Tradeview:トレードビュー

Tradeview(トレードビュー)のレバレッジ制限とルール

2021年2月25日

Tradeview(トレードビュー)のレバレッジは最大500倍です。口座残高が10億円を越えると、最大100倍への変更依頼が来ることがあります。

トレードビューのレバレッジ制限(口座残高)

(スタッフの公式回答)

制限は急にはかからず、依頼内容を承諾してから規制が適用されます。

500倍のレバレッジ制限がかかる、口座残高の上限は300〜500万円が相場です。

そのため500万円以上の資金で、ハイレバトレードするならトレードビューがおすすめです!

口座別の最大レバレッジ

最大レバレッジは、口座ごとに設定されています。

口座別の最大レバレッジ

  • スダンダード:500倍
    制限のない一般口座
  • ILC:200倍
    スプレッドが狭い口座
  • cTrader、Viking:400倍
    高性能ツールが使える口座
  • 参考:口座の違いと開設手順

スタンダード口座は通常スプレッドの代わりに、ハイレバレッジで勝負できます。

ILCと高性能ツールが使える口座は、スプレッドが狭い代わりにレバレッジも少し制限されています。

口座残高とレバレッジ制限

口座残高が10億円を越えると、最大レバレッジ100倍への変更依頼がくる場合があります。

急に変わるのではなく、連絡を受けて了承してから変更されます。

そして資金10億円まで、最大レバレッジ(500倍)が適用されるのはとても好条件です!

他の海外FX業者の、最大レバレッジが500倍前後に制限される口座残高を見てみます。

規制レバレッジと口座残高の上限

  • FBS
    500倍(30,000ドル)
  • Exness
    400倍(49,999ドル)
  • GemForex
    1,000倍(200ドル)
  • IS6FX
    500倍(50,000ドル)
  • XM
    888倍(200ドル)
  • 詳細:業者のレバレッジランキング

500万円以上の資金のハイレバトレードに、トレードビューは最適です!

CFD商品の個別設定

CFD商品は、レバレッジが個別設定されている銘柄もあります。個別設定の理由は、証拠金率が固定されているからです。

証拠金率は、取引に必要な証拠金の割合です。例えば証拠金率が1%の銘柄は、実質レバレッジ100倍です(100/1倍)。

証拠金率はMT4(MT5)の、銘柄詳細などで確認できます。

主な個別設定銘柄

  • ゴールド:100倍
  • ビットコイン(仮想通貨):10倍
  • アルトコイン(ビットコイン以外):5倍 など

知りたい銘柄は、カスタマーに確認が確実です(数値が変わる可能性があるので)。

レバレッジの確認と変更方法

現在の最大レバレッジは、会員ページにログインすると確認できます。

トレードビューのレバレッジを会員ページで確認

(会員ページのトップ画面)

口座開設後の、レバレッジ初期設定は基本100倍です。初回入金を済ませたら、申請フォームから変更依頼ができます。

*申請フォームは、口座開設完了メールに案内されています。

申請フォームの入力項目

  • 名前(ローマ字)
  • メールアドレス
  • 口座番号
  • 希望レバレッジ

レバレッジは最大値に設定していて、理由は取引の自由度が一番高いからです。設定値はあくまで最大で、実際はレートや取引量で変わります。

*実効レバレッジ=価格レート×取引量÷必要証拠金

まとめ

トレードビューの最大レバレッジは、業界相場です。ですが口座残高による、レバレッジ制限のゆるさが業界トップクラスです!

  • 禁止行為と取引制限なし(両建てもスキャルピングも自由)
  • スワップポイントが高い
  • スプレッドが狭い
  • 取引プラットフォーム数No1

と業界最高峰のハイスペック業者です!

(公式)トレードビュー

口座は複数持てるので、目的やツールで使い分けができます。

物足りない人は、3,000倍や無制限の世界も体感してみてください!

(参考)業者のレバレッジランキング

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-Tradeview:トレードビュー

© 2021 ソトFX