AXIORY:アキシオリー

AXIORYの自動売買対応とEAの設定方法まとめ

AXIORY(アキシオリー)は、自由に自動売買ができます。もし他トレーダーに影響が出るほどポジションを持った時は、連絡が来る可能性がありますがペナルティーはないです。

自動売買への対応

  • 取引制限とペナルティーなし
  • MT4(MT5)とcTraderに対応
  • VPSの提供はなし

ソフトの多さと使いやすさ(日本語対応など)から、私はMT4(EA)を使っています。VPSの提供はないので、国内サービスか他の海外FX業者を利用しています。

この記事では自動売買の取引条件と、始め方(利用手順)をまとめました。

自動売買の取引条件

自動売買の取引条件について見ていきます。

  • 禁止行為なし(自動売買も自由)
  • MT4(MT5)とcTraderが使える
  • VPSは提供なし(他社を利用)
  • 紛らわしいEAについて

取引制限とペナルティーなし

アキシオリーは取引制限がないので、自動売買も自由にできます。

アキシオリーは取引ペナルティなし

(スタッフに聞きました)

ただし他のトレーダーに影響が出るほど膨大な数のポジションを、一度に持った場合は改善連絡が入る可能性もあります。

ポジションが多い時の対応

  • ポジションを閉じてもらう依頼
  • デモ口座なら、アキシオリー側でクローズする可能性あり

この連絡はとても稀な特別対応ケースなので、滅多に連絡は来ないと思います。

取引ツールの比較(MT4、MT5、cTrader)

アキシオリーの取引ツールはMT4(MT5)とcTraderが使えて、それぞれ自動売買ができます。

MT4(MT5) cTrader
ソフト EA cBot
言語 MQL4(MQL5) cAlgo
種類 多い 少ない
日本 普及 まだ

MT5はMT4に比べて、対応するEAの種類がまだ少ないです。そのため自動売買は、現状MT4がメインで使いやすいです。

cTraderは株のように板情報が見れます。そのため売買のタイミングや、トレンド転換を把握しやすいです。

使い方は、こちらの関連記事を参考ください。

(参考)cTraderの使い方

VPSの提供はなし

アキシオリーは、VPS(仮想専用サーバー)を提供していません。

アキシオリーはVPSなし

(カスタマーの回答内容)

EAを稼働するには、MT4を立ち上げておく必要があります。MT4を動かすパソコンも起動させるため、メモリと電力を消費します。

私はEAをVPSで稼働させて、パソコンは自由に使えるようにしています。VPSは国内サービスがありますし、海外FX業者も提供しています。

(詳細)VPSの比較と選び方

OneClickTradingEAは自動売買ではない

OneClickTradingEA

公式ページのプラットフォームとツール→EA(エキスパートアドバイザー)に、「OneClickTradingEA」というEAが紹介されています。

(詳細)公式ページはこちら

このOneClickTradingEAは、ワンクリックで決済ができるようにするための決済機能ツールです。そのため自動売買をするソフトではありません

EAはMT4で動くプログラムのことで、主に自動売買に利用されます。すべてのEAが自動売買対象ではないので、注意しましょう。

自動売買を始める手順

MT4を使って、自動売買を始める手順をまとめます(MT5も手順は基本同じです)。

  1. アキシオリーの口座を開設
  2. VPSを申し込む(ほったらかし運用OK)
  3. 取引プラットフォームをインストールする
  4. EAを用意する(購入やダウンロード)
  5. EAを取引ツールに設定して稼働スタート

アキシオリーの口座を開設する

アキシオリーは口座を複数作れるので、後から気軽に追加もできます。

(公式)口座開設フォーム

対象の口座タイプ

  • スタンダード:取引手数料無料(通常スプレッド)
  • ナノスプレッド:スプレッドが狭い(取引手数料は片道3ドル/ロット)
  • テラ:ナノスプレッド口座のMT5版
  • 参考:口座タイプについて

VPSを申し込む

アキシオリーはVPSを提供していないので、安くて最新OSの国内サービスを使っています。

(詳細)VPSの国内サービス

自動売買中はEAを動かすため、取引ツールとパソコンを起動させておく必要があります。

VPSはウェブ上にもう一つパソコンを用意できるので、ほったらかしで運用できます!(自分のパソコンは自由)

取引ツールをインストールしてログイン

MT4をダウンロードします(MT5も使えます)。

MT4は業界スタンダードなので、EAも標準対応です。MT5は次世代で高機能ですが、EA対応は普及中です。

口座ごとに取引ツールは選べるので、併用もできます。

EAを用意&入金をする

自動売買に使うEA(エキスパートアドバイザー)を用意します。

国内で人気の販売サービスは、ゴゴジャン(GogoJungle)です。2007年の運営から会員は10万人を超え、日経でラジオ番組も持っています。

(公式)ゴゴジャン

アキシオリーの入金は、手数料無料で即時反映もできます。決済方法はこちらの記事にまとめました。

(参考)入金方法まとめ

EAを設定して稼働スタート

最後にEAをMT4(MT5)に設定します。

  1. 指定フォルダに実行ファイルを移動
  2. 自動売買を許可する
  3. EAを稼働させて自動売買スタート

細かいパラメータは、デフォルト設定で問題ないです(現状)。

(参考)EAの設定手順を解説

まとめ

アキシオリーはスペックが高く、オープンな海外FX業者なので自動売買にもメリットがあります。

  • ストップレベルが0(指値・逆指値が自由)
  • 約定力が高い(スピードも速い)
  • スリッページが起こりにくい
  • スプレッドはリアルタイム表示

約定スピードとスリッページの統計データを公開している業者は、アキシオリーしか知りません(30社ほど見てきた中で)。

(公式)口座開設フォーム

口座は1人10個まで持てるので、EA専用口座も作れます。

自動売買向きの海外FX業者は、こちらの記事にまとめました(EAが無料で使い放題、VPSが無料など)。

(参考)自動売買の業者まとめ

-AXIORY:アキシオリー

© 2022 ソトFX