Tradeview:トレードビュー

Tradeview(トレードビュー)の自動売買対応とEAの利用手順

Tradeview(トレードビュー)は、自由に自動売買ができます。自動売買ソフトのEA(エキスパートアドバイザー)を含めて、取引制限や禁止事項は特になしです。

トレードビューは自動売買(ea)が自由

(口座開設完了のメール案内文)

ただしMT4(MT5)は、MacOSに非対応です、そのためVPS(仮想専用サーバー)などで、Windows環境を用意する必要があります。

VPSは提供していない

トレードビューは、VPSを提供していません。

Tradeviewはvpsの提供なし

(スタッフの回答内容)

VPSの海外FX業者対応率は、約50%ほどです(30社ほど調べた中で)。利用料は月額30ドルが相場ですが、口座残高や取引量を満たせば無料になります。

(参考)海外FX業者のVPS対応

ただし海外業者はOSが古いので、最新OSなら国内サービスがおすすめです。海外業者より安いプランもあります。

(詳細)国内のVPSサービス

私は国内サービスも使っていますが、問題なく運用できています。

自動売買を始める手順

自動売買の始め方は、簡単4ステップです。

自動売買の利用手順

  1. 口座を開設する
  2. MT4をダウンロード
  3. EAを選ぶ
  4. 自動売買を設定する

手順と設定方法は、WindowsもMacも基本同じです。

口座開設をする

まずトレードビューの口座を開設します。口座の種類と開設手順は、こちらの記事を参考ください。

(参考)口座の種類と開設手順

取引プラットフォームはMT4(MT5)の他に、cTraderなどが使えます。cTraderは株のように板情報が見れて便利ですが、まだ自動売買の種類が少ないです。

そしてMT4は世界基準なのでEAも標準対応ですが、MT5は次世代のため互換性がまだ高くありません

そのため今回は、MT4のEA導入手順を解説します。

MT4をダウンロード

EAはダウンロード版のMT4で設定・稼働させるため、パソコンにインストールする必要があります。

Windowsは標準対応ですが、トレードビューのMT4はMacのパソコンにダウンロードできません(MacOSに非対応)。

そのためVPSやパラレルデスクトップなどで、Windows環境を作る必要があります。

もし自分のMacPCでEAを動かすなら、Mac対応の海外FX業者を選んでください。こちらの記事にトレードビューのMT4と、他業者の対応をまとめました。

(詳細)トレードビューのMT4と業者対応

EA(自動売買ソフト)を選ぶ

EAは、世界中のトレーダーやプログラマーが開発しています。そして仲介会社やサービスを通じて販売され、無料と有料版があります。

私は無料版で利回り20%以上の時もありますが、以下の判断基準で選んでいます。

EAの選び方

  • 無料で手数料モデル(取引量に応じて利益から引かれる)
  • 定期的にアップデートされる(メンテナンス)
  • 取引量と必要資金の算出根拠が明確
  • 詳細:EAの選び方と業者比較

開発者は取引が増えるほど、手数料が入ります。取引を増やすにはトレーダーを勝たせる必要があるので、日々のアップデートに本気です。

このようにトレーダーと開発者が、利害関係で繋がっている方が信用できます。

MT4の自動売買設定

最後にMT4で、自動売買の設定をします。

EAの導入手順

  1. EAの実行ファイルを、MT4の指定フォルダに入れる
  2. 自動売買の許可をONにする
  3. チャートにEAを表示させる

具体的な手順と設定方法は、こちらの記事を参考ください。

(詳細)EAの導入手順と設定方法

まとめ

トレードビューは、スプレッドも狭いです。自動売買は取引回数が多いので、スプレッドの狭さはコストの安さに直結します!

(参考)スプレッド一覧と比較

取引制限(禁止事項)が特にないので、放置でも安心です。

自由さとスペックの高さは、業界トップクラスなので重宝しています。口座は複数作れるので、自動売買専用の口座も運用できます。

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-Tradeview:トレードビュー

© 2021 ソトFX