Tradeview:トレードビュー

Tradeviewのゼロカットルール(担当者に確認済み)

2021年3月11日

Tradeview(トレードビュー)のゼロカットは、入金で実行されます。

ゼロカットのルール

  • 入金が必要(金額は指定なし)
  • 処理時間は1営業日(目安)
  • リセット方法は手動(担当部署)

担当部署が入金を確認後、手動で処理をします。入金額に指定はないので、決済方法または口座の最低額から大丈夫です(1万円など)。

トレードビューのゼロカットルール

(担当者に確認しました)

ロスカットの実行水準は証拠金維持率の100%で、マージンコール(追加証拠金)はありません。

ロスカットの実行水準は100%

トレードビューのロスカットは、証拠金維持率が100%を下回ると実行されます。

  • 証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100
  • 有効証拠金=口座残高+ボーナス+含み損益

トレードビューはマージンコール(追加証拠金)なし+ロスカットは高め

(スタッフの回答内容)

ロスカットは、保有ポジションを強制決済する機能です。口座資金以上の損失を出さないための、FX会社の救済システムといえます。

設定値は業者によって変わります。設定相場は国内業者が50%〜100%、海外業者が20%〜50%です。

トレードビューの設定値は高めです(国内業者の水準)。早めの損切りで資金を守れますが、損切り貧乏にならないように証拠金に余裕を持たせています

マージンコール(追加証拠金)はなし

トレードビューは、マージンコールがありません。

マージンコールは、ロスカット前の警告通知です(マージン=証拠金)。証拠金を追加したり、ポジションを一部決済して取引に余裕を持たせます。

その特徴から追加証拠金(追証:おいしょう)や、ロスカットアラートとも呼ばれます。

設定相場は国内業者が100%〜200%、海外業者が50%〜100%です。

国内業者はトレーダーの損失を補償できない(金融商品取引法38条の2)ので、追証を制度として採用しています。

対して海外業者の対応は自由です(ライセンスの取得国によります)。

まとめ

ゼロカットは借金の心配がなくなるので、海外FXの大きなメリットです。

もしロスカットがうまく機能せず、口座残高がマイナスになってもゼロに戻してくれます。

海外FX業者は日本以外で金融ライセンスを取得しているので、損失補償ができます。そのためゼロカットも業者の標準装備です。

(参考)海外FXのゼロカット特集

トレードビューは取引制限(禁止行為)もないので、トレーダーの稼ぎを最大限応援してくれます(両建てやスキャルピングも自由)!

さらにスワップポイントが高い、スプレッドが狭い、取引プラットフォームが多いので重宝しています。

(公式)トレードビュー

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-Tradeview:トレードビュー

© 2021 ソトFX