easyMarkets:イージーマーケット

easyMarketsの自動売買対応とEAの設定方法

easyMarkets(イージーマーケット)は、MT4で自動売買ができます。ただし自社プラットフォームは、自動売買に非対応です(独自システムのため)。

easyMarketsはMT4でEA利用可能

(公式サイトのMT4案内)

自動売買に対する特別な取引制限はなく、通常の取引条件(禁止行為)が適用されます。

(参考)禁止行為とペナルティ

そしてイージーマーケットは、15分未満のポジション決済をスキャルピングの目安にしています(明確な定義ではない)。

日本時間の6時〜9時(GMT21時〜24時)はスキャルピング禁止なので、意図しない短時間の取引に注意ください。

(詳細)スキャルピングの取引条件

EAの悪用について

MT4の自動売買ソフト・EA(エキスパートアドバイザー)を悪用すると、禁止行為と同じようにペナルティを受ける可能性があります。

利用規約第8章より

エキスパートアドバイザー(EA)の悪用
エキスパートアドバイザー(エキスパート)は、MQL4で開発され、トレードの自動化に使用されるプログラムである。

当社のサービスを利用するユーザーがEAを悪用した場合、当社は以下に記載の適切な措置を講じる権利を留保する。

利用規約は公式サイトに公開されています(英文書)。

(公式)イージーマーケット

悪用とはイージーマーケットに損害を与えたり、ルールを破ってあざむく行為などです。

VPSは日本語サービスなし

イージーマーケットは、海外でVPSサービス(英語版)を提供しています。日本語版は提供していません

(公式)VPSサービス

VPSサービスは海外マーケット担当の管轄とのことで、日本居住者もこのVPSを利用できるかどうか担当者に確認中です。

イージーマーケットのVPSが日本居住者も使えるか確認

(担当スタッフとのやりとり)

回答をもらったらまた追記します。

スプレッドと取引手数料

スプレッドは固定で、取引手数料は無料です。

スプレッドの特徴

  • MT4の方が自社プラットフォームより狭い
  • アカウントタイプで変わる(ランクが上がるほど狭い)

自社プラットフォームは独自機能が付いているので、運用・開発コストが高いです。そのためスプレッドも、MT4より広めに設定されています。

アカウントは入金額が大きいほどランクアップして、スプレッドも狭くなります。

詳細はこちらの記事にまとめました。

(参考)スプレッド一覧と特徴

EAの設定手順

EAは、MT4のパソコン版をダウンロードして設定します(MT5は非対応です)。

EAの設定手順

  1. 口座を開設する
    参考:口座開設の流れ
  2. MT4をダウンロード
    手順:MT4の利用手順
  3. EAを導入して、自動売買を許可する
    詳細:EAの導入と設定手順

口座は、取引ツールごとに1つずつ作れます。

MT4はパソコン(WindowsとMac)と、アプリ(iOSとAndroid)で使えます。ブラウザ(ウェブトレーダー)は非対応です。

まとめ

イージーマーケットはMT4が使えるので、EAを稼働させて自動売買も問題なくできます。

自社プラットフォームは自動売買不可ですが、取引キャンセルやスリッページなしの独自機能が使えるので、通常取引におすすめです!

他にも自動売買に向いている、海外FX業者はいます。

  • EAを無料で使い放題
  • VPSが無料で使える
  • レバレッジ無制限、ロスカットなし など

こちらの記事にまとめたので、合わせて参考ください。

(参考)海外FXの自動売買特集

3,000円の無料トレード&最大50万円の追加資金&キャッシュバック付き

-easyMarkets:イージーマーケット

© 2021 ソトFX