BigBoss:ビッグボス

BigBossの入金方法。決済手数料と処理の反映時間

2020年7月27日

BigBossの入金方法

BigBoss(ビッグボス)の入金は、手数料無料で即時反映が基本です。

入金方法

  • クレジットカード(VISA、Master、JCB)
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • ビットコイン(仮想通貨)
  • 銀行振込(楽天銀行へ国内送金も可能)
  • BXONE:日本語非対応でマイナーなので省略

カードの月間限度額が5万円なので、入金額を増やすなら他の決済方法と併用しましょう。

クレジットカード(デビットカード)

VISA、Master、JCBブランドのクレジットカードとデビットカードが使えます。JCBの海外FX業者対応率は30%程度と、まだ少ないのでありがたいです。

プリペイドカードは使えません。プリペイドカードは名義が名前ではなく、本人確認が取れないことがあります。そのため決済可能な業者は半数程度です。

1回の限度額は5万円(500ドル)で、次の入金まで30日間空ける必要があリます。ただしスタッフに確認したところ「入金上限額は上げていく予定」とのことでした。

ビッグボスにカード入金上限額を問い合わせ

(カスタマーの回答メール)

金額を増やしたい場合は、bitwallet(ビットウォレット)を経由して入金しましょう。

bitwallet(ビットウォレット)

bitwalletは、海外FXで最も定番なオンライン決済サービスです。1回の決済限度額は、1万円〜300万円です。

使うメリットは大きく2つあります。

bitwalletを使うメリット

  • 決済可能なカードブランドが多い
    VISA、MASTER、JCB、アメックス、ダイナースクラブ
  • 銀行への出金手数料が安い(824円)

BigBossで非対応の、アメックスとダイナースクラブも決済できます。また出金に使えば、海外送金手数料(2,500円〜5,000円が相場)をかなり安くできます!

仮想通貨(ビットコイン)

ビットコイン対応で、仮想通貨口座(FOCREX)はアルトコインも使えます。

使える仮想通貨

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • NEO
  • OmiseGo
  • QASH
  • Reserve(RSV)

5BTC以上は、会計部署から確認が入る場合もあります(金額が大きいため)。

銀行振込(国内送金可能)

銀行振込は、国内送金(楽天銀行宛て)で最短即日着金です。

5万円以上で手数料無料です(円口座)。5万円未満とドル口座の場合、手数料は1,000円かかります。

海外送金もできますが、手数料が割高で着金まで日数がかかります。日本の銀行からは、国内送金の方が便利だと思います。

振込の注意点

指定口座に正しく入金するために、振込名義か備考欄に「口座番号と名前」を記入します。

例えば口座番号が「12345」で名前が「Taro Yamada」なら、記入名は「12345 Taro Yamada」となります。

記入漏れや入力ミスで、入金が自動反映されない場合もあります。もし忘れたり不備があれば、カスタマーに相談しましょう。

まとめ

海外FX業者では、クレジットカードの限度額指定はあまり見かけません。そのため実質限度額は、カード会社の設定金額です。

BigBossはカードの月間限度額が5万円なので、少ない印象を受けました。

カードは使い慣れていて便利ですが、出金に時間がかかることがあります(キャンセル扱いの返金処理のため)。

そのためbitwalletやビットコインなど、新しいサービスを使うチャンスとも言えます。

ウォレットや仮想通貨は、手続きや手数料など利便性の高さを実感しています。ひとつ口座を持っておくと、海外サービスの決済に活躍してくれます。

-BigBoss:ビッグボス

© 2020 ソトFX