AXIORY:アキシオリー

アキシオリーの国内銀行送金による入出金方法

AXIORY(アキシオリー)は、国内銀行送金で入出金ができます。

銀行送金の決済情報

  • 手数料:無料(2万円以上)、1,000円(2万円未満)
  • 1回の入金限度額:1,100円〜50万円(上限なしも可能)
  • 1回の出金限度額:1,100円〜上限なし
  • 着金時間:約30分(入金)、最短即日(出金)
  • 公式:アキシオリー

決済申請額と振込金額が違う場合、入出金がキャンセルになることがあるのでご注意ください(返金手数料が1,100円かかります)。

銀行振込の決済情報

銀行振込には2種類の方法があります。

  • 通常の銀行振込
  • オンライン決済システムを経由して送金(Curfex)

決済システムを使うと入金も上限なく振り込めますが、代わりに利用手数料がかかります(決済金額の1%)。

*銀行送金も振込手数料は自己負担です。

入金手数料、限度額、反映時間

入金限度額は、口座のステージで変わります。

  • 入金手数料:無料(2万円以上)、1,000円(2万円未満)
  • 1回の最低入金額:1,100円
  • 1ヶ月の最高入金額:50万円(フルステージ)、12万円(ライトステージ)
  • 着金時間:約30分(初回入金は、1営業日以内に反映)

アキシオリーの口座には、2種類のステージがあります。簡単手続きですぐにスタートできる「ライトステージ」と、制限のない通常口座「フルステージ」です。

(参考)口座タイプと開設手順

ライトステージで銀行入金をした場合、出金時にフルステージへのアップグレードが必要になります。

また送金サービス・Curfex(カーフェックス)を利用すれば、入金も限度額なしです。

(参考)入金方法のまとめ

出金手数料、限度額、反映時間

出金限度額は、上限なしです。

  • 出金手数料:無料(2万円以上)、1,000円(2万円未満)
  • 1回の決済限度額:1,100円〜上限なし
  • 着金時間:最短即日(1〜2営業日)

(参考)出金方法とルールまとめ

Curfex(カーフェックス)の決済情報

Curfex(カーフェックス)は、オンライン送金サービスです。

  • 入出金手数料:無料(2万円以上)、1,000円(2万円未満)
  • 1回の入出金限度額:1,100円〜上限なし
  • 着金時間:最短即日(入金)、1〜2営業日(出金)

カーフェックスを使えば上限なく入金できますが、代わりに利用手数料がかかります(送金額の1%)。

(公式)カーフェックス

通常の銀行送金も振込手数料は自己負担なので、手数料と送金額のバランスで使い分けがおすすめです。

国内銀行送金の入金手順

入金手順をまとめます。

  1. 入金方法を選ぶ
  2. 入金額を指定する(振込額と同額)
  3. 入金口座へ振り込んで完了

入金方法で国内銀行送金を選ぶ

アキシオリーの入金方法一覧

入金方法で国内銀行送金を選びます。

入金希望額を入力する

アキシオリーの銀行入金額を入力

入金希望額を入力します。

振込申請をせずに入金したり、希望額と異なる金額で振り込んだ場合、返金される場合があります(1,100円の返金手数料がかかります)。

そのため毎回申請手続きをして、正しい金額で入金することがおすすめです(振込先口座が変わる可能性もあるので)。

入金先口座へ振り込んで完了

アキシオリーの入金口座(楽天銀行)

アキシオリーの振込先口座が表示されるので、自分の口座から送金します(今回は楽天銀行)。

画面は15分で切り替わるので、後で振り込む場合はメモかスクリーンショットを保存してください。

通常は約30分で口座に反映されますが、利用の銀行システムによって翌営業日の入金になることがあります。

また初回入金は、1営業日以内に反映されます。

国内銀行送金の出金手順

出金の流れです。

  1. 出金方法を選ぶ
  2. 銀行口座を登録する
  3. 出金額を決めて申請を行う

出金方法で国内銀行送金を選ぶ

アキシオリーの出金方法で銀行送金を選ぶ

入金方法で国内銀行送金を選びます。

出金先の銀行口座を登録

出金先銀行を登録(みずほ、三井住友、三菱UFJ銀行)

出金先の銀行口座情報を登録します。2回目以降は登録不要です。

出金額を指定して申請完了

アキシオリーから銀行口座へ出金申請完了

出金額を指定して、申請完了です。

まとめ

カーフェックスが使える海外FX業者は、アキシオリーしか知りません。

国内銀行振込に対応する前は、カーフェックスを使っていち早く国内送金に対応していました。

わからない事があれば、チャットですぐに相談できます(日本人スタッフもいます)。

口座は複数作れるので、決済サービスで使い分けもできます(入出金方法をそろえて手間を省くなど)。

(公式)口座開設フォーム

-AXIORY:アキシオリー

© 2022 ソトFX