FXGiants:FXジャイアンツ

FXGiantsの原油商品銘柄と取引条件まとめ

FXGiants(FXジャイアンツ)は、原油もコスパ良く取引できます。

原油の取引条件

  • 取扱銘柄:ブレント、WTI(現物と先物あり)
  • スプレッド目安:0.8pips(取引手数料無料の口座あり)
  • 取引制限:なし
  • 1回の取引量:0.1〜10,000ロット(最大ポジション数は200)
  • 最大レバレッジ:50倍
  • スワップポイント:プラス(片方のポジション)

取引手数料無料の口座も、スプレッドが狭かったです。

さらにスワップポイントは片方ポジションでプラスになりやすく、口座間の両建てもできるのでスワップポイントでも稼げます!

(公式)口座開設フォーム

FXGiantsの原油取引情報

取扱銘柄は、現物と先物が両方あります。

そして取引量の大きさが業界トップなので、大口トレーダーもストレスなくポジションを持てます。

取り扱い銘柄

取扱銘柄は定番のブレントとWTIで、現物(CFD)と先物があります。

口座タイプと取扱銘柄

  • レギュラー口座:現物と先物
    通常スプレッド(取引手数料無料)
  • ゼロスプレッド口座:現物のみ
    狭いスプレッド(取引手数料は往復10ドル/ロット)
  • 参考:FXGiantsの口座開設手順

現物と先物の違いは、取引期限とスワップポイントです。

(詳細)海外FXの原油商品解説

取扱銘柄

  • ブレント原油(UKOIL、BRENT)
    イギリス北海のブレント油田などから採掘される軽油
    インターコンチネンタル取引所(ICE)に上場
    ヨーロッパを中心に取引
  • WTI原油(USOIL)
    ウエスト・テキサス・インターミディエイト
    ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)に上場
    NY原油とも呼ばれる

取引時間

取引時間は、月曜日の朝から土曜日の早朝までです。

  • BRENT:平日9:00〜翌6:00(金曜日は翌5:59に閉場)
  • WTI:平日7:00〜翌6:00
  • 冬時間(10月〜3月)は1時間遅く開場&閉場

早朝に1〜3時間の取引時間外があります。

取引量とポジション数

1回の取引量は0.1〜10,000ロットで、口座あたりのポジション数は200です。

fxジャイアンツの原油取引量ロット

(MT4の銘柄詳細)

海外FX業者の最大取引量は1回50ロットが相場で、多くても1,000ロットです。

そのためFXジャイアンツは、超大口トレーダーにもおすすめです!

FXGiantsの原油取引条件

FXジャイアンツは禁止行為が原則ないので、自由にトレードできます。

スプレッドも狭く、スワップポイントも片方ポジションでプラスなので、コスパが良いです。

取引制限(禁止行為)

FXジャイアンツは取引制限がないので、両建て・スキャルピング・自動売買が自由にできます。

ただし損害を与えるような不正行為が発覚すると、ペナルティを受ける可能性があります。

(参考)FXGiantsの両建て

約定力が高くストップレベルが小さい(0.4〜0.5pips)なので、スキャルピングしやすいです。

(詳細)FXGiantsのスキャルピング

またVPS(仮想専用サーバ)の無料条件がとてもやさしいので、自動売買もほったらかしで運用できます。

(参考)FXGiantsの自動売買

レバレッジと必要証拠金

レバレッジは最大50倍です。

そして1ロット当たりの取引単位(コントラクトサイズ)は1,000です。

例えばUSOILを110ドルで0.1ロット、50倍のレバレッジで持つ場合、2万円ほどでポジションを持てます。

  • 必要証拠金=(価格×ロット数×コントラクトサイズ)/レバレッジ
  • 必要証拠金=(110ドル×0.1ロット×1,000バレル)/50=220ドル

FX通貨ペアは最大1,000倍で、口座残高の制限もないです!

(参考)FXGiantsのレバレッジルール

スプレッドと取引手数料

スプレッドと取引手数料は、口座タイプで変わります。

口座タイプとスプレッド

  • レギュラー口座
    通常スプレッド(取引手数料無料)
  • ゼロスプレッド口座
    狭いスプレッド(取引手数料は往復10ドル/ロット)
  • 参考:FXGiantsのスプレッド

実測したところ、口座タイプで大きな差はありませんでした。

fxジャイアンツの原油スプレッド(レギュラー口座)fxジャイアンツの原油スプレッド(ゼロスプレッド口座)

(レギュラー口座とゼロスプレッド口座)

参考スプレッド

  • BRENT:0.8、0.8
  • WTI:0.9、0.9
  • UKOIL(先物):0.8、ー
  • USOIL(先物):0.4、ー
  • 左がレギュラー、右がゼロスプレッド口座
  • 単位はpips
  • 平日の14頃、 MT4アプリで測定

取引手数料無料のレギュラー口座でも、原油取引はコスパ良いです。

スワップポイント

スワップポイントは、片方がプラススワップです。

  • BRENT:15、-110
  • WTI:10、-95
  • 左が買い、右が売りポジション
  • 単位はポイント

ロングでプラスになりやすいので、方向が合えばスワップポイントが貯まります。さらに業者間の両建てもOKなので、毎日のスワップポイント利益を最大化できます!

(参考)FXGiantsのスワップポイント

またFXジャイアンツは、先物原油もスワップポイントが発生します。

先物スワップに関する公式案内

通常は先物の場合は調整額などがすべて含まれてのプライスとなっておりますが、弊社の場合はスワップとして、後付けをしている状態となっております。

fxジャイアンツの原油先物スワップポイント

(スタッフのメール回答)

先物銘柄は基本マイナススワップなので、保有コストになりやすいです。

まとめ

FXジャイアンツはVPSの無料条件がとてもやさしいので、初めは自動売買で利用していました。そして使うほど、スペックの高い海外FX業者だと思っています。

  • スプレッドは0pips〜
  • 入出金限度額なし
  • 顧客満足度No1(ボーナスがなくても)
  • 詳細:FXGiantsの評判

口座開設数は制限がないので、気軽に追加や使い分けができます。

(公式)口座開設フォーム

原油取引については、取引条件が良い海外FX業者もあるので合わせて活用ください(ハイレバ、狭いスプレッドなど)。

(参考)海外FXの原油取引まとめ

-FXGiants:FXジャイアンツ

© 2022 ソトFX