スペック程度です。シルバーとゴールドプランは、ハイスペックサーバーを利用できます!

VPSの無料条件とサーバースペックは、こちらの記事にまとめました。

(詳細)VPSの無料条件とプラン

スプレッドと取引手数料

ホットフォレックスには通常スプレッド(手数料無料)と、ゼロスプレッド(手数料あり)の口座が用意されています。

口座タイプとスプレッド

  • マイクロ:通常
  • プレミアム:通常
  • ゼロスプレッド:狭い(取引手数料は往復6〜8ドル)
  • オート:通常
  • パム:通常
  • HFCOPY:通常

主要通貨ペアはゼロスプレッド口座の方が狭かったので、取引量が多い時におすすめです。

その他の商品は、口座タイプで大きな差はありませんでした。

(参考)スプレッドの一覧と比較

EAの設定方法

EAの設定は、MT4またはMT5のパソコン版をダウンロードして行います。

EAの設定手順

  1. 口座を開設する(複数OK)
    参考:口座開設の流れ
  2. MT4(MT5)をダウンロード
    手順:MT4 / MT5
  3. EAを導入して、自動売買を許可する
    詳細:EAの導入と設定手順

MT4とMT5はパソコン(WindowsとMac)、アプリ(iOSとAndroid)、ブラウザ(ウェブトレーダー)で問題なく使えます。

さらにMT4はマルチターミナル(複数口座を同時管理)と、ラピッドトレーダー(プロトレーダーや法人向け)も使えて充実しています。

まとめ

ホットフォレックスは、シグナルを使った自動売買(オート口座)と、コピートレード(HFcopy口座)もできます。

そのため自動売買には、とてもおすすめの海外FX業者です!

他にも自動売買向きの海外業者はいるので、こちらの記事にまとめました。

口座の種類やVPSのプラン数など、ホットフォレックスは多機能でハイスペックな業者です。

もし分からないことがあっても、ライブチャットでカスタマーサポートにすぐ相談できます。

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-HotForex:ホットフォレックス

© 2021 ソトFX