Tradeview:トレードビュー

Tradeviewの出金方法と着金日数(出金拒否なし)

Tradeviewは出金拒否なし

(スタッフからの質問回答メール)

Tradeview(トレードビュー)の出金について、スタッフに確認したことをまとめました。

出金について

  • 出金拒否:なし(過去に前例なし)
  • 着金時間:平日24時間以内(銀行振込は3〜4営業日)
  • 手数料:無料(bitwallet:100円、銀行送金:3,500円)
  • 限度額:制限なし(上限なし)
  • ルール:カード入金がある場合、最初はカードへ出金

本人に安全にお金を返すために、出金方法は入金履歴があるものが原則です。入金方法は、こちらの記事を参考ください。

Tradeviewの入金方法
Tradeviewの入金方法。手数料と手続きの反映時間

Tradeview(トレードビュー)の入金方法は、クレジットカード(デビット、プリペイド)、オンラインウォレット(仮想通貨など)、銀行振込です。 手数料は無料で、処理は即時反映が基本です(銀行振込は1 ...

続きを見る

クレジットカードへの返金と決済方法

カード(クレジット・デビット・プリペイド)を使って入金した場合、まずは同じカードへ出金します。

入金額を返金したら、他の決済方法(ウォレットや銀行振込)で制限なく引き出せます。

Tradeviewからカードへ返金(出金フォーム)

出金フォームで選べる決済方法は、3種類あります(Flutterwave、Tronipay、Epay)。入金で基本的に使われる「Flutterwave」を選べば問題ないです。

出金が遅い原因と対処法

出金が遅い時は、処理が遅れているまたは保留になっている可能性が高いです。

出金処理が遅れる主な原因

  • 決済方法に入金履歴がない
  • 土日祝(出金処理は平日)
  • 同月で4回目以降の手続き

出金先に選んだ決済サービスで一度も入金歴がないと、本人確認で時間がかかることがあります。急ぐなら、入金に使ったものが確実です。

そして会計部署は平日稼働です。出金は平日24時間以内に処理されるので、土日祝をまたぐと着金が遅れやすいです。

また会計監査機関の依頼に基づき、同月4回目以降の出金申請は保留になることがあります。同様にマネーロンダリングなどが疑われる場合も、処理が一時ストップします。

まとめ

出金拒否は一度もないので、安心です。手持ちのカードと銀行口座が問題なく使えます。

オンライン決済サービスのウォレット(bitwallet、bitpay、STICPAY、ecoPayzなど)は、入出金がひとつで済みます。

海外企業のサービスを使う時は特に便利なので、是非使ってみてください。

インターネット決済に、新たな利便性をもたらしてくれると思います。

-Tradeview:トレードビュー

© 2020 ソトFX