FXDD

FXDDの自動売買対応スペックとEAの設定方法

FXDDは禁止行為がない(原則)ので、自動売買も自由にできます。

自動売買の対応

  • MT4とMT5どちらも対応
  • VPS(仮想専用サーバ)は無料で使える(条件あり)
  • 取引制限なし

口座間の両建ても自由なので、意図せず両建てポジションになる心配もいりません。

(参考)両建てと禁止ルール

この記事ではVPSサービスの内容と、EAの設定方法をまとめました。

VPSは無料利用もできる

FXDDはVPSサービス「FXDDクラウド」を、月額30ドルで提供しています。そして条件をクリアすれば無料で使えます!

VPSの無料条件

  • 口座残高:20万円以上(2,500ドル)
  • 月間取引量:5ロット以上(1ロット=10万通貨)

サーバースペックは、海外FX業者の標準レベルをクリアしています(ハードディスク容量は多め)。

FXDDクラウド(VPSサーバーと約定力)

VPSの利用ルール、サーバースペック、申し込み方法はこちらの記事にまとめました。

(詳細)VPSサービスの内容

EAの設定手順

EAを動かすまでの手順を見ていきます。

  1. FXDDの口座開設
  2. VPSの申し込み(希望があれば)
  3. MT4またはMT5をインストール
  4. EAをダウンロード
  5. EAを設定して稼働開始

FXDDの口座を開設

FXDDは、1人10個まで口座を作れます(原則)。

(公式)口座開設フォーム

口座開設は数分で完了して、アカウントにログインすると本人確認の案内があります。

本人確認は初回入金前に必要で、数時間〜1営業日ほどかかるので早めに済ませておくとスムーズです。

口座開設の流れと、本人確認方法はこちらの記事を参考ください。

(参考)口座開設と本人確認方法

VPSを申し込む

自動売買はEAをMT4で動かすので、パソコンを立ち上げておく必要があります。

VPSを使えば、ネット上にもう一台パソコンを持つことができます(主にWindows)。

そしてVPS内でMT4を動かすので、自分のパソコンを使わずにほったらかしで取引することが可能です!

口座残高と取引量を満たせば、FXDDは無料でVPSが使えます。

(詳細)VPSサービスについて

MT4またはMT5をインストール

FXDDはMT4とMT5がどちらも使えて、口座ごとに選べます。

MT4とMT5の違い

  • MT4:世界基準の取引ツール
    EAやカスタムインジケーターに標準対応
  • MT5:次世代の高性能ツール
    株のように板画面も見れるなど
  • 参考:MT4とMT5の比較

ダウンロード方法は、どちらも基本同じです。

(詳細)MT4のダウンロード手順

EAを購入・ダウンロード

自動売買をするEA(エキスパートアドバイザー)を用意します。

国内で人気の販売サービスは、ゴゴジャン(GogoJungle)です。2007年の運営から会員は10万人を超え、日経でラジオ番組も持っています。

(公式)ゴゴジャン

EAをMT4・MT5に設定

最後にEAをMT4(MT5)に設定します。

  1. 指定フォルダに実行ファイルを移動
  2. 自動売買を許可する
  3. EAを稼働させて自動売買スタート

細かいパラメータ設定は、デフォルトのままでも問題ないです。

(参考)EAの設定手順

まとめ

FXDDはスリッページがないので、スキャルピングや通常取引にもおすすめです。

  • スリッページなし(インスタント方式)
  • 取引手数料が安い(スプレッドは標準的)
  • ストップレベルが小さい(CFDは0銘柄あり)
  • レバレッジは最大500倍(口座残高や取引量の制限なし)

口座は複数作れるので、後から追加できます。

(公式)口座開設フォーム

海外FX業者の自動売買対応は、こちらの記事にまとめました(EAが無料で使い放題、VPSが無料、取引手数料無料など)。

(参考)海外FXの自動売買まとめ

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-FXDD

© 2021 ソトFX