IFC Markets:IFCマーケット

IFC Marketsの原油商品銘柄と取引条件を解説

IFC Markets(IFCマーケット)の原油は、取引手数料無料です。

原油の取引条件

  • 取扱銘柄:ブレント、WTI、灯油(現物と先物)
  • スプレッド目安:0.6pips(取引手数料無料)
  • 取引制限:口座間の両建て
  • 1回の取引量:0.1〜10,000ロット(ポジション数は無制限)
  • 最大レバレッジ:400倍(ロスカットも低め)
  • スワップポイント:マイナス

口座残高に利息が付いて(最大7%)、そして口座残高が500万円以上あるとVIP待遇を受けられます。

そのため資金を集中させて、メインブローカーに使う知人トレーダーも多いです!

(公式)IFCマーケット

原油取引の基本情報

IFCマーケットのメリットは、取引量の多さです。

1回で10,000ロット動かせる、海外FX業者はかなり限られます(相場は50ロット)。

取り扱い銘柄

取り扱い銘柄は、定番のブレントやWTIです。

取り扱い商品

  • ブレント(BRENT)
    イギリス北海のブレント油田などから採掘される軽油
    インターコンチネンタル取引所(ICE)に上場
    ヨーロッパを中心に取引
  • WTI(OIL)
    ウエスト・テキサス・インターミディエイト
    ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)に上場
    NY原油とも呼ばれる
  • ヒーティングオイル(HEATOIL)
    暖房設備などに使われる灯油のこと

海外FXでは現物(CFD)が主流ですが、先物銘柄もあります。

(参考)現物と先物の違い

取引時間

取引時間は、月曜日の朝から土曜日の早朝までです。

  • BRENT:平日8:00〜翌5:00
  • OIL:平日6:00〜翌5:00
  • HEATOIL:平日6:00〜翌5:00
  • 冬時間(10月〜3月)は1時間遅く開場&閉場

取引量とポジション数

1回の取引量は0.1〜10,000ロットで、口座あたりのポジション数は無制限です。

海外FX業者の最大取引量は1回50ロットが相場で、多くても1,000ロットです。

そのためIFCマーケットは、大口トレーダーにも最適です!

原油の取引条件

禁止行為は海外FXの一般的な内容なので、特別な取引制限はありません。

レバレッジは通貨ペアと同じく、口座設定が適用されます。そのため個別のCFD制限はなく、ハイレバで取引できます!

取引制限(禁止行為)

IFCマーケットでは、口座間の両建ては禁止です。

(参考)両建てと禁止行為

その他の特別な制限はないので、スキャルピングや自動売買が問題なくできます。

IFCマーケットの原油ストップレベル

(原油の商品詳細)

約定力は安定していて、ストップレベルも標準数値です(2.4pips〜)。

(詳細)スキャルピングについて

自動売買はそれぞれの取引ツールで可能で、VIPアカウントになるとVPSが無料(仮想専用サーバ)で使えます。

(詳細)自動売買とVPSサービス

レバレッジと必要証拠金

レバレッジは最大400倍で、口座タイプで変わります。

そして1ロット当たりの取引単位(コントラクトサイズ)は1,000です(ヒーティングオイルは30,000)。

例えばOILを110ドルで0.1ロット、100倍のレバレッジで持つ場合、1万円ほどでポジションを持てます。

  • 必要証拠金=(価格×ロット数×コントラクトサイズ)/レバレッジ
  • 必要証拠金=(110ドル×0.1ロット×1,000バレル)/100=110ドル

ロスカットの実行水準も10%と低いので、ギリギリまでポジション勝負できます!(海外FX業者のロスカット相場は、証拠金維持率20〜50%)

(参考)レバレッジの制限ルール

スプレッドと取引手数料

取引手数料は無料で、スプレッドタイプは取引ツール(口座タイプ)で選べます。

取引ツールとスプレッドタイプ

公式サイトに公開されている数値は、独自ツールとMT4で同じでした。ですので今回は、 MT4とMT5の実測値を確認しました。

IFCマーケットの原油スプレッド(MT4)IFCマーケットの原油スプレッド(MT5)

(MT4とMT5の銘柄一覧)

表示は現物銘柄で、先物銘柄のスプレッドも基本同じでした(MT4のブレントは、現物の方が狭かった)。

参考スプレッド

  • BRENT:0.6、1.2
  • OIL:1.2、1.2
  • HEATOIL:4.0、4.0
  • 左がMT4、右がMT5
  • 単位はpips(平日14時頃)

大きな差はないですが MT5は変動なので、取引が多い時間帯は狭いスプレッドが期待できます。

ブレントはロンドン市場で、WTIがニューヨーク市場です。

そのため取引が活発になる時間帯は、16時〜翌2時くらいです(欧州市場が開いてから、ニューヨーク市場と重なる時間帯)。

スワップポイント

スワップポイントは、基本マイナスです。

  • BRENT:-52.81、-74.75
  • OIL:-51.39、-66.40
  • HEATOIL:-10.90、-28.90
  • BRENT先物:-20.45、-3.11
  • OIL先物、-19.37:-2.95
  • HEATOIL先物:-15.56、-4.56
  • 左がロング、右がショートポジション
  • 単位はポイント

先物銘柄は予約なので、通常スワップポイントが発生しませんが、IFCマーケットではスワップポイントを付与しています。

先物商品の公式回答

直物相場にも先物相場にもスワップポイントは2通貨間の金利差を反映しています。

IFCマーケットの先物原油スワップポイント

(スタッフのメール回答)

業者間の両建ても禁止なので、スワップ狙いなら他の海外FX業者がおすすめです。

(参考)スワップポイントの一覧

まとめ

IFCマーケットは、オリジナル性が高くハイスペックな海外FX業者です。

  • 自社開発ツールを提供
  • スプレッドが固定と変動で選べる
  • 口座残高に利息が付く
  • 入出金限度額なし
  • 合併商品が作れる(ローリスクハイリターンなど)
  • 参考:IFCマーケットの評判

口座は複数作れるので、取引ツールやスプレッドの組み合わせを検証できます。

(公式)口座開設フォーム

原油取引のスプレッドが狭い、スワップポイントがプラス、ストップレベルが0の海外FX業者もいるので、こちらの記事にまとめました。

(参考)海外FXの原油トレード

-IFC Markets:IFCマーケット

© 2022 ソトFX