BigBoss:ビッグボス

BigBossの自動売買の対応・注意点とEAの設定方法

BigBoss(ビッグボス)は取引制限が原則ないので、自動売買も自由にできます。

ただし過度な取引でサーバーに負荷がかかると判断された場合、確認や注意が入ることがあります。

自動売買の対応

  • VPSサービスはなし
  • スプレッドは標準的(商品で狭い口座が変わる)
  • 口座間・異業者の両建ては禁止

VPSは国内サービスで問題なく使えています。

また複数口座でEA(自動売買ソフト)を稼働させる時は、通貨ペアを分けた方が安心です。

ビッグボスは自動売買可能(VPSなし)

(内容はスタッフに確認しました)

VPSサービスはなし

ビッグボスは、VPSを提供していません。

VPS(仮想専用サーバー)はウェブ上にもう一台パソコンを用意するイメージです。自分のパソコンでMT4を稼働する必要がないので、ほったらかし運用もできます。

VPSサービス

  • 国内サービス
    最新OS(Windows)対応、安価なプランあり
  • 海外FX業者
    OS対応はタイムラグあり、無料もOK(条件あり)

手間なく最新OSを使うなら国内、無料にこだわるなら海外業者がおすすめです。

(詳細)VPSの業者対応一覧

スプレッドは標準的

スプレッドは標準レベルで、商品によって狭い口座が変わります。

口座タイプとスプレッドの特徴

  • スタンダード口座:手数料無料
    狭い商品:株価指数や原油
  • プロスプレッド口座:往復9ドル/ロット
    狭い商品:貴金属や通貨ペア(銘柄による)

ビッグボスの口座はどちらもECNなので、顕著な差が出にくいのだと思います。

(参考)スプレッド一覧と口座比較

複数口座の稼働は両建てに注意

ビッグボスは、口座間・異業者の両建てが禁止です(同じ口座のみ可能)。そのため複数口座で自動売買をする時は、通貨ペアを分けたほうが安全です。

また両建ては、指標発表狙いや不正取引も禁止されています。禁止行為と判断されると、口座凍結や取引の停止・取り消しの可能性もあります。

悪質でなければ、まずは確認が入ります。連絡を受けたら迅速にきちんと対応すれば、基本問題ないです。

(自動売買をしていて、連絡を受けたことはまだないです)

(詳細)両建てルールと注意点

EAの導入手順(MT4)

ビッグボスでは、MT4にEAを導入して自動売買をします。

EA設定の流れ

  1. MT4をダウンロード
  2. EAを導入(指定ファイルに移す)
  3. 自動売買を許可する(チェックボタン)
    参考:EAの導入と設定方法

EAの設定は、ダウンロード版で行います(WindowsとMac)。

まとめ

ビッグボスはキャッシュバック(1トレードで最大200ドル)が付くので、取引するほど還元されます!

(詳細)キャッシュバックプラン

他にも以下のような自動売買向きの業者がいるので、合わせて使ってみてください。

  • EAが無料で使い放題
  • VPSの利用が無料
  • レバレッジ無制限&ロスカットなし
  • スワップポイントがプラス(両ポジション)
  • 1,000万円以上のボーナスがもらえる
  • 参考:自動売買向きの業者一覧

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-BigBoss:ビッグボス

© 2021 ソトFX